レビュー
» 2013年05月15日 16時38分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですが何か?」:Bluetoothでスマホと連携する“次世代活動量計”「Fitbit Zip」 (1/3)

今回紹介するのは、iPhone/AndroidスマートフォンやPCと連携する活動量計「Fitbit Zip」。ほかのユーザーとコミュニケーションしながら楽しく健康管理できる次世代の活動量計だ。

[橘十徳,ITmedia]

 1日の歩数や移動距離、消費カロリーなどを記録できる活動量計は健康維持に役立つツールとして人気だ。この活動量計にワイヤレス通信機能を搭載し、スマートフォンやPCと連携できる製品が増えている。今回紹介する「Fitbit Zip」もその1つだ。

ts_fitxip01.jpg 「Fitbit Zip」

 Fitbit Zipは、Bluetooth 4.0を搭載。USBハードウェアキーを装着したPCやiPhone/iPadなどのiOS機器に対応するほか、Android端末ではSamsungの「Galaxy S III」および「Galaxy Note II」もサポートしている。

 通信機能を持たない普通の活動量計の場合、歩数や消費カロリーなどを記録するにはPCなどに手入力する必要があるが、Fitbit ZipならPCやスマートフォン経由でクラウドにデータを保存できる。

 価格は直販サイトにて税込5480円。活動量計としては少々高いが、無線通信という付加価値を考えれば、まあ納得できる価格だ。

ボタンがなくシンプルなデザインの本体

 Fitbit Zipの特長の1つは、カラフルな本体デザインだ。ブルー、マゼンタ、ホワイト、チャコール、ライムと豊富にそろっており、スポーツやビジネスなどさまざまなシチュエーションで使える。今回は仕事中に使うことも想定し、目立たないチャコールを選んだ。

ts_fitxip024.jpg カラフルなカラーバリエーションがそろっている

 パッケージに入っているのはFitbit Zip本体と、クリップカバー、USBハードウェアキー、コイン電池(CR2025)、電池交換ツール。説明書は添付されておらず、マニュアルなどはWebサイトからダウンロードして入手する。また、電池を入れるには電池交換ツール使って裏側のふたを開ける必要がある。コイン電池をセットすると、小型ディスプレイ上に時刻が表示される。

ts_fitxip02.jpgts_fitxip03.jpg パッケージと付属品一式

ts_fitxip04.jpgts_fitxip05.jpgts_fitxip06.jpg 電池交換ツール(左)。コイン電池をセットしたところ(中)。クリップカバー(右)

 前述の通り、本体には一切ボタンがなく、表示モードの変更はディスプレイを軽くタップすることで行う。モードは歩数、距離、消費カロリー、時計の4モードに加えて、その日の活動量により表情が変わる「Fitbitスマイリー」という活動量の程度を顔の絵で表示するモードも用意されている。

ts_fitxip08.jpgts_fitxip09.jpg 距離表示(左)と「Fitbitスマイリー」(右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.