ニュース
» 2013年05月29日 21時42分 UPDATE

アイ・オー、トランスコード機能搭載のDTCP+対応NAS「HVL-ATシリーズ」を正式発表

アイ・オー・データから、インターネット回線の状況に合わせて映像サイズを変換するトランスコード機能を搭載したDTCP+対応NAS「RECBOX +REMOTE(レックボックス リモート)HVL-AT」が登場。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は5月29日、トランスコード機能を搭載したDTCP+対応NAS「RECBOX +REMOTE(レックボックス リモート)HVL-AT」を正式に発表した。ラインアップおよび希望小売価格は、2Tバイトモデル「HVL-AT2.0」が3万4900円、3Tバイトモデル「HVL-AT3.0」は4万3400円、4Tバイトモデル「HVL-AT4.0」は5万8300円。6月下旬に発売する予定だ。

Photo 「RECBOX +REMOTE(レックボックス リモート)HVL-AT」

 5月上旬に開発表明を行ったDTCP+(DTCP1.4)リモートアクセス対応のネットワークハードディスク(→関連記事)。デジタル放送の録画番組をムーブしておけば、富士通モバイルコミュニケーションズ製「ARROWS A SoftBank 202F」などの対応スマートフォンやPCからアクセスして再生が可能になる。

 新たに「Smartplaying Engine」と呼ぶトランスコード機能を搭載。インターネット回線の状況に合わせて映像サイズを変換しながら送り出すことが可能になった。DRモードからH.264への変換に加え、H.264の録画番組もサイズを落として送信できる。なお、再生時にのみ映像のサイズを変更するため、もともとの画質を劣化させることはない。

 本体サイズは、約215(幅)×183(奥行き)×40(厚さ)ミリ。重量は約1.2キログラム。ACアダプターが付属する。

Photo 同社製品専用オプションのトランスコードUSBアダプター「GV-TRC/USB」

 さらに、従来モデル「HVL-A」「GV-MVP/X3・X2」シリーズでも録画番組データの画質変換や容量圧縮ができるようになる、同社製品専用オプションのトランスコードUSBアダプター「GV-TRC/USB」も6月中旬に発売予定。希望小売価格は9500円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう