ニュース
» 2012年04月23日 21時22分 UPDATE

ソニー、インタラクティブ機能搭載の超短焦点液晶プロジェクター「VPL-SW535C」

ソニーは、超短焦点液晶プロジェクター「VPL-SW535C」を発売する。インタラクティブ機能により、投写画面への書き込みやマウス操作が可能だ。

[ITmedia]
Photo 「インタラクティブ機能」内蔵の超短焦点プロジェクター「VPL-SW535C」

 ソニーは、「インタラクティブ機能」内蔵の超短焦点プロジェクター「VPL-SW535C」を5月に発売する。実売予想価格は約26万円。

 VPL-SW535Cは、約42センチの距離で70インチスクリーンに投写ができる超短焦点プロジェクター。付属ソフトウェアをインストールしたPCとプロジェクター本体を接続すると、投写画面に付属のペンで文字や図形を書き込めるインタラクティブ機能を搭載。2本の付属ペンで2名で同時に書き込めるほか、マウスとしても利用できる。また、インタラクティブ機能で書き込んだ内容をPCに保存できるため、会議や授業の効率アップにつながるという。

 上下左右方向へのレンズシフト機能や光学ズームを搭載。信号無変化時に自動で徐々に減光する「ランプ減光モード」、画像ミュート時にランプ出力を約70%ダウンする機能も備えた。カラー光束は最大3000ルーメンで、ランプ交換推奨時間は最長6000時間。表示画面サイズは70〜130型となっている。

ts_sonypro02.jpgPhoto 「VPL-SW535C」に付属するペン(左)と利用イメージ(右)

 インタフェースとして、映像入力にミニD-sub15ピン×1/Sビデオ×1/ビデオ×1/HDMI×1、音楽入力にピンジャック×1/ステレオミニジャック×1、映像出力にミニD-sub 15ピン×1、音声出力にステレオミニジャック×1、リモート制御にRS-232C/RJ-45、インタラクティブ機能用にUSB(タイプB)を備えている。

 本体サイズは約384.4(幅)×122.5(高さ)×423.4(奥行き)ミリで、重量は約7.1キロ。

関連キーワード

ソニー | 短焦点プロジェクター | ペン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.