ニュース
» 2013年07月22日 22時53分 UPDATE

DSD対応のハイエンドDAC「JAVAS X-DAC-HDSD」、zionoteが発売

zionoteは、ハイスピードアイソレーター搭載のDSD対応ハイエンドDAC「JAVAS X-DAC-HDSD」を8月に発売する。

[ITmedia]

 zionoteは7月22日、ハイスピードアイソレーター搭載のDSD対応ハイエンドDAC「JAVAS X-DAC-HDSD」を発表した。ブラックとシルバーの2色を8月5日に発売する。価格は12万6000円。

ts_zionote01.jpg 「JAVAS X-DAC-HDSD」。アルミケースに真ちゅう製インシュレーターを装着

 JAVASの第3世代USB-DAC。最大192kHz/24bitのPCM音源に対応するほか、DSD再生もサポートした。DoP方式により、2.8MHzおよび5.6MHzの両方をネイティブ再生できる。

 内部はバランス回路で構成。USBと電源部、デジタル入力部にアイソレーター回路を搭載し、PCや電源などからの外来ノイズを遮断するという。またデジタル回路とアナログ回路にもアイソレーション回路を搭載したことで、「相互干渉を完全に排除した極めて純度の高いオーディオ信号を生成出力する」(同社)。

 またボリューム回路には、TI製の電子ボリューム「PGA2320」を採用。利便性の高いプリアンプとしても利用できるという。ヘッドフォンアンプも新開発とし、32〜600オームのインピーダンスに対応した。

ts_zionote02.jpgts_zionote03.jpg 豊富な入出力端子を用意した

 デジタル入力は、USB、光デジタル、同軸デジタル、AES/EBU、I2Sの5系統。出力はアンバランス、バランス(XLR)、ヘッドフォンの3系統。アップル製のリモコン(Apple Remote、別売)を使い、入力切替や音量調節、電源操作などが行える点も特長となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.