ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CES」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Consumer Electronics Show
2016 International CES - ITmedia PC USER

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(2):
電動化の先へ、自動車業界で加速する脱炭素技術開発 CES 2024レポート(後編)
この連載では、MONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。前回に続き、2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCESより、第2弾では自動車業界の脱炭素化のトレンドについて紹介します。(2024/2/20)

材料技術:
落合陽一氏率いるピクシーダストの透明吸音材がCESで受賞、“構造で吸音”を評価
ピクシーダストテクノロジーズは、東京都内でメディア向けラウンドテーブルを開き、吸音材「iwasemi(イワセミ)」シリーズの展開について紹介した。(2024/2/16)

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(1):
ここまで進んだ自動車業界の生成AI活用 CES 2024レポート(前編)
この連載ではMONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。第一弾では2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCES (Consumer Electronics Show)より、自動車業界の生成AI活用のトレンドについて紹介します。(2024/2/19)

MSI初のCore Ultra搭載ポータブルPC「Claw」など国内初公開のモデルを見てきた
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)が、Core Ultra搭載のポータブルゲーミングPC「Claw A1M」など、CES 2024で発表された新モデルの国内展開を明らかにした。(2024/2/6)

デル、CES 2024イノベーションアワード受賞のQD-OLEDディスプレイを発売
デル・テクノロジーズは、Alienwareゲーミングディスプレイ「AW3225QF」「AW2725DF」を発売した。価格はAW3225QFが15万9800円、AW2725DFが11万9800円(税込み)。(2024/2/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
CES 2024で見えた「空間コンピューティング」の潮流 Apple以外の動きにも注目
1月に米ラスベガスで開催された「CES 2024」では、AppleがApple Vision Proで打ち出した「空間コンピューティング」の萌芽(ほうが)が複数見受けられた。(2024/2/2)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
AIで「めっちゃ速い」から「めっちゃ便利」へ――2024年の「パーソナルコンピュータ」に加わる新たな評価軸と変化
CES 2024では、久しぶりにコンシューマー向けPCに盛り上がりが見られた。Microsoftが新たに「Copilotキー」の搭載を推奨するなど、いわゆる「AI PC」が活況を見せたからだ。AI PCの登場は、PCの性能に関する価値観を一新する可能性がある。(2024/1/25)

「ROG Strix G18(2024)」はCore i9-14900HX+18型の大画面を備えたゲーミングステーションだ
ASUS JAPANから、1月のCES 2024でグローバル発表されたモデルのうち、先陣を切って「ROG」と「TUF Gaming」シリーズのゲーミングPCが国内投入された。その中から、18型の大画面を備えた「ROG Strix G18(2024)G814」を細かくチェックした。(2024/1/24)

石川温のスマホ業界新聞:
今年のCES 2024は「AI祭」につきる――でもそのAI、今までと何が違うのか
米ネバダ州ラスベガスで開催された「CES 2024」が閉幕した。今年はAI(人工知能)推しの出展者が多かったのだが、10年以上CESを取材してきた筆者からすると、よくよく考えると「毎年同じことを言っているだけ」にも思える。AIは、結局マーケティングワードでしかないのだろうか。(2024/1/21)

先行レビュー:
「GeForce RTX 4070 SUPER」は実売9.6万円程度から買える“ちょうどいいGPU”だった ゲーマーやクリエイターにこそお勧め
CES 2024に合わせてNVIDIAが発表した「GeForce RTX 40 SUPERシリーズ」を搭載するグラフィックスカードが、1月17日から順次発売される。この記事では、日本未発売の同社純正カードを使って、本GPUの性能をチェックしていく。誰にお勧めなのだろうか……?【訂正】(2024/1/16)

ホンダ、新型EV「0シリーズ」発表 2026年からグローバル展開、「Hマーク」も新デザインに
本田技研工業は1月10日、米国ラスベガスで開催中の「CES 2024」で、新グローバルEV「Honda 0シリーズ」を発表した。あわせて2つのコンセプトモデル「SALOON」「SPACE-HUB」を同時に発表。新しい「Hマーク」エンブレムも導入された。(2024/1/11)

ホンダ、新EVのコンセプトモデル「SALOON」と「SPACE-HUB」を発表
本田技研工業は、ラスベガスで開催されている「CES 2024」で、新たなEV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」とそのコンセプトモデル2種を発表した。(2024/1/11)

クボタがCESに自動運転農機 家電以外の初出展相次ぐ
近年、CESは自動車や環境などの新たなテーマでの展示が増えており、日本からも家電やデジタル技術とは違った切り口で企業が出展している。(2024/1/11)

MINISFORUM、CES 2024にてCore Ultra搭載ミニPCなど最新プロダクトを発表
MINISFORUMは、米テクノロジー見本市「CES 2024」で同社最新製品の展示を行った。(2024/1/10)

パナソニックはアマゾンと協業 シャープはAI技術PR CES
米ラスベガスで世界最大級の家電IT見本市「CES」が9日(日本時間10日)、開幕する。パナソニックホールディングス(HD)やシャープ、村田製作所などの関西企業も出展し、新型テレビや人工知能(AI)を活用したにおいセンサーなど、新たな製品や技術をPRする。(2024/1/10)

自動運転技術:
ソニー・ホンダモビリティが模索する新たなモビリティの価値とは
ソニーグループは2024年1月8日(現地時間)、同年1月9日から開催される「CES 2024」に先立ってプレスカンファレンスを実施し、ホンダとの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティの自動運転EV「AFEELA」の開発状況などを紹介した。(2024/1/10)

MSIがCore Ultraを採用した7型ポータブルゲーミングPC「Claw」を発表
MSIは、現在開催中のCES 2024にてCore Ultra搭載ポータブルゲーミングPC「Claw A1M」の発表を行った。(2024/1/9)

スマートグラス「XREAL Air 2 Ultra」発表 iPhone 15 Proの空間ビデオに対応
中国XREALは世界最大のテクノロジー見本市「CES 2024」で、グラス型ディスプレイの新モデル「XREAL Air 2 Ultra」を発表した。価格は9万9800円(税込み)。開発者向けに8日から販売されているが、出荷は2024年3月になる見込みだ。(2024/1/9)

CES 2024:
WindowsとAndroidを同時に使える2in1、カラーE Ink天板、充電不要“キーマウ”など──LenovoがCES 2024で発表した気になる新製品たち
レノボがCES 2024に開催にあわせ、概念実証モデルを含む最新のPC製品を披露した。(2024/1/9)

ソニー・ホンダモビリティ、「AFEELA」の車載AIアシスタントでMicrosoftと提携
ソニー・ホンダモビリティはCES 2024で、EV「AFEELA」に搭載するAIアシスタントの開発でMicrosoftと提携すると発表した。(2024/1/9)

フォルクスワーゲン、車載AIアシスタントに「ChatGPT」採用へ
VolkswagenはCES 2024で、同社の量産車の多くにOpenAIの「ChatGPT」採用の音声アシスタント「IDA」(アイーダ)を搭載すると発表した。車内空調やナビ、一般的な会話に利用できるとしている。(2024/1/9)

CES 2024:
ついにROGも有機EL搭載! AI対応Core UltraやRyzen 8000採用のゲーミングノートPC「ASUS ROG」シリーズ 2024年モデル発表
ASUSTeK ComputerがCES 2024に合わせて発表会を開催し、ゲーミングノートPC「ROG」シリーズの2024年モデルを発表した。いずれも新CPUを採用しているが、現時点で日本国内での展開は未定だ。(2024/1/9)

XREAL、3Dトラッキング機能搭載ARグラス「Air 2 Ultra」をCESで発表 9万9800円
XREALはCES 2024で、ARグラスの新モデル「Air 2 Ultra」を発表した。日本での販売価格は9万9800円。予約を開始しており、3月31日までに出荷の予定だ。(2024/1/8)

XrealがCES 2024で“ビッグタイトル”の新ARデバイス投入へ グローバルでのシェアは50.9%に拡大
日本Xrealが、「CES 2024」でARグラスの新製品を発表し、日本で発売すると明らかにした。Air、Light、Beamという3つの製品ラインは2024年も維持される。それぞれのラインで新たなハードウェアを投入する方針という。(2023/12/20)

FAニュース:
半導体製造装置などの組み立て向け、0.5〜10Nm測定可能なデジタルトルクレンチ
東日製作所は、測定データの記録や送受信が可能な、トルク測定範囲0.5〜10Nmの小容量デジタルトルクレンチ「CES」シリーズ2製品を発表した。デリケートな締め付け、半導体製造装置や検査装置の組み立て、保守作業に適している。(2023/6/15)

Lenovo傘下のMotorola、「ThinkPhone」を699ドルで発売
中国LenovoはCES 2023で発表した「Lenovo ThinkPhone by Motorola」を米国などで発売した。「ThinkPad」30周年記念モデルで、価格は699ドルから。側面には2回押すとThinkPadと同期する赤いボタンがついている。(2023/4/27)

1kg切りのビジネス向けPCやサイボーグをイメージしたゲーミングノートPCが登場! MSIの「アルティメットノートEVOLUTION」発表会
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)が、CES 2023でグローバル発表を行った新モデルの国内展開を明らかにした。ハイエンドゲーミングノートPCから1kg切りのモバイルPCまで、幅広い内容になっている。(2023/2/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
“紙のようなディスプレイ”を搭載した「TCL NXTPAPER Phone」の意外な?ターゲット
TCLは、「NXTPAPERディスプレイ」を搭載したコンセプトスマートフォン「TCL NXTPAPER Phone」をCES 2023で展示しました。NXTPAPERはディスプレイは紙のようなディスプレイを目指した技術。特に目に有害なブルーライトをカットできるため目が疲れにくいという特徴があります。(2023/2/14)

ゲーミングノートPCはここまできた! ASUS JAPANの「ROG Strix SCAR 18 G834JY」を試す
ASUSが「CES 2023」でグローバル発表したハイエンドゲーミングノートPCを日本国内で発売する。ここでは、フラッグシップモデルとなる「ROG Strix SCAR 18」を試した。(2023/2/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ThinkPadがついにスマホになった!「ThinkPhone by Motorola」の外観をチェック
「ThinkPad」ブランド誕生30周年を記念した派生製品として、CES2023で「ThinkPhone」を発表したレノボ。ThinkPhoneの正式名称は「ThinkPhone by Motorola」。スマートフォン事業は傘下のモトローラ主体で展開しているため、「by Lenovo」とは名付けなかったのでしょう。(2023/2/7)

日本での発売日と価格は未定:
AMDが3D V-Cache搭載「Ryzen 7000X3Dシリーズ」のグローバル発売日と米国価格を発表 2月28日から順次販売開始
AMDがCES 2023で発表したL3キャッシュ増量CPU「Ryzen 7000X3Dシリーズ」のグローバル発売日と、米国における想定販売価格が発表された。シリーズのエントリーモデル以外は2月28日に発売される予定で、価格は449ドルからとなる。(2023/2/2)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
新ブランド「AFEELA」発表 ソニー・ホンダは何がすごいのか?
正月早々、世界最大級のテック展示会「CES 2023」で新ブランド「AFEELA」(アフィーラ)を発表したソニー・ホンダモビリティ。お披露目された製品プロトタイプから、そのすごさを解説します。(2023/1/25)

この頃、セキュリティ界隈で:
つながるクルマ、自動運転車に潜む脆弱性 不正な遠隔操作でロック解除や始動も
米ラスベガスで開幕したCESでは、クルマが話題の中心になることが増えた。クルマ本体だけでなく、自動運転やつながるクルマなどの技術に注目が集まる一方、メーカー各社のシステムに、数多くの脆弱性が潜んでいる実態が明らかになっている。(2023/1/12)

NEWS Weekly Top10:
今年もCESに現れた“変態ガジェット”たち
明けましておめでとうございます。今年もITmedia NEWSをよろしくお願いします! 2023年一発目のトップテンは、年末年始のアクセスランキングだ。(2023/1/10)

CES2023:
E Inkで32色に変わるクルマ、電界発光で音楽に合わせて光るクルマ
消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2023」において、BMWやフォルクスワーゲン(VW)がクルマの外観の自由度を高める技術を提案した。(2023/1/10)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Samsungが折りたためて伸び縮みするディスプレイを発表 ASRockが第13世代Core搭載の超小型ベアボーンを投入
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、米国で開催されている「CES 2023」を中心に主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/1/8)

CES 2023:
SIEのライアンCEO、「PS5は世界中で見つけやすくなる」
SIEのジム・ライアンCEOはCES 2023で、「PlayStation 5」(PS5)は累計3000万台以上売れたと発表した。12月には過去最大になり、今後は小売店で見つけやすくなると語った。(2023/1/6)

CES 2023:
注目は有機EL+E Inkの「ThinkBook Plus Twist」 Lenovoが中小ビジネス向けPCの新製品を披露
CES 2023に合わせて、LenovoがSMB(中小ビジネス)向けPCの新製品を発表した。ここ数年の恒例になっているデュアルディスプレイノートPC「ThinkBook Plus」は姿を変えて、ツイストヒンジを持つ2in1モバイルノートPCとなった。(2023/1/6)

2025年に発売:
新BEVブランド「AFEELA」を初披露、ソニー
ソニーとホンダが共同出資するソニー・ホンダモビリティは2023年1月4日(米国時間)、米国ラスベガスにて2023年1月5日から開催される「CES 2023」への出展に先立ち記者説明会を開催し、二次電池式電気自動車(BEV)ブランド「AFEELA」を発表し、そのプロトタイプを披露した。(2023/1/11)

CES 2023:
わずか175g、シャープがVRヘッドマウントディスプレイ試作機をCESで披露 コントローラーを持つ必要なし
シャープは5日(米国時間)、VR対応ヘッドマウントディスプレイの試作機を「CES2023」の会場で公開した。スマートフォン開発で培った独自デバイスや小型化技術を応用し、重量を約175gに抑えた。(2023/1/6)

脱炭素:
「ペロブスカイトの木」も展示、パナソニックがCES 2023で披露する環境技術
パナソニックグループは「CES 2023」で、同社が取り組む環境技術をテーマとした参考展示を行うと発表した。(2023/1/6)

CES 2023:
Lenovoが5Gスマホ「ThinkPhone by Motorola」発表 ThinkPadとの連携が可能
Lenovoは、CES 2023にてAndroidスマートフォン「Lenovo ThinkPhone by Motorola」を発表した。ThinkPadと併用するビジネス向けスマートフォンとして開発されており、高い耐久性能や高度なセキュリティ保護機能を特徴とする。(2023/1/6)

CES2023:
ソニーホンダの新型車はエンタメ空間に、Epic Gamesと協業を発表
ソニーグループは2023年1月4日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2023」に合わせてプレスカンファレンスを行い、ホンダとの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティで販売する新型車などについて発表した。(2023/1/6)

CES 2023:
一緒に“寝落ち”する照明ロボット「ライトニー」、ユカイ工学が開発中
ユカイ工学は5日、頭にライトを付けた照明ロボット「LIGHTONY」を発表した。「CES2023」でデモンストレーションを行う。(2023/1/5)

ソニー・ホンダモビリティが新EVコンセプト「AFEELA」発表、5G・Snapdragon搭載
ソニー・ホンダモビリティは、CES 2023にてEVの新コンセプト「AFEELA(アフィーラ)」を発表した。QuallcommのSoCを搭載し、高度な先進運転支援システムに対応する。(2023/1/5)

ソニーとホンダの新EVブランドは「AFEELA」 CESでプロトタイプ車を発表
ソニーは、米国ラスベガスで開催中の総合家電見本市「CES 2023」において、ホンダと共同開発中のプロトタイプEVをお披露目した。ブランド名は「AFEELA」になるという。(2023/1/5)

LG、映像と音声を無線で受信する97インチのOLEDテレビ「M3」を披露
LG ElectronicsはCES 2023で、映像と音声を無線受信する97インチOLEDテレビ「M3」を発表した。4K 120Hzの映像と音声を無線伝送する。テレビと付属のボックスの間を人が遮っても映像が途切れにくいアルゴリズムを開発した。(2023/1/5)

CES2023:
車内でクラウドゲーミングサービスが利用可能に、現代自BYDボルボが対応
NVIDIAは2023年1月3日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2023」に合わせた特別講演で各領域の最新の取り組みについて発表した。(2023/1/5)

CES 2023:
ASUSがDisplayPort 2.1対応ゲーミングディスプレイを投入 23.8型の大画面モバイルディスプレイも発表
CES 2023において、ASUSがゲーミング用途やクリエイター向けのディスプレイ/モバイルディスプレイおよびルーターなど多数の周辺デバイスを発表した。(2023/1/5)

CES 2023:
HPが個人向けDragonflyやChromebookの新モデルを複数発表! ビジネス向けDragonflyは第13世代Coreを採用
CES 2023に合わせて、HPがコンシューマー/ビジネス向けPCを一挙に発表した。この記事では、特に注目すべきモデルを紹介していく。(2023/1/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。