ニュース
» 2013年05月30日 23時41分 UPDATE

7290ルーメンの明るいLEDシーリングライトが登場――日立アプライアンス

日立アプライアンスは、7290ルーメンという明るさを実現したLEDシーリングライトを発売する。節電機能も充実させた。

[ITmedia]

 日立アプライアンスは、LEDシーリングライトの新製品として、7290ルーメンという明るさを実現したモデルを含む3機種を6月14日から順次発売する。

Photo LEDシーリングライト「LEC-AHS1810BC」

 ラインアップは、適用畳数が18畳の「LEC-AHS1810BC」、14畳の「LEC-AHS1410BC」、12畳の「LEC-AHS1210BC」。それぞれに独自の大型放熱構造を採用し、レンズ機能付き「ドーム型LEDユニット」の配置を工夫した。これにより、LEC-AHS1810BCでは定格光束7290ルーメンの明るさを実現したという。

 このほか、生活シーンに合わせて設定できる「あかりセレクト」機能を用意。「電球のあかり」「食卓のあかり」「図書館のあかり」「蛍光灯のあかり」という4つの設定を、リモコンのボタンを押すだけで変更できる。また、本体外周にはあかり設定に連動した色で光るカラーLEDリングを搭載。節電をサポートする「<eco>これっきり」機能や「節電モード」も備えた。

 価格はオープンプライス。予想実売価格は、LEC-AHS1810BCが8万円前後、LEC-AHS1410BCが7万円前後。7月初旬に発売を予定するLEC-AHS1210BCは、6万円前後となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.