ニュース
» 2012年01月30日 21時13分 UPDATE

パイオニア、アウトドア用ヘッドフォン「MJシリーズ」の新製品4種

コンパクトなデザインと、豊富なカラーバリエーションを誇るアウトドア用ヘッドフォン「MJ シリーズ」に新モデルが4種類登場。すべてのモデルに「薄型折りたたみ機構」を取り入れた。

[ITmedia]

 パイオニアは1月30日、アウトドア向けのヘッドフォン「MJシリーズ」の新製品4機種18モデルを発表した。いずれも密閉ダイナミック型で、コンパクトに折りたためる「薄型折りたたみ機構」も特長だ。発売は2月上旬の予定。

PhotoPhoto 上位モデル「SE-MJ 541」のホワイト(写真=左)と「SE-MJ 521」のブルー(写真=右)

型番 カラーバリエーション 価格
SE-MJ 541 ブラック、ホワイト、レッド、ゴールド 6200円
SE-MJ 521 ブラック、ホワイト、レッド、ブルー 3800円
SE-MJ 511 ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ピンク、ラベンダー、アッシュピンク、アッシュブルー 2500円
SE-MJ 511S ブラック、ホワイト 2500円

 SE-MJ 541は、強磁力希土類マグネットを採用した40ミリ径ドライバーを採用。軽量のCCAWボイスコイルにより、広帯域かつクリアな音質を実現したという上位モデルだ。再生周波数帯域は9〜3万Hz。また最大入力1200ミリワットという高耐入力も特長になっている。

 ハウジング部にはアルミ素材を採用し、スタイリッシュなスピン仕上げとした。また幅広ヘッドバンドと低反発ウレタン仕様のレザータイプイヤーパッドで音漏れの低減と装着感の向上を目指している。重量は115グラム。

 SE-MJ 521も40ミリ径のドライバーを採用したが、最大入力は1000ミリワットとなる。ハウジング部はメタル調のスピン仕上げだ。再生周波数帯域は10〜2万8000Hz。重量は105グラム。

Photo 8種類のカラーが用意された「SE-MJ511」(写真=上段、中断)と、「MJ511S」(写真=下段)

 カラフルな製品バリエーションをそろえたSE-MJ 511とSE-MJ 511Sも40ミリドライバーを搭載。最大入力は500ミリワットで、再生周波数帯域は11〜2万5000Hzとなっている。重量は110グラム。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう