ニュース
» 2012年08月22日 19時42分 UPDATE

ホワイトもあります:JVCケンウッド、ワイヤレスヘッドフォンのエントリー機「HA-WD50」を発売

JVCケンウッドは、デジタル無線方式を採用したワイヤレスヘッドフォン「HA-WD50」を9月上旬に発売する。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは8月22日、デジタル無線方式を採用したワイヤレスヘッドフォン「HA-WD50」を発表した。ブラックとホワイトの2色を9月上旬に発売する。価格はオープン。店頭では8000円前後になる見込みだ。

ts_jvc001.jpgts_jvc002.jpg ワイヤレスヘッドフォン「HA-WD50」

 2.4GHz帯のデジタル無線方式の採用により、低ノイズと安定した送受信を可能にしたモデル。受信距離は約30メートルで、壁やドアがあっても音途切れしにくい。

ts_jvc003.jpg 送信機に置くと充電スタート

 ヘッドフォン部分には連続約10時間の使用が可能なニッケル水素バッテリーを搭載し、長時間の映画視聴や音楽リスニングにも対応できる。上位モデルの「WD100HA-」同様、送信機にヘッドフォンを置くだけでバッテリー充電が始まる「オンスタンド充電」を採用した。ヘッドフォン部の重量は約210グラム。

 ドライバーはネオジウムマグネットを搭載した30ミリ径のダイナミック型。キレのある低音とクリアな高音をバランスよく再生するという。再生周波数は35〜2万1000Hz。

 送信機の入力端子はアナログピンジャック×2系統。外形寸法は139(幅)×50(高さ)×147(奥行き)ミリで、重量は約125グラム。ステレオミニーピンプラグの変換ケーブル(1.8メートル)とACアダプターが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう