ニュース
» 2013年04月10日 22時09分 UPDATE

PS Vitaのバックアップに対応:DLNA対応機器との互換性を向上、nasneの新システムソフトウェア

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、「nasne」の最新システムソフトウェア「バージョン1.71」を近日中に提供すると発表した。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、同社のネットワークレコーダー「nasne」の最新システムソフトウェア「バージョン1.71」を近日中に提供すると発表した。

 アップデートにより、ユーザーは、PlayStation Vita(PS Vita)の「コンテンツ管理」機能を利用して、PS Vitaに保存された各種データを無線LAN経由でnasneのHDDへコピーし、バックアップまたはリストア(復元)することが可能になる。これにはゲームのセーブデータはもちろん、画像、音楽、ビデオの各コンテンツが含まれる。

ts_nasne01.jpgts_nasne02.jpg nasneにPS Vitaのデータをバックアップできる

 コピーしたコンテンツは、nasneの共有フォルダー「share1」の中にある「PHOTO」「MUSIC」「VIDEO」の各フォルダーへそれぞれ保存され、ユーザーはPCなどのDLNA対応機器からnasneにアクセスし、保存したコンテンツを利用できるようになる。ただし、著作権保護されたコンテンツやトロフィーをコピーすることはできない。バックアップファイルはオンラインIDごとに保存され、1台のnasneに対して最大10個まで保存できるという。

 オンラインアップデートの実施日については、確定次第、nasneのオフィシャルサイトで告知する予定だ。また、これに対応するPS Vita側のシステムソフトウェア“バージョン2.10”は一足先に提供開始。4月10日からアップデートを実施している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.