ニュース
» 2013年06月04日 21時37分 UPDATE

フジテレビ、テレビ番組と連動するセカンドスクリーンアプリ「メディアトリガー」を発表

フジテレビジョンは、放送中のテレビ番組と連動し、スマートフォン/タブレット端末に関連コンテツを表示する「メディアトリガー」および配信システム「SmartSynchroCast」が登場。

[ITmedia]

 フジテレビジョンは、スマートフォン/タブレット端末向けアプリ「メディアトリガー」および配信システム「SmartSynchroCast」を発表した。

Photo 「メディアトリガー」の利用イメージ

 メディアトリガーは、出演者情報やクーポンなど、放送しているテレビ番組と関連したコンテツをスマートフォンやタブレットの画面に表示する“セカンドスクリーンアプリ”だ。さまざまなスクリーンサイズに対応するほか、受信履歴の自動保存機能などを備えるなど視聴者が便利に利用できるという。

 アプリには、指定した時刻にコンテンツを表示する「時刻トリガー」、任意のタイミングでコンテンツを表示する「通信トリガー」、テレビの音声に反応する「音響トリガー」、テレビの映像に反応する「映像トリガー」という4つの同期技術を搭載。放送だけでなくイベントの進行に合わせた連動も可能だ。

 端末には既存のスマートフォンやタブレットが使えるため、テレビの買い替えや専用アダプターなどは不要。放送事業者にとってもコンテンツ制作で番組サイトなど既存のリソースを活用できるほか、放送送出システムの改修も必要ないため、すぐにサービスを開始できるという。

 なお今回のアプリと配信システムは、6月12日〜6月14日に幕張メッセで開催となる「IMC TOKYO 2013」の「Broadcaster's Innovation」エリアで展示・デモンストレーションを行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.