ニュース
» 2012年10月09日 23時32分 UPDATE

日立アプライアンス、E17口金LED電球に広配光タイプの新製品

日立アプライアンスは、E17口金のLED電球2機種を発売する。調光器にも対応した。

[ITmedia]

 日立アプライアンスは10月9日、E17口金のLED電球「小形電球形広配光タイプ」のラインアップを拡充すると発表した。昼光色で500ルーメンを実現した「LDA7D-G-E17/DS」と、電球色で420ルーメンの「LDA7L-G-E17/DS」という2タイプ。価格はオープンで、市場想定価格はそれぞれ4500円前後。いずれも10月19日に発売する。

Photo E17口金のLED電球「小形電球形広配光タイプ」に2機種が新登場

 従来品と比較して形状・寸法はそのままだが、新たに小型の調光回路を採用して調光器に対応。また、カバーの光ムラを抑える「光拡散カバー」によりLEDの光を広範囲に拡散し、白熱電球のような広がりを実現したという。

 そのほか、調光器非対応のE26口金「一般電球形LED電球・広配光タイプ」にも、白熱電球60ワット形で昼光色相当の「LDA9D-G」、50ワット形で電球色相当の「LDA9L-G」、40ワット形で昼光色相当の「LDA6D-G」、電球色相当の「LDA7L-G」という4種を追加する。価格はオープンで、市場想定価格はLDA9D-GとLDA9L-Gが3000円前後、LDA9L-GとLDA6D-Gは2000円前後となっている。

関連キーワード

LED | 日立アプライアンス | LED電球


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.