ニュース
» 2013年10月23日 23時21分 UPDATE

アルミ切削のメタルボディー採用、JVCケンウッドからカナル型イヤフォン4機種

JVCケンウッドがカナル型イヤフォンの新製品4モデルを発売する。スマートフォン対応モデルもラインアップ。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは10月23日、カナル型イヤフォンの新製品4機種を発表した。アルミ切削加工の高剛性メタルボディーを採用した「HA-FX46」「HA-FR46」、および2重構造のハウジングで音漏れを抑えた「HA-FX26」「HA-FR26」をラインアップ。いずれも豊富なカラーバリエーションをそろえ、11月上旬に発売する。価格はオープン。

ts_jvc01.jpgts_jvc02.jpg 「HA-FR46」のゴールド(左)、「HA-FR26」のグリーン(右)

型番 HA-FX46 HA-FR46 HA-FX26 HA-FR26
ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 8〜2万4000Hz 8〜2万3000Hz
インピーダンス 16オーム
感度 101dB/mW
カラー レッド、ピンク、ブルー、ホワイト、ブラック、ゴールド レッド、ホワイト、ブラック、ゴールド レッド、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、ライトブルー、ブルー、バイオレット、ホワイト、ブラック レッド、ピンク、グリーン、ブルー、ホワイト、ブラック
実売想定価格 3000円前後 3500円前後 2000円前後 2500円前後
発売日 11月上旬
ts_jvc03.jpg 耳にぴったりと収まるよう、ハウジング上にラバー素材の「フィットサポート」を装備している

 「HA-FX46」「HA-FR46」は、磁力の強いネオジウムドライバーユニットを搭載。その性能を引き出すため、制振性に優れたアルミ切削ハウジングを採用した。また低域の量感を高めるバスポートを装備。「高精細、かつ重低音」を実現したという。

 HA-FR46は、スマートフォン対応のマイク付きリモコンを装備。ハンズフリー通話や楽曲再生操作、ボリューム操作が行える。両モデルともコードは強度の高い2ミリ径で、1.2メートルのY型。4サイズ(XS、S、M、L)のシリコンイヤーチップが付属する。

 一方の「HA-FX26」「HA-FR26」は、ハウジング部をインナーボディーとアウターボディーの2重構造とし、音漏れを低減。デオジウムドライバーユニットを搭載し、「パワフルな低域から繊細な中高域まで」再生するという。コードは同じく2ミリ径の1.2メートルY型。HA-FR26はスマートフォン対応のマイク付きリモコンを備えている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう