ニュース
» 2012年10月11日 20時13分 UPDATE

乾電池でも動きます:タフなアウトドア用Bluetoothスピーカー、ヤマハ「PDX-B11」

ヤマハはアウトドア向けのBluetooth対応スピーカー「PDX-B11」を11月上旬に発売する。八角形のグリルとハンドル、ツートンカラーのボディーが特徴的なポータブルタイプだ。

[ITmedia]

 ヤマハは10月11日、アウトドア向けのBluetooth対応スピーカー「PDX-B11」を発表した。八角形のグリルとハンドル、ツートンカラーのボディーが特徴的なポータブルタイプで、乾電池駆動にも対応する。11月上旬発売で価格はオープン。店頭では1万6000円前後になる見込みだ。

ts_pdxb01.jpgts_pdxb02.jpg 「PDX-B11」はグレー、ブラック、オレンジ、ブルーの4色

 10センチウーファーと3.5インチツィーターを搭載した2Wayモノラル構成。Bluetoothレシーバーを搭載し、スマートフォンなどからワイヤレスで音楽再生が可能だ。

 また、背面にはステレオミニの外部入力を装備。各入力を自動的にミックスする「オートミックス機能」を備え、アウトドアのイベントやストリートパフォーマンスにも利用できる。

ts_pdxb010.jpgts_pdxb07.jpg 10センチウーファーと3.5インチツィーターを搭載した2Wayモノラル構成。単三形乾電池6本でも駆動する

ts_pdxb03.jpgts_pdxb04.jpgts_pdxb06.jpg

 電源は、付属のACアダプターもしくは単三形乾電池6本。なお、ボディーはタフでも防水仕様ではない。外形寸法は、210(幅)×237(高さ)×240(奥行き)ミリで重量は1.5キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう