ニュース
» 2012年08月08日 18時42分 UPDATE

トライオード、USB DACにもなる真空管バッファー搭載のCDプレーヤー「TRV-CD5SE」

トライオードは、真空管バッファー搭載のCDプレーヤー「TRV-CD5SE」を発売した。USB DACとしての機能も備えている。

[ITmedia]

 トライオードは、真空管バッファー搭載のCDプレーヤー「TRV-CD5SE」を発表した。USB DACの機能を包含した据え置き型のCDプレーヤー。8月1日から出荷を開始しており、価格は15万7500円。

ts_tricd01.jpg 「TRV-CD5SE」

 真空管バッファーとして「6DJ8」2本(左右独立)、また電源レギュレーター管として「6N1」1本を使用。デジタル入力として、USB B端子1系統および同軸/光が各1系統を備えている。DACチップはバーブラウン(TI)の「PCM1792」を採用、対応するサンプリング周波数と解像度は、44.1k/ 48k/ 88.2k/ 96k/ 176.4k/ 192kHz、16〜24bitとなっている。

 なお、9月発売の単体DAC「TRV-DAC1.0SE」に近い仕様となっているが、デジタル入力端子の数が異なるほか、出力がアシンクロナスモードのみで(TRV-DAC1.0SEはスルーモード搭載)、CDを含めてアップサンプリング済みの192kHz出力固定となる(TRV-DAC1.0SEは選択可能)。

ts_tricd02.jpg 背面端子

 対応OSは、Windows XP/Vista/7、Mac OS X 10.6.4以上。製品にはWindows用のデバイスドライバーを収録したディスクが付属する(Mac OS Xは標準で動作する)。

 ヘッドフォン端子は6.3ミリ標準ジャック仕様で、出力は100ミリワット(32オーム)。周波数特性は20〜2万Hzとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.