ニュース
» 2013年06月24日 19時17分 UPDATE

ラステーム、最大384kHz/32bit入力に対応したDAC兼ヘッドフォンアンプ「UDAC384」

ラステーム・システムズは、最大384kHz/32bit入力に対応したヘッドフォンアンプ&プリアンプ機能搭載DAC「UDAC384」を発売する。

[ITmedia]

 ラステーム・システムズは6月24日、最大384kHz/32bit入力に対応したヘッドフォンアンプ&プリアンプ機能搭載DAC「UDAC384」を発表した。翌25日に発売予定で、価格は5万2500円。

ts_rasteme01.jpgts_rasteme02.jpg 「UDAC384」

 米TIの「PCM5142」を搭載した据え置き型のDAC。デジタル入力として、USB、光、同軸の3系統を持ち、このうちUSBは最大384kHz/32bit入力に対応、「余裕を持って192kHz/24bitのデータを確実に処理できる」(同社)という。光と同軸入力は192kHz/24bitまでサポートする。

 出力は、金メッキ仕様のアナログRCAおよびヘッドフォン。アンプやミキサーなど、アナログ入力を持つさまざまな機器への接続が可能だ。また両方の出力で個別のボリューム調整が可能(同期も可能)。電子ボリューム(ロータリーエンコーダー)を採用したことで、音量調節時に左右のバランスが崩れないという。

 本体サイズは、123(幅)×127(奥行き)×48(高さ)ミリ。重量は約600グラム。前面に96×96ピクセルの有機ELディスプレイを搭載し、入力時のサンプリングレートや入出力レベルメーターを表示可能だ。表示の明るさは3段階で調整できる。

 対応OSは、Windows XP以降およびMac OS 10.6.3以降。Windowsは32bit/64bitそれぞれに専用ドライバーが付属する(MacはOS標準ドライバーで動作)。Windows専用ドライバーは、ASIOやWASAPI (Windows Audio Session API、Windows Vista以降)にも対応した。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう