ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「折りたたみ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「折りたたみ」に関する情報が集まったページです。

Spigen、Amazon父の日特集に合わせてスマホアクセサリーを最大70%オフ
Spigenは6月13日に実施のAmazon父の日特集に合わせ、スマホアクセサリーを最大70%オフで販売。対象はiPhoneやAndroid搭載スマホ用ケース・ガラスフィルムやアクセサリーなど全165商品。折りたたみ傘やレジャー・防災に活躍するLEDランタンをはじめ、Xperia 1用ケースもラインアップする。(2019/6/13)

最大60W&PD対応のACアダプターがcheeroから登場 発売記念で2500円に
cheeroは、6月12日にUSB Type-C対応アダプター「cheero USB-C PD Charger 60W」を発売。最大60Wの高出力とコンパクトなデザインを実現し、USB PD(Power Delivery)へ対応する。プラグ部分は折り畳み可能で、すっきりと持ち運ぶことができる。(2019/6/12)

都の「かぶる傘」への反響 「邪魔」「勇気いる…」
手ぶらで雨にぬれない――小池百合子知事が、頭にかぶるタイプの折りたたみ傘の試作を発表したことが反響を呼んでいる。日傘にもなり、来年の東京五輪・パラリンピックに向けて暑さ対策にもなるが、「観客がかぶったら邪魔では」との批判も。(2019/5/28)

「折りたたみスマホ」認知は約7割、「+メッセージ」の利用率は1割強
ジャストシステムは、5月15日「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年4月度)」の結果を発表した。液晶画面を折りたためる「折りたたみスマーホ」の認知は約7割で、若年層ほど購入意向が高い。(2019/5/15)

Lenovo、世界初“折りたたみPC”を2020年に発売へ
Lenovoが世界初の“折りたたみPC”をThinkPad X1ブランドで2020年に発売すると発表した。13.3インチのディスプレイを縦半分に折ってPCとして使える。(2019/5/14)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」をiFixitが分解 ヒンジ周りからディスプレイにゴミが入りそう
「ディスプレイが損傷した」と発売前に報告多数の「Galaxy Fold」をリペアショップのiFixitが分解し、レポートを公開した。ヒンジ周りに隙間ができ、ここからゴミが入ってディスプレイと金属ボードの間に挟まればディスプレイを圧迫すると解説する。(2019/4/25)

第5回国際ドローン展:
50分間のフライトを実現したi-Construction対応の折り畳み式ドローン
石川エナジーリサーチは「第5回国際ドローン展」で、i-Constructionに対応し、長時間飛行が可能な新型ドローン「Build-Flyer(ビルドフライヤー)」を展示した。(2019/4/25)

全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」開発元破産 赤字続きで発売に至らず
全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の開発会社が破産手続きを開始した。負債額は22億5000万円。(2019/4/23)

全自動衣類折り畳み洗濯機「ランドロイド」開発企業が倒産 開発費負担が重く
人類の夢でしたが……。(2019/4/23)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」発売延期──レビュアーからの“壊れた”報告受け
Samsungが4月26日に予定していた折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の発売を延期する。発売前にレビュアーに貸し出した端末の幾つかについて不具合が報告されたためだ。向こう数週間中に新たな発売日を発表するとしている。(2019/4/23)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」でディスプレイ破損の報告も、米国で予定通り発売へ
Samsungが米国で2019年4月26日に発売する折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のディスプレイが壊れる報告が相次いでいる。Galaxy Fold は「The Verge」や「Bloomberg」「CNBC」など複数のメディア向けに貸し出された。Samsungは「原因を調査する」としつつも、予定通り発売する見込み。(2019/4/19)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」、発売前に問題続出も「予定通り発売」とSamsung
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の発売前レビューで多数のメディアが「壊れた」と報告する中、Samsungは原因を徹底調査し、予定通り4月26日に発売すると語った。(2019/4/19)

第5回国際ドローン展:
高精度レーザースキャナー搭載型ドローン「LS1500R」や発売に先立ち“折り畳み式”新型機など披露
enroute(エンルート)は、「第5回国際ドローン展」で3次元測量などに用いるハイエンドレーザースキャナー搭載型ドローン「LS1500R」やDJIのカスタム機などを出展した。(2019/4/19)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」、発売前に「壊れた」というレビュアー報告多数
Samsung Electronicsの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のレビュー機を使った複数のメディアが、「普通に使っていたのにディスプレイが壊れた」などと報告している。製品は4月26日に米国などで発売の予定だ。(2019/4/18)

シャープが折りたたみスマホ用の有機ELを公開 車載向けは有機EL+IGZOの合わせ技も
折り曲げ可能な有機ELを、シャープが公開。「AQUOS zero」をベースに開発しており、開くと6.18型ディスプレイになる。有機ELとIGZOを採用した、車載向けのフレキシブル有機ELも公開した。(2019/4/10)

文庫本サイズに折りたためるiPhone/iPad向けBluetoothキーボード
サンワサプライは、iPhoneとiPad向けBluetoothキーボード「SKB-BT30BK」を発売。表面はスエード調に加工し、文庫本と同等サイズまで小さくなる折りたたみ式。キー配列は英語仕様でホームボタン・コマンドボタンも用意した。(2019/4/3)

Samsung、「Galaxy Fold」の折りたたみ耐久テスト動画を公開
Samsung Electronicsが、折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の新動画を公開した。マシンによる開閉耐久テストの動画で、開いてから画面が表示されるタイミングなどが分かる。(2019/3/28)

折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」に触れて感じた「良い/不満/気になる」ポイント
Huaweiの折りたたみスマートフォン「HUAWEI Mate X」は、閉じると6.6型/6.38型の両面ディスプレイ、開くと8型のディスプレイになる。そんなMate Xの実機に触れる機会を得た。これまでは伝えられなかった細かな情報も交えて紹介したい。(2019/3/28)

180度3D撮影も可能な折りたたみ式360度カメラ SB C&Sが「Insta360 EVO」を4月12日発売
SB C&Sは、4月12日に折りたたみ式360度カメラ「Insta360 EVO」を発売。広げれば180度の3D撮影、折りたためば従来と同様に360度撮影が可能で、5.7Kの高画質動画と約1800万画素の静止画を撮影できる。撮影データは付属の折りたたみ3Dグラスとスマホを組み合わせて楽しめるほか、VRヘッドセットでも再生できる。(2019/3/14)

3D動画が撮影できるVR180対応カメラ「Insta360 EVO」発表 折りたたみ式で全天球カメラに変形
Insta360が、立体感のある写真や動画が撮れるカメラの新製品を発売する。(2019/3/14)

中国ディスプレイメーカーも本格参入 2019年は「折りたたみスマホ」ラッシュになる?
SamsungやHuaweiが相次いで「折りたたみ(フォルダブル)スマホ」を発表している。中国のディスプレイメーカーもそれに対応するディスプレイの生産を始めており、2019年中には中堅メーカーまで含めて折りたたみスマホが流行するかもしれない。(2019/3/10)

MWC19 Barcelona:
5G祭りだった「MWC19 Barcelona」 展示されていた5G&折りたたみスマホを一挙チェック
2019年内に日本でもプレサービスが始まる「5G」。世界に目を向けると、2019年内に本格的な商用サービスを始めるキャリアもあります。それを受けて、MWC19 Barcelonaでも5Gスマートフォンの実機、あるいはプロトタイプの展示が相次ぎました。(2019/3/5)

折りたたみネコですニャ 段ボール箱の中でグニャッと体を曲げて眠る猫ちゃんが柔らかいの次元を超えている
段ボール箱で寝るのがサイコーニャン。(2019/3/3)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の3アプリ同時起動、どのアプリでも使える?
Samsung Electronicsが米国などで4月26日に発売する折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」。閉じると4.6型、開くと7.3型の有機ELディスプレイが出てくる、ある種の「2画面スマホ」だが、アプリはそれに対応できるのだろうか。(2019/3/1)

Mobile Weekly Top10:
Samsungが「Galaxy Fold」と「Galaxy S10」を発表/楽天が携帯キャリアに参入した理由
Samsung Electronicsが新型スマホ「Galaxy S10」……だけではなく、折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を発表しました。Galaxy Foldは、画面が内側に曲がるという特徴を持ちますが、機構が機構だけに、値段もそれなりに高くなりました。(2019/2/27)

MWC19 Barcelona:
Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」、間近で見た印象は? 写真でじっくり解説
Huaweiが折りたたみスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表。プレスカンファレンスの終演後、HUAWEI Mate Xの実機を間近に見て、撮影することができた。実機に触れることはできなかったが、ケース越しに見たMate Xの印象は……。(2019/2/25)

ファーウェイが“折りたたみスマホ”を発表 画面ごと中央から折り曲がる超絶機構で約29万円
グニャと曲がる。(2019/2/25)

MWC19 Barcelona:
折りたたみスマホにHuaweiも参戦 5G対応「HUAWEI Mate X」登場 価格は2299ユーロ(約29万円)
Samsung Electronicsに続き、Huaweiも画面が折りたためるスマートフォンを投入。Galaxy Foldとは逆に、画面が外側に開くタイプの製品で、Leica(ライカ)とコラボレーションしたカメラも搭載する。5G対応も特徴だ。(2019/2/24)

ITはみ出しコラム:
Apple WatchになくてGalaxy Watch Activeにはある「血圧測定」機能とは?
ディスプレイ折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の陰に隠れてしまった感もありますが、Samsungが同時発表したスマートウォッチ「Galaxy Watch Active」にも注目です。(2019/2/24)

AUKEY、USB PDに対応した2ポート搭載小型ACアダプターを20%オフで提供
AUKEYが、USB Type-C端子(USB Power Delivery対応)とType-A端子を1つずつ備えるに小型ACアダプターのセールを実施。コンパクトに持ち運びできる折り畳み式プラグを備えているため、持ち運びもしやすい。(2019/2/21)

Samsungが折りたたみスマホ「Galaxy Fold」発表 1980ドルで4月に米国デビュー
日本で出るとしたら、安くとも22万円か……。(2019/2/21)

HuaweiがMWC Balcerona 2019に合わせて「何か」を発表 折りたたみデバイスか?
中国Huaweiが、MWC Balcerona(旧:Mobile World Congress) 2019に合わせて“何か”を発表するようだ。公式Twitterの画像を見る限り、折り曲げられる画面を持つデバイスのように見えるが……。(2019/2/2)

ふぉーんなハナシ:
CES 2019の“隠れた主役” 「両画面スマホ」は流行するか?
CES 2019ではフォルダブル(折りたたみ可能)スマホ「FlexPai(フレックスペイ)」が話題を大きな話題を呼びましたが、実は表裏の両面に画面のあるスマートフォンも話題でした。(2019/1/27)

角度調節できる折りたたみスタンド付き、Qi対応ワイヤレス充電器 集海科技から
集海科技は、新型iPhoneやGalaxyをフルスピード充電できるQi対応「Artifit急速ワイヤレス充電折り畳みスタンド」を発売した。USB Type-C端子を採用し、取り付け方によって縦・横・平面置きの3タイプで充電可能。スタンド部は30度〜70度まで自由に調整できる。(2019/1/22)

Motorolaも「折りたたみスマホ」開発か 特許申請書類の画像で明らかに
Samsungに続き、Lenovo傘下のMotorolaも折りたたみスマートフォンを開発しているようだ。WIPOに登録されたデザイン特許の画像は、縦長で半分に折りたためる、往年の「RAZR」シリーズのようだ。(2019/1/22)

ISS 2019:
折り曲げ可能なスマホから3D DRAMまで、SEMIイベント
エンジニアたちは現在、折りたたみ式スマートフォンや折り曲げ可能なディスプレイ、次世代DRAMなどの実現に向けて取り組む上で、大きな課題に直面している。しかしそこには、新しいクラスのヘルスケアデバイスや3Dチップスタックを提供することが可能な、数々のチャンスが広がっている。(2019/1/21)

エコードワークスから“折りたたみスマホ風”の手帳型スマホケースが登場
エコードワークスは、ディスプレイを折り曲げられるスマートフォンのようなデザインの手帳型ケース「Foldable SC」を発売。さまざまな端末に対応する汎用サイズと、各種iPhoneの専用サイズの2タイプを用意している。価格は各3240円(税込)。(2019/1/10)

これが噂の新型iPhoneか…… 2019年のトレンドを先取りできるかもしれない「折りたたみスマホ」風スマホケースが登場
折りたたみスマホ、楽しみですね。(2019/1/10)

“JUST”ロゴ入りの三つ折りBluetoothキーボード
ジャストシステムは、折りたたみ式キーボード「MOBO keyboard」をベースにしたコラボレーションモデルの販売を開始した。(2018/12/17)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
お値段約30万円、重さ257g Samsungの高級折りたたみスマホ「W2019」に触れた
中国では数年前から高級路線を行く高価格なスマートフォンが販売されています。SamsungとChina Telecomが共同開発している「心系天下」シリーズです。その最新モデルに触れました。(2018/12/16)

米ブルックリン電車で差別発言、折り畳み傘で攻撃、つば吐きなどを繰り返した女性が逮捕 動画が世界中に拡散
ひぇぇ……。(2018/12/15)

ペンケース状に縦長折りたたみができるコンパクトBluetoothキーボード
ドスパラは、折りたたみ機構を備えたコンパクトBluetoothキーボード「DN-915443」の販売を開始した。(2018/11/22)

フォーカル、最大約4倍速で充電できる小型の充電アダプターを発売
フォーカルポイントは、最大約4倍速で充電できるQuick Charge 3.0規格に対応したUSB充電アダプタ「TUNEMAX 急速充電小型アダプタ QC3-1」を発売。持ち運びに便利な折りたたみ式のプラグを採用したコンパクトモデルで、カラーはブラック。(2018/11/9)

Samsungが折りたたみスマホを披露 開くとタブレットに
(2018/11/8)

Google、Androidで「折りたたみ」ディスプレイをサポート SamsungなどのOEMと協力中
Googleが、Samsungがプロトタイプを披露したような折りたたみ式スマートフォンをAndroidでサポートすると発表した。ディスプレイの開閉でアプリの“連続性”を保てるようにする。(2018/11/8)

フィードバック集める:
Samsung、折り畳み式スマホの一部詳細明らかに 開発者会議で
Samsungがアプリ開発者向けに折り畳み式スマホの一部詳細を明らかにする見通しだ。(2018/11/6)

電車にも乗れちゃうくらい省スペース 災害時には電源にもなる折りたたみ式電動スクーター「UJET」がめっちゃイケてる
非常時の電源としても活躍してくれる。(2018/11/5)

柔軟性あるディスプレイ搭載の折りたたみスマホ、中国メーカーが発表
(2018/11/3)

Samsung、うわさの折りたたみスマホを11月7日に発表か
Samsung Electronicsは11月7日、サンフランシスコで開発者会議を開催する。その告知ツイートに、うわさの折りたたみスマートフォン発表のヒントがあった。(2018/10/23)

衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」現る
ロボットメーカーのASTINAが、衣類を自動で折りたたみ収納するタンス「INDONE」のプロトタイプを、CEATEC JAPAN 2018に出展する。(2018/10/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。