ニュース
» 2013年03月22日 14時21分 UPDATE

iPadまで対応、Lightning対応ポータブルスピーカー「JBL ONBEAT MINI」

ハーマンインターナショナルは、Lightningコネクターを搭載したポータブルスピーカー「JBL ONBEAT MINI」を発売する。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは3月22日、Lightningコネクターを搭載したポータブルスピーカー「JBL ONBEAT MINI」を発表した。先に発売した「JBL ONBEAT MICRO」と同系統のデザインながら、横幅を拡大してiPadまで対応したモデル。ブラックとホワイトの2色をラインアップする。価格はオープンプライスだが、店頭では1万8000円前後になる見込みだ。

ts_jblonbeat01.jpgts_onbeat020.jpg iPad miniを接続したブラック(左)とiPadと組み合わせたホワイト(右)。ブラックは4月上旬、ホワイトは近日発売予定となっている

ts_jblonbeat10.jpg Lightningコネクターは可動式として着脱時にコネクターにかかる負荷を軽減する

 Lightningコネクター搭載のiOSデバイスを接続し、充電や楽曲再生が行えるスピーカー。対応モデルは、iPad(第4世代)、iPad mini、iPhone 5、iPod touch(第5世代)、iPod nano(第7世代)。また背面にUSB端子を備えており、30ピンドックコネクターのiOSデバイスも純正ケーブルを介して接続できる。ただし、iOSデバイスへ充電は本体をACコンセントに接続している場合に限られるという。そのほか、3.5ミリステレオミニのアナログ外部入力も用意した。

 スピーカーユニットは、44ミリ径のフルレンジ2基で、各チャンネル7ワットのデジタルアンプで駆動する。JBL独自のデジタル・シグナル・プロセッシングにより、ナチュラルで高品位なサウンドを再生するという。内蔵のリチウムイオン充電池は、約3時間の充電で約8時間の連続駆動が可能だ。

ts_jblonbeat03.jpgts_jblonbeat04.jpgts_jblonbeat07.jpg 背面にUSB端子とアナログ外部入力を装備

 本体サイズは、305(幅)×157(奥行き)×88(高さ)ミリ。重量は805グラム。充電用ACアダプターが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.