ニュース
» 2012年12月25日 21時31分 UPDATE

お風呂スピーカーにもなる:防水と双方向で用途を増やしたワイヤレススピーカー、東芝エルイーの「TY-WSD10」

東芝エルイートレーディングは、ワイヤレススピーカー「TY-WSD10」を2013年1月18日に発売する。IPX4相当の防水仕様に加え、受信機側から送信機に音声を伝送できる「プッシュトーク」機能を装備。

[ITmedia]

 東芝エルイートレーディングは12月25日、ワイヤレススピーカー「TY-WSD10」を発表した。2013年1月18日に発売予定で、価格はオープン。店頭では1万5000円前後になる見込みだ。

ts_toshibale01.jpg 「TY-WSD10」(受信機は充電台に設置)

 アナログミニジャックを備えた送信機とステレオスピーカー搭載の受信機を2.4GHzデジタル無線(GFSK方式)でつなぐワイヤレススピーカー。テレビの補助スピーカーとして使えるほか、IPX4相当の防水仕様により、浴室やキッチンなどの水回りでも利用できるようになった。

 さらに受信機側から送信機に音声を伝送できる「プッシュトーク」機能を新たに装備。受信機の「通話ボタン」を押すと、送信機側で音声を聞くことができるため、別室や浴室から家族に声をかけるといった使い方も可能だ。伝送距離は約30メートル。

ts_toshibale02.jpg 受信機はIPX4相当の防水仕様

 受信機側は5.2センチ径スピーカーのステレオ構成(出力は1.8ワット×2)。人の声を聞きやすくする「はっきり音声つまみ」、すぐに消音できる「音消ボタン」、ヘッドフォン端子など実用的な機能を備えた。アナログ外部入力も用意している。バッテリーはニッケル水素充電池で、連続約20時間の利用が可能。また、本体を置くだけで充電がスタートする専用充電台が付属する。外形寸法は、180(幅)×112(高さ)×80(奥行き)ミリ。重量は670グラム。

 一方の送信機は、モノラルスピーカーを搭載。入力は3.5ミリミニジャックで、電源は付属のACアダプターもしくは単四形乾電池4本で駆動する。乾電池使用時の連続駆動時間は約11時間だ。外形寸法は、115(幅)×70(高さ)×30(奥行き)ミリ。重量は約105グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう