ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タブレット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タブレット」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
安全機器をタブレットに搭載できるセーフティーコマンダのスターターキット
IDECは、安全機器をタブレットに簡単に搭載できる、セーフティーコマンダ「HT3P形」のスターターキット「HT3P-SK1形」を発売した。業務用タブレットとセットで提供し、タブレットの選定やソフト作成といった障壁を解消する。(2022/5/25)

レシピ画面を見ながら調理 キッチンで役立つスマホ&タブレットスタンド
エレコムは、キッチン向けスマホ&タブレットスタンド3種類を発売。アームが自由自在に伸縮するフレキシブルアーム、コンパクトな卓上タイプ、吸盤タイプを用意し、マットな質感のグリーンとアイボリーで展開する。(2022/5/24)

Samsungの「One UI 4.1」とは【後編】
「Galaxy A」が「iPhone SE」よりも魅力的に? Galaxyの「One UI 4.1」とは
SamsungはGalaxyスマートフォンとタブレットで使えるUI「One UI 4.1」を提供している。「Galaxy A」といった低価格帯の機種でも利用可能になったOne UI 4.1には、どのような機能があるのか。詳しく説明する。(2022/5/23)

Amazon、Fire 7タブレットの第12世代モデル投入 6980円で1000円Kindleクーポン付き
出荷予定日は6月29日。同社の最初のタブレットである「Kindle Fire」から12世代目に当たる。(2022/5/19)

Amazon、7型タブレット「Fire 7」新モデル パフォーマンスとバッテリー駆動時間を向上 税込み6980円
Amazonは、同社製7型タブレット端末「Fire 7」の新モデルを発表した。(2022/5/19)

ドリンクホルダーに設置できるタブレット/スマホ用車載ホルダー サンワから
サンワサプライは、車のドリンクホルダーに固定できるタブレット/スマートフォン用車載ホルダー「CAR-HLD14BK」を発売。7〜13型サイズの製品に対応し、工具不要で取り付けられる。(2022/5/18)

安全システム:
高齢ドライバー向け認知機能検査をタブレットで、DeNAと日本テクトシステムズ
ディー・エヌ・エー(DeNA)と日本テクトシステムズは2022年5月13日、高齢者認知機能検査の法改正に準拠した、タブレット式の認知機能検査システム「MENKYO」の提供を開始したと発表した。同日から、富山県の警察本部や教習所などで運用が始まった。2022年度中に19府県で運用を開始し、警視庁でも実証実験を開始する予定だ。(2022/5/16)

Googleが「Android 13 Beta 2」公開 プライバシー強化やタブレット向けUI改善など
米Googleは5月11日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O」で、「Android 13 Beta 2」を公開した。セキュリティとプライバシーを強化。スマートフォンやタブレット向けUIを改善した。(2022/5/12)

Google製タブレット復活 「Pixel Tablet」、2023年に登場へ
米Googleは、同社のテクノロジーカンファレンス「Google I/O 2022」において、タブレット端末「Pixel Tablet」の概要を発表した。(2022/5/12)

前年から3倍増:
小中学生のタブレット・PC利用9割に オンライン授業で大幅増
NTTドコモのモバイル社会研究所は、小中学生のタブレット・パソコンの利用状況について調査した。小中学生のタブレット・パソコンの利用率はどの学年でも9割程度に伸び、前年から3倍程度増えていることが明らかになった。(2022/5/13)

XPPen、ペン性能を高めた15.4型液晶ペンタブ「Artist 16セカンド」
XPPenは、15.4型フルHD表示に対応した液晶ペンタブレット「Artist 16セカンド」を発表した。(2022/5/9)

Samsungの「One UI 4.1」とは【前編】
格安「Galaxy A」でも高級機の機能が利用可能に――その“深い意味”とは
Samsungはスマートフォン/タブレット「Galaxy」シリーズの高価格帯機種に向けて提供していた「One UI 4.1」を、中低価格帯から低価格帯の機種でも利用可能にする。そのインパクトとは。(2022/5/7)

5月7日まで! Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお買い得に
Amazonが5月7日まで開催中のタイムセールで、同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買える。(2022/5/1)

PS4とスマホでも「nasne」のニコニコ実況連携機能が復活
バッファローは25日、ネットワークレコーダー「nasne」の「ニコニコ実況連携機能」がPS4とスマートフォン/タブレット(iOS、Android)に対応したと発表した。3月のPS5版に続いてアプリをアップデート。(2022/4/25)

Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得! Amazonが「タイムセール祭り」を4月26日まで開催
Amazonが4月26日午後11時59分まで「タイムセール祭り」を開催している。同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買えるチャンスだ。(2022/4/24)

国内での「Wi-Fi 6E」実現に向けて大きな前進 総務省の審議会が「6GHz帯無線LANの導入のための技術的条件」を答申
スマートフォン、タブレットやスマートフォンで対応機種が増えている「Wi-Fi 6E」だが、日本では法制度が整備されていない影響で利用できない。そんな中、総務省の情報通信審議会がWi-Fi 6Eに関する技術的要件を総務大臣に答申した。今後、国内でのWi-Fi 6E利用を“合法”とするための手続きが進むことになる。【更新】(2022/4/21)

ソフトバンクの「データ通信専用3GBプラン」がお値段以上にお得な理由
タブレット用回線として魅力的な選択肢が多い中、私がおすすめしたいのがソフトバンクの「データ通信専用3GBプラン」だ。現在はキャンペーンで最初の5年間は990円で利用できる。さらに、Yahoo!プレミアムやPayPayクーポンなど、ソフトバンク向けの特典が得られる。(2022/4/20)

ParaviがiOS 14以降のピクチャ・イン・ピクチャに対応 “ながら見”を強化
プレミアム・プラットフォーム・ジャパンは4月18日、スマートフォン・タブレット向けの動画配信アプリ「Paravi」を大幅にリニューアルし、最新バージョンを公開した。聴履歴をもとにおすすめ作品のリストを日替わりで提案する「パーソナライズレコメンド」機能を実装した。iOS 14以降の端末でParaviの動画を視聴しながら別のアプリを操作できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能などにも対応した。(2022/4/19)

カラーE Inkを採用した7.8型Androidタブレット「BOOX Nova Air C」
SKTは、ONYX Internatinal製となる7.8型タブレット「BOOX Nova Air C」の取り扱いを開始する。(2022/4/18)

Mobile Weekly Top10:
キャリアを介さず販売される「Galaxy」がついに登場 受け入れられるか?
サムスン電子ジャパンが、Galaxyブランドの新端末を発表しました。注目すべきは、キャリアを介さずに販売するスマートフォンやタブレットが新たに登場することです。(2022/4/16)

東京ドームの店舗でも導入:
後付けの非接触センサー+顔認証を搭載した決済端末
ソフトウェアの受託開発事業を手掛けるメタテクノは「第11回 IoT & 5Gソリューション展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、非接触技術と顔認証技術を融合した決済用タブレットを展示した。既に、東京ドームの一部店舗で導入されている。(2022/4/14)

「GalaxyのSIMフリースマホ」投入のワケ、Amazonの強い後押しで実現
国内初となるGalaxy Mシリーズは「Amazon専用で開発した」という。フラグシップスマホのSIMフリー展開は継続して検討する。最上位タブレットTab S8 Ultra「ファンの声」受けて、急きょ追加で投入することが決まった。(2022/4/12)

スマホやタブレットを充電しながら固定 小物の収納も可能な「3in1デスクボード」
Glotureは、4月7日に「SINEX マグネット3in1デスクボード」を発売。付属のマグネットアクセサリーセットを組み合わせて小物を整理でき、折りたんで持ち運びも可能だ。(2022/4/7)

サムスン電子が「Galaxy M23 5G」「Galaxy Tab S8+」「Galaxy Tab S8 Ultra」をオンライン限定販売
サムスン電子ジャパンが、SIMフリースマートフォンとWi-Fiタブレットをオンラインと「Galaxy Harajuku」限定で販売する。(2022/4/7)

山岳トンネル工事:
セントルの操作をタブレット端末で一括管理するシステムを開発、戸田建設
戸田建設は、トンネル工事の覆工コンクリート施工で、セントル型枠のセット作業時に行うセントルの操作をタブレット端末で一括管理する集中制御システムを開発し、福島県会津地方で現在施工を進める「博士トンネル工事(昭和村側工区)」の覆工作業で有効性を確認した。今後は、新システムを同社の各トンネル現場に適用して、検証結果をフィードバックすることでさらにシステムの完成度を高めていく。(2022/4/7)

エプソンダイレクト、POSレジなどにも向くWindows 10 IoT搭載の10.1型タブレット
エプソンダイレクトは、OSとしてWindows 10 IoT Enterpriseを導入した業務向け10.1型タブレット端末「Endeavor JT50」を発表した。(2022/4/5)

ムスビーの3月中古スマホランキング iPhone 12/XRがランクアップ
ムスビーは、2022年3月中古携帯/スマホランキングを発表。総合3位にiPhone 12が登場し、iPhone XRもランクアップ。タブレットはiPad(第5世代)が1位となった。(2022/4/1)

ドコモ、ブラウザから利用できるマルチデバイス型メタバース「XR World」提供開始
NTTドコモは、3月31日にマルチデバイス型メタバース「XR World」を提供開始。アプリや専用HMDは不要で、スマホ/タブレット/PCのWebブラウザから無料(一部除く)で利用できる。(2022/3/31)

約11年ぶりの「FMV LOOX」 「超小型PC」から「薄型軽量タブレットPC」になったのはなぜ?
富士通クラウドファンディング(FCCL)が、約11年ぶりに「LOOX(ルークス)」のブランドを復活させた。しかし、多くの人が想像する超小型モバイルPCではなく、薄型軽量のタブレットPCとして世に送り出される。なぜ、LOOXブランドの“復活”がタブレットPCになったのだろうか?(2022/3/30)

40周年企画の“大本命”登場:
ワコム製「リニアペン」に世界初対応 第12世代Coreプロセッサ搭載の薄型タブレット「FMV LOOX」が6月中旬に登場
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)がCES 2022で披露したタブレットPC「FMV LOOX」が、日本では6月中旬に発売されることになった。クリエイターの利用を強く意識したモデルで、別売の純正スタイラスペンは世界初の「リニアペン」となっている。【更新】(2022/3/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Huaweiの電子ペーパータブレット「MatePad Paper」はM-Pencil付きで手書きもOK
PCの発表が相次ぎ、スマホメーカーというよりPCメーカーと思えそうな動きのHuaweiだが、タブレットの新製品「MatePad Paper」は目玉商品といえる。高級感のある背面仕上げで、上品なデジタルステーショナリーという印象を受ける。(2022/3/28)

PR:フリップ芸にもデジタル化の波! 紙芝居芸人・ZAZYさんが、液晶ペンタブレットを実はバリバリ使いこなしていた話
R-1グランプリ2022決勝を終えたZAZYさんに、話を聞いてみました。(2022/3/25)

PR:業務効率化で経費削減! エプソンダイレクトのWindows 10 IoT Enterprise LTSC搭載タブレットがお勧めな理由
エプソンダイレクトから、Windows 10 IoT Enterprise LTSCを搭載する新型タブレットPC「Endeavor JT50」が登場した。ビジネスにおけるさまざまなニーズに応えられる同製品の特徴をじっくりとチェックしていこう。(2022/4/5)

Googleが「Android 12L」を正式発表 フォルタブルとタブレットに最適化
米Googleが3月7日(現地時間)、「Android 12L」を正式発表した。Android 12をタブレットやフォルタブルに最適化した。年内にSamsung Electronics、Lenovo、Microsoftの端末でのアップデートが計画されているという。(2022/3/8)

第11世代Core+有機ELディスプレイ搭載 「HUAWEI MateBook E」の新モデルが日本上陸 税別9万円弱から
ファーウェイのタブレットPC「HUAWEI MateBook E」に新モデルが3月18日に発売される。同社のノートPC系製品としては初めて有機ELディスプレイを搭載しており、映像の美しさが大きな特徴だ。(2022/3/8)

MWC Barcelona 2022:
WindowsもChrome OSもAndroidも! Lenovoがコンシューマー向けノートPC/タブレットを一挙発表
MWC Barcelona 2022に合わせて、Lenovoがコンシューマー向けのノートPCとタブレットを一挙に発表した。早いものは4月から販売を開始するが、中には7月発売予定のものも含まれる。(2022/3/2)

10.3型の電子ペーパー搭載タブレット「HUAWEI MatePad Paper」発表
HuaweiはE-Ink採用タブレット「HUAWEI MatePad Paper」を発表した。10.3型の電子ペーパー画面に「M-Pen」で文字やイラストをかける。欧州での価格は499ユーロ(約6万4000円)。(2022/3/1)

Amazonが「タイムセール祭り」を開催中 Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得に
Amazonが「タイムセール祭り」を2月28日午後11時59分まで開催している。Fire TVやタブレット、Echoシリーズなどがセール価格で提供される。(2022/2/27)

パナソニック、法人向けタフネスタブレット/PC「TOUGHBOOK」新モデル発売 ローカル5Gに対応
パナソニックは、屋外や過酷な現場に向けた「TOUGHBOOK」から頑丈タブレット「FZ-G2シリーズ」と頑丈PC「CF-33シリーズ」の新モデルを法人向けに順次発売。ローカル5Gに対応し、Windows 11搭載モデルもラインアップする。(2022/2/25)

スマホ向けCDレコーダー「ラクレコ」にDVD再生モデルが登場
バッファローは、3月上旬からスマートフォン用CDレコーダー「ラクレコ」からDVD再生が可能な「RR-PW1-WH/N」を発売。市場想定価格は9980円(税込み)で、iPhone/iPad/Androidのほか「Fireタブレット」に対応する。(2022/2/24)

飲食店の「フードデリバリー対応端末多すぎ問題」を解決するSaaSが成長中 VCから3億円を調達
複数のフードデリバリーからの注文を1つのタブレット端末で管理できるようにする飲食店向けSaaS「CAMEL」の提供元が、ベンチャーキャピタルから3億円の資金を調達。調達した資金は組織の拡大や飲食店へのさらなる認知拡大などに充てるという。(2022/2/22)

外付けGPUユニットも接続可能!:
Core i9+GeForce RTX 3050 Ti内蔵! タブレットPCに生まれ変わった「ROG Flow Z13」を試す
CES 2022で発表されたASUS JAPANのゲーミングPC「ROG」シリーズのうち、日本で投入された新モデルの中から、最もユニークなタブレットPC「ROG Flow Z13」をチェックした。(2022/2/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
目が疲れない次世代ディスプレイ搭載タブレット、TCL「NXTPAPER 10s」に触れる
TCLが2020年に発表したディスプレイ「NXTPAPER」を搭載したタブレット「NXTPAPER 10s」を紹介する。CES 2022のブースで実機に触れてきた。(2022/2/16)

全マーケターに告ぐ!:
PR:トランスコスモス事例に学ぶ、DX時代の救世主・アドエビスの“効果が見える”Webマーケティングとは
近年、PCをはじめスマートフォンやタブレットの個人所有は当たり前になっているが、それに加えてコロナ禍により消費者行動のデジタルシフトが一気に加速。広告戦略の主戦場はいまやデジタルであり、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告に動画広告など多様化が進んでいる。散在するデータを一元管理し、費用対効果を正しく見極め、より有用なマーケティング施策を打つためにはどうすればいいのか?(2022/2/18)

モバイルディスプレイの道:
無線ディスプレイとしても使える12.6型Androidタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」の実用性をチェックした
レノボ・ジャパンの「Lenovo Tab P12 Pro」は、高性能タブレットとしてだけでなく、ワイヤレスのモバイルディスプレイとしても使える大画面のAndroidタブレットだ。ユニークな機能をチェックした。(2022/2/15)

Galaxyスマホがお絵描きアプリ“クリスタ”の「片手入力デバイス」に 他のiOS/Android対応は未定
セルシスのイラスト・漫画制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」にて、スマホをタブレットやPCの片手入力デバイスとして使えるアップデートを、Galaxyスマホ向けに配信を開始した。iOS/Androidは現時点で未対応。(2022/2/10)

日本市場投入は未定:
ハイスペックAndroidタブレット「Galaxy Tab S8シリーズ」が登場 Sペン付属で便利に使える
Samsung Electronics(サムスン電子)が、ハイエンドタブレット「Galaxy Tab Sシリーズ」の最新モデルを発表した。Sペンを標準付属しており、同時に発表された「Galaxy S22 Ultra」と組み合わせて使うと利便性が増すようになっている。【更新】(2022/2/10)

Innovative Tech:
複数のタブレットアームスタンドでデバイスを連携 角度を変えるだけで画面を切り替え
米Microsoft Researchなどの研究チームは、タブレットやラップトップを支えるアームスタンドをベースとした、マルチデバイスの連携を実現するためのワークスペース・プラットフォームを開発した。(2022/2/7)

NECPC、12.6型有機ELパネルを採用した最上位Androidタブレット「LAVIE Tab T12」
NECパーソナルコンピュータは、有機ELディスプレイを採用した12.6型Androidタブレット「LAVIE Tab T12」を発表した。(2022/2/1)

FFF、2万円台のエントリー10.1型Androidタブレット 100台限定で1万5900円
FFF SMART LIFE CONNECTEDは、エントリークラスモデルとなる10.1型Androidタブレット「FFF-TAB10A1」を発表した。(2022/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。