ニュース
» 2013年10月08日 22時31分 UPDATE

プロジェクター内蔵のタブレット、ITSLab「PEACOCK(仮名)」

ITSLabとピクソンがプロジェクターを内蔵したAndroidタブレット「PEACOCK(仮名)」を開発。10月9日から東京ビッグサイトで行われる「スマートフォン&タブレット2013秋」で展示する。

[ITmedia]

 電子機器の企画開発/販売を手がけるITSLab(アイティーエスラボ)は、ピクソンと共同開発したプロジェクター搭載のタブレットPC「PEACOCK(仮名)」を12月中旬に発売する。予価は5万9800円。10月9日から東京ビッグサイトで開催される「スマートフォン&タブレット2013秋」で展示する予定だ。

ts_istlab03.jpg 利用イメージ

 LED光源のピコサイズプロジェクターを内蔵した7.9インチAndroidタブレット。通常のプロジェクターと異なり、ボタン1つでアプリ画面などを大画面で楽しめるのが特長だ。6000mAhの内蔵バッテリーで約150分の連続投影が行える。

 プロジェクターの画素数は854×480ピクセルで、画面輝度は約80ルーメン。内蔵フラッシュメモリやmicroSDカードに保存した動画や静止画、PDF、Microsoft Officeファイルなどを再生できるほか、HDMI入力にも対応しているため、外部機器と接続してテレビやDVDの映像を投影することも可能だ。本体上部には2ワット出力のスピーカーも備えた。本体サイズは、204.96(幅)×140.91(奥行き)ミリ。

 なお、同社ではプロジェクターを生かせる独自アプリの開発も予定している。まずは、天井に投影するプラネタリウム、子ども向けの絵本アプリをリリースする予定だ。

ts_istlab02.jpg プラネタリウムアプリのイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう