ニュース
» 2013年01月10日 21時47分 UPDATE

目的地により早く、パイオニアが豊富なルートを収録したカーナビ「AVIC-MRZ09 II」を発売

パイオニアのカーナビゲーション「楽ナビ」シリーズより、地デジに対応した7V型ワイド画面の「AVIC-MRZ09II」が登場。HDDナビに匹敵するデータを収録し、より早く目的地に到着するルートを提案できるという。

[ITmedia]

 パイオニアは、「楽ナビ」シリーズの新製品として、7V型ワイド液晶画面(VGA)を備えたAV一体型メモリーナビゲーションシステム「AVIC-MRZ09 II」を1月下旬に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は11万円前後。

Photo 「AVIC-MRZ09II」

 独自の圧縮データフォーマット「L-format」の採用により、HDDナビに匹敵する量の地図データを収録。収録道路は約33万キロで、約30パターンの渋滞予測データにより最適なルートを提案するため、「より早く目的地へ到着できる」(同社)という。また、最新の地図データをネット環境のあるPCを利用してSDHCメモリーカードにダウンロード可能。2015年10月までは追加料金なしで更新できる。

 7V型ワイドの大画面は、LEDバックライトを搭載。タッチ操作による選択や地図スクロールをはじめ、操作キーの拡大表示や使いやすいようにカスタマイズできる「マイセットアップ機能」も備えた。フルセグ対応の地上デジタルチューナーやDVD/CDドライブ、SDカードスロット、USB端子、Bluetoothなどを備え、さまざまなメディアの再生に対応する。

 ナビゲーションの本体サイズは178(幅)×100(高さ)×166(奥行き)ミリで、重量は2.4キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.