ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コピー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コピー」に関する情報が集まったページです。

セブン-イレブンで「コンビニ証明書受取サービス」提供開始 残高証明書や保険料控除証明書が最短当日に
全国のセブン-イレブンに設置されているマルチコピー機で、残高証明書や保険料控除証明書など企業が発行する証明書類を最短当日受け取れる「コンビニ証明書受取サービス」が開始。まずはセブン銀行口座から対応する。(2024/2/8)

購入するまで作品名が分からない「本音屋」、ハイブリッド書店「honto」などで
文藝春秋は2日、真っ黒なパッケージに本を包み、コピーのみを記した純文学作品の特設コーナー「本音屋」を始めた。(2024/2/2)

縮小コピーかな? おばたのお兄さん、5カ月息子との“そっくり”寝顔ショットに衝撃の声「おんなじ顔」「おばたの赤さん」
妻の山崎アナはこれを撮るのがマイブームとのこと。(2024/1/23)

住民票のコンビニ交付、スマホのマイナカード機能でも可能に 1月22日から全国スタート
スマホに搭載されたマイナカード機能を使った、住民票の写しのコンビニ交付が1月22日から全国で利用可能となった。市区町村役場に出向くことなく、全国のファミリーマートとローソン店舗のマルチコピー機で住民票の写しを取得できる。(2024/1/22)

横浜市の病院がUSBメモリ紛失 医師が私物にデータコピー、自宅に持ち出し パスワードロックの有無「不明確」
横浜市立みなと赤十字病院が、診療データ1092件が入ったUSBメモリを紛失したと発表した。医師が論文作成のため、院内システムから私物のUSBメモリにデータをコピー。院内や自宅で使ったところ、紛失したという。(2024/1/18)

“人気ブランド”のバッグを店頭で販売→実は「コピー品」だった 東急百貨店など「不適切販売」を謝罪
東急では1カ月間販売。(2023/12/31)

The New York Times、MicrosoftとOpenAIをAIによる著作権侵害で提訴
The New York Timesは、MicrosoftとOpenAIを著作権侵害で提訴した。両社が記事を数百万件コピーしてAIモデルをトレーニングしたことで、収入が奪われると主張する。訴状では、プロンプトによっては同メディアの有料記事のテキストがそのまま表示される例を複数挙げた。(2023/12/28)

「もはや給油!」 カップラーメンの斬新なキャッチコピーにツッコミ相次ぐ メーカー「ここまで反響があるとは」 誕生のきっかけは
「こういうノリ嫌いじゃない」「食べ物で『もはや給油』って(笑)」「もはや給油じゃねぇんだよ!」「胸焼けしそうw」などツッコミが相次ぎました。(2023/12/26)

「JR SKISKI」新ヒロインに桜田ひより 「雪よ、推してくれ。」のコピーに併せ“私の推し”明かす
桜田ひよりの時代だ。(2023/12/13)

Tech TIPS:
【Excelの基本】思いのままにオートフィル(自動入力)相対参照/絶対参照/複合参照
Excelで他のセルの値を参照して計算する際、単に参照先のセルを選択しただけでは、オートフィルで数式をコピーした際に値がおかしくなってしまうことがある。例えば、消費税などを特定のセルに入力しておいて、常にそこを参照先とするような場合に発生しがちだ。このような場合、数式をコピーしても、参照先のセルが移動しないようにする必要がある。このようなセルの参照方法について整理してみた。(2023/12/1)

「コピー品許さん」「絶対に買わないで!」 アイラップが偽物商品に激怒で「え、本物かと思った」「騙されるかと思った」と驚きの声
「スライドヅツパー(ジッパー)」などの表記が。(2023/11/17)

ライカが世界初のフェイク対策機能を備えた「M11-P」を発売 直販価格は147.4万円
ライカ(Leica)が、C2PA規格に準拠する「来歴データ」の記録に対応するレンズ交換式カメラ「Leica M11-P」を発売した。商用モデルとしては初めての来歴記録対応モデルで、不正なコピーやねつ造への対策につなげる。(2023/10/27)

「イエベブルべ問題」を一発解決? 人気コスメの“斬新すぎるキャッチコピー”にSNS騒然「誤植かと思った」
その手があったか。(2023/10/19)

ファミリーマート、レジを使わず荷物を発送できる「ファミロッカー」 1都3県で実証実験
ファミリーマートは、10月16日に自社運用のスマートロッカー「ファミロッカー」の実証実験を1都3県で開始。マルチコピー機やレジに並ぶことなく、2次元コードをかざせばいつでも荷物の発送と受け取りが行える。(2023/10/16)

Tech TIPS:
答え一発! 配列数式 Excelの「スピル」とは?
Excel 2021/365で追加された新機能「スピル」の使い方を紹介しよう。セル範囲を指定して、一括で計算して、セルに入力できるため、数式をコピーする手間を省くことができる。従来の配列数式に比べて分かりやすく、使いやすくなっている。(2023/10/16)

ピーアップ、テンキー付きのAndroid端末「Mode1 RETRO II」を予告 発売は10月下旬
モーターバイク事業のMoto-UP、携帯電話販売店「テルル」運営元のピーアップなどを傘下に持つP-UP World(ピーアップワールド)は、折りたたみ型かつテンキー付きの携帯電話端末「Mode1 RETRO II」の発売を予告している。Mode1のサイトを開くと現れる広告には「型はガラケー、中身はスマホ」というキャッチコピーに加え、発売時期が10月下旬であることも予告されている。10月9日時点においてニュースリリースの発出は確認できず、スペックなどの詳細は後日明らかになると思われる。(2023/10/9)

社長が15人の会社も!?:
糸井重里74歳、ほぼ日は「僕の最高の作品」 創業した会社をどう残していきたいか?
キャッチコピーからゲーム、メディアから手帳まで多様な作品を生み出してきた糸井重里さんが「最高の作品」と評するもの。それが会社としてのほぼ日だ。「経営者・糸井重里」とは一体どんな人物なのか。糸井さんと、ほぼ日取締役の小泉絢子さんに聞いた。(2023/10/4)

「ブギウギ」趣里の幼少期演じる澤井梨丘、そっくりなルックス&抜群の演技力に反響 「クセをコピーしてるのが凄い」「歌もめっちゃ上手い!」
新朝ドラがスタート!(2023/10/2)

「ドンキはヤンキーのたまり場」なのか それは古い認識、いまや日本の希望に
驚安の殿堂というキャッチコピーで知られる総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が大好きです。学生時代から足しげく通い、これまでに何百万円使ったかわからないほど。同社から1円ももらってはいませんが、熱烈なファンとしてその魅力を語ってみましょう。(2023/9/27)

法務省、過去のジャニーズタイアップポスターを公式X(Twitter)から削除 「守りたい 少年たちの輝く未来」キャッチコピーに「皮肉すぎる」の声
ポスターは2019年に公開したものでした。(2023/9/15)

シャープペンシルでこんなの描けるの!? 「推しの子」星野アイの白黒イラストがコピー機のような再現度
なんという領域に至ってるんだ。(2023/9/19)

木下優樹菜の11歳&7歳娘、2人きりの初YouTubeで“ぶっちゃけ大会” しゃべり&しぐさが「ユッキーナの血引きすぎ」「そっくりで可愛い」
DNAコピーしてます。(2023/9/7)

古田雄介のデステック探訪:
デジタル資産継承サービス「アカレコ」が指し示す半世紀先を見据えた終活という課題
2023年8月に登場したばかりの「akareco」(アカレコ)は、「40代からはじめる、プレ終活 まずは、デジタル資産の整理から」のキャッチコピーを掲げる。その後の人生にずっと付き合うことを想定したサービスだ。月額税込み495円。その狙いと勝算を尋ねた。(2023/8/30)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(239):
Windowsで一度はやっておきたい「コンポーネントストア」の最適化だが、「CleanmgrはWinSxSからコピーすれば使える」のワナとは
WindowsやWindows Serverを長期間安定運用する上で定期的に実行しておきたいことの一つに、Windows Updateの繰り返しで肥大化していく「コンポーネントストア」の最適化があります。今回は、サポート終了目前のWindows Server 2012/2012 R2におけるコンポーネントストアの最適化を取り上げます。セキュリティ更新プログラムの提供も残り2回となりますが、「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を利用すれば後3年の付き合いになるかもしれません。その予定があるなら、知っておいて損はないでしょう。(2023/8/23)

「パインアメ」広告の制作過程が地道すぎて話題 なめ終わるまでを大量の実物で再現した労作
キャッチコピーの「さいごまでかみたくないアメ」に納得。(2023/8/15)

テレビアニメ「響け!ユーフォニアム3」、2024年4月に放送決定 黄前久美子が描かれたキービジュアル公開
キービジュアルには「私、北宇治が好き」とのキャッチコピー。(2023/8/4)

AWSチートシート:
「Amazon S3」の一括処理に便利な「バッチオペレーション」入門――S3バケットから別のバケットへのコピー
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は「Amazon S3」の「バッチオペレーション」を紹介し、例としてログが保管されているS3バケットから別のS3バケットにコピーする手順を解説する。(2023/8/3)

「元が良いからな」「そらアンタが安達祐実だからや」 コスメブランドの“化粧なんて、なんとなくでいい”とのコピーにツッコミ集まる
また極上食材に塩振るだけ理論ですかっ!(2023/8/2)

熱海のシンボル「ホテルニューアカオ」復活にTwitterで喜びの声 一度営業終了した昭和の面影を残す大型ホテル
あえて昭和で数えるコピーがアツい。(2023/7/10)

人格コピーAIは21世紀の写真? “亡き妻のAI再現”で受賞の松尾Pと「AIの遺電子」山田胡瓜が考える「デジタル人格」のこれから
技術進歩の加速が著しいAI。実在する人物の特徴あるいは人格をAIで再現できるようになる将来も近そうだ。そうしたときにどんなことが起こりうるのか。アニメ「AIの遺電子」原作者の山田胡瓜さんと、亡き妻の面影をAIを駆使して再現する取り組みで「第1回 AIアートグランプリ」の最優秀賞を受賞した松尾公也さんが議論した。(2023/7/9)

AIの遺電子の根底にある「2つのやばさ」と「3つのAI」 ChatGPT到来を予言した世界観を作者本人が解剖
7月開始のテレビアニメで注目を集める、人とヒューマノイドの共存を描いた近未来SF「AIの遺電子」。作者とAI専門家との連続対談がここに実現。初回は「第1回 AIアートグランプリ」の最優秀作を受賞した「松尾P」こと松尾公也さんと、「人格のデジタルコピー」の話などあれやこれやを語り合う。(2023/7/7)

セブンのコピー機、銀行残高やクレカ明細なども発行可能に
セブン-イレブンのマルチコピー機から、銀行預金の残高証明書や保険会社の控除証明書などを発行できるサービスが2023年度中にスタートへ。(2023/7/4)

「上を向いて バズろう」電柱広告がコピーライター作品と酷似 都内のIT企業が謝罪……本人と和解、「共同作品」に差し替えへ
コピーライター本人から類似性の指摘。(2023/6/23)

偽物を買い取ることも:
どれがコピー品? コメ兵HDが真贋チェックにAIを活用している切実な背景
リユースショップ「KOMEHYO」を展開するコメ兵ホールディングスでは、真贋チェックなどにAIを活用している。その切実な背景とは?(2023/6/14)

PR:自社の従業員が無自覚にやっていることも!? 実は巨大なリスク、ソフトウェアの「不正コピー」を徹底解説
(2023/6/12)

ITワード365:
【クイズ】「テキストや画像などを一時的にコピーし、別の場所に貼り付けられるようにする仕組み」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/6/1)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
格安コピー品「自慢する」米Z世代 正規ブランドがとった“常識外れ”の一手とは
米国で「デュープ」という、オリジナル商品にとても似た他社の商品が話題となっている。Z世代の間では、デュープを身に着けることにネガティブな感情はなく、むしろ好意的に受け止められている。正規ブランドはこうした流れにどう立ち向かったのか?ルルレモンの常識外れのキャンペーンを紹介する。(2023/5/30)

Windows 10とWindows 11でファイル操作が断続的に失敗する問題が発生
Microsoftは一部の32bitアプリケーションでファイルの保存やコピーなどの操作が断続的に失敗する問題があると発表した。同社は現在解決策に取り組んでいるが、まだ修正プログラムは提供されていない。(2023/5/29)

Meta、FacebookとInstagramの広告主向け生成AIツール「AI Sandbox」提供開始
Metaは、広告主向けの生成AI機能の実験場「AI Sandbox」と自動化製品ポートフォリオ「Meta Advantage」を発表した。AI Sandboxではコピーの自動書き換えや背景画像生成などのツールを試せる。(2023/5/12)

コンビニ交付システムによる情報漏えい、足立区でも2件確認 ただし原因は「別のプログラム」
足立区は1日、マイナンバーカードを使ってコンビニのマルチコピー機で住民票の写しを発行できるサービスで2件の誤交付があり、4人分の個人情報が漏えいしたと発表した。(2023/5/2)

ChatGPT:
「ChatGPT」がBIMソフトのトラブル解決策を即答、mignの建設特化AIモデル「chact」に追加機能
ChatGPTをベースに建設分野に特化して開発したAIモデル「chact」に、新機能が追加された。最新の言語モデルとなるGPT-4を活用して、BIMソフトのエラーが生じた際に内容をコピー&ペーストするだけで解決策を回答する。(2023/4/20)

AIが考えたヨーロッパ史の「キャッチコピー」が話題 1040年は「ノルマン人襲来! イングランドがワクワク大変身!」
「小学生でも分かるように」の指示がミソ。(2023/4/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
文章を書くのが苦手な人が、スラスラ書けるようになる方法
書く仕事を始めた頃は、200文字のコピーを書くのに1日かかっていた。しかし、今は1日2万字書くこともある。いったい、何が起きたのか。(2023/3/30)

家電をアピール:
「その程度の機能ならドンキで十分」 無難な表現もできたのに、あえて自虐的にしたワケ
ドンキのプライベートブランド(PB)「情熱価格」。新生活向けのキャンペーンで、自虐的なキャッチコピーを使用している。その狙いを担当者に聞いた。(2023/3/29)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
トンボ鉛筆のデザインペン「ZOOM」が復活 迷走の末に辿り着いた“1本の美学”とは?
「空白を、ノックする」「いくつもの深さを持つ、透明」「書かなくても触れたくなる」──これらは2月にリブランディングしたトンボ鉛筆「ZOOM」のキャッチコピー。一時は迷走したという人気シリーズは、いかに再生したのか。開発陣に話を聞いた。(2023/3/20)

Windows 11, version 22H2のファイルコピーが遅い問題 プレビュー版で修正
Microsoftは累積更新プログラムのプレビュー版で、ネットワーク共有からローカルディスクにサイズの大きいファイルをコピーする際に想定以上に長い時間がかかる問題に対処した。(2023/3/14)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11 22H2で巨大ファイルのコピーが遅くなる問題が解決/TPM 2.0に脆弱性 数十億台に影響がある可能性も
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、3月5日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/3/12)

さまざまな媒体に点在する「自分の情報」を要約:
ChatGPT(と同じモデル)で職務経歴サマリーを自動生成する機能 ファインディが提供開始
ファインディは「ChatGPTエンジニアキャリアまとめ(β)」機能の提供を開始した。ChatGPTの内部で利用されているgpt-3.5-turboを活用することで、自身のキャリアについてのキャッチコピーや紹介文を自動生成できるという。(2023/3/7)

マクドナルドの新CM「朝マックは、旅の前のにおいがする」名コピーに反響 早朝の出発時、開いているのはマックくらいで……
BGMの「ネバーエンディング・ストーリー」も相まってノスタルジック。(2023/2/9)

Slack、不正アクセスによってソースコードが流出 ユーザーへの影響は?
SlackはGitHubのプライベートリポジトリに不正アクセスが実行され、ソースコードが不正コピーされたと報告した。従業員のトークンが窃取され、このデータを使って不正なアクセスが実行されたと説明している。(2023/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。