ニュース
» 2013年01月17日 22時03分 UPDATE

電話を通じて家族を見守る、パイオニア「ハッピーセンサー」

人感センサーで離れた家族を見守る電話機アクセサリー「家族を見守るハッピーセンサー まもるとあかり」が登場。

[ITmedia]

 パイオニアは、同社製電話機用のアクセサリー「家族を見守るハッピーセンサー まもるとあかり」を2月下旬に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は1万円前後。

ts_pai01.jpgts_pai02.jpg 「家族を見守るハッピーセンサー まもるとあかり」と利用イメージ

 無線を搭載したセンサー付きライト。人感センサーを内蔵しており、人が前を通った回数をコードレス電話機の親機に無線で送信。設定した時刻に登録した連絡先へ自動通知するため、離れた場所の家族を見守ることができるという。対応する電話機は、同社製の「TF-SA10シリーズ」で、対応機種は順次拡大していく予定だ。

 また、人感センサーによってライトが点灯するため、薄暗い部屋や階段などで足元を照らすライトとしても使用できる。さらに、外出時などに人の出入りを感知するとライトの点滅と警告音を発する「外出モード」も搭載した。

 サイズは約120(幅)×141(高さ)×53(奥行き)ミリで、重量は約245グラム。ACアダプターが付属するが、Ni-MH電池による駆動も可能。その際の使用時間は、待ち受けが約120時間、ライト点灯時が約5時間となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう