ニュース
» 2013年09月18日 18時05分 UPDATE

いちから作りました:ファイナル、自社開発BA型ドライバーを搭載した低価格モデル「Heaven II」

ファイナルオーディオデザインは、バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載するカナル型イヤフォン「Heaven II」を発売する。

[ITmedia]

 ファイナルオーディオデザインは9月18日、バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載するカナル型イヤフォン「Heaven」シリーズの新製品として、シングルドライバーのエントリーモデル「Heaven II」を発表した。オープンプライスで9月下旬に発売する。店頭では7980円前後になる見込みだ。

ts_heaven03.jpgts_heaven02.jpg 「Heaven II」はブラックとブルーグレイの2色

 同社のBA型イヤフォンは、これまで1万円台半ばの「Heaven IV」が最安値だったが、今回はその半分程度にまで売価を抑えることに成功した。その要因は、自社開発による新型BAドライバー。独自のBAM(Balancing Air Movement)機構と組み合わせ、「シングルドライバーとは思えない、奥行きのある空間表現と豊かな低音再生を実現した」(同社)という高コストパフォーマンスモデルだ。感度は112dB、インピーダンスは16オーム。

ts_heaven01.jpg 自社開発のバランスド・アーマチュア型ドライバー。ファイナルも数少ないBA型ドライバー製造メーカーの1社となった

 筐体(きょうたい)はステンレスの切削加工で、表面はバレル仕上げ。カラーバリエーションは、ブラックとブルーグレイの2色を用意した。

 ケーブルは絡みにくく、タッチノイズも抑えるフラットタイプを採用(長さは1.2メートル)。イヤーチップには、遮音性の高いタイプと共振音の少ないタイプの2種類を用意しており、いずれのタイプもS/M/Lの3サイズが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう