ニュース
» 2012年04月13日 21時00分 UPDATE

マヤがナビゲート♪:豪華声優陣を起用、RWCから「エヴァンゲリオン ポータブルナビ」

アール・ダブリュー・シーから、豪華オリジナル声優陣を起用した「エヴァンゲリオン」仕様のポータブルナビゲーションシステム「エヴァンゲリオン ポータブルナビ RM-NV500EV」が登場。

[ITmedia]
Photo 「エヴァンゲリオン ポータブルナビ RM-NV500EV」(c)カラー

 アール・ダブリュー・シーは、「新世紀エヴァンゲリオン」仕様のポータブルナビゲーションシステム「エヴァンゲリオン ポータブルナビ RM-NV500EV」を4月20日に発売する。価格は3万9800円。

 メニュー画面やボタン、マップ上の地名などにエヴァでお馴染みの明朝体フォント(マティスPro-EB)を使用。本体背面や車載マウントには「NERV」のロゴがプリントされ、パッケージデザインもネルフ官給品をイメージしたものだ。

 通常のナビゲーションモードに加え、オペレーターの伊吹マヤが案内する「NERVモード」、ミサト、シンジ、レイ、アスカが登場してエヴァの操縦を疑似体験できる「パイロットモード」を搭載。自車位置アイコンは初号機・零号機・2号機をデフォルメしたキャラクターで、走行距離に応じて渚カヲルの声とmark.06が使える機能も用意した。

 キャラクター音声には豪華オリジナル声優陣(碇シンジ/緒方恵美、綾波レイ/林原めぐみ、式波・アスカ・ラングレー/宮村優子、葛城ミサト/三石琴乃、伊吹マヤ/長沢美樹、渚カヲル/石田彰)を起用。

PhotoPhotoPhoto エヴァでお馴染みの明朝体フォント(マティスPro-EB)を用いた設定画面(写真=左・中央)と、「パイロットモード」のイメージ(写真=右)

PhotoPhotoPhoto 本体背面や車載マウントにプリントされた「NERV」のロゴ(写真=左・中央)と、ネルフ官給品をイメージしたパッケージデザイン(写真=右)

 ハードウェアの主な仕様は、ディスプレイが800×480ピクセル表示の5インチワイド液晶、内蔵メモリが128Mバイト(RAM)/4Gバイト(ROM)で、外部メモリとしてmicorSD/microSDHC(16Gバイトまで対応)が使用できる。メディアプレーヤーとしての機能も備えており、MP3/WMA(DRM付きは除く)音楽をはじめ、WMV/AVI(XviDコーデック)の動画、JPEG/BMPの静止画を再生可能。ワンセグチューナーと録画機能、FMトランスミッター機能も備えた。電源はシガーケーブルとACアダプターおよび内蔵リチウムイオン充電池で、ナビゲーションを内蔵充電池で使用した場合の使用時間は最大約2時間となっている。

 なお、発売日の4月20日に先立ち、日本テレビの通販番組「ポシュレデパート深夜店」(関東ローカル)とエヴァンゲリオン公式ショップ(EVANGELION STORE)にて、4月14日の午前3時28分より第1次予約販売を開始する。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.