ニュース
» 2014年01月14日 22時05分 UPDATE

2つの空気室を設けた“重低音”イヤフォン、エレコムから

エレコムより、13.6ミリという大口径ドライバーと独自構造により重低音再生を実現したカナル型イヤフォンが登場。

[ITmedia]

 エレコムは、重低音が特長のカナル型イヤフォン2シリーズを発表した。3極ミニプラグ対応のAV機器対応モデル「EHP-CA3570シリーズ」とスマートフォン対応の4極ミニプラグのモデル「EHP-CS3570シリーズ」を1月中旬に発売する。価格は「EHP-CA3570シリーズ」が税込み4420円、「EHP-CS3570シリーズ」が税込み5040円。

PhotoPhoto 「EHP-CA3570シリーズ」(写真=左)と「EHP-CS3570シリーズ」(写真=右)

 独自設計のチャンバー(空気室)を2つ設け、重低音再生を実現する「GrandBass System」を採用。13.6ミリ径のダイナミック型ドライバーは、振動板の表裏にマグネットを配置する「前置きマグネット方式」により、ドライバーの磁束漏れを防ぐとともに振動スピードを速めたという。

 EHP-CS3570シリーズは、通話にも利用できるコンデンサーマイク付き。マイク内蔵リモコンスイッチは着信応答/通話終了やボリューム調整が行える。

 ケーブルは、1.2メートル長のフラットタイプ。このほかコードキーパーや携帯に便利な専用ポーチ、3サイズのイヤーキャップが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう