ニュース
» 2014年01月17日 23時52分 UPDATE

ソニー、クレードルが付属するポータブルラジオレコーダー「ICZ-R100」

ソニーから、ラジオ番組の録音/再生やICレコーダー機能を備えたポータブルラジオレコーダー「Rシリーズ」の新機種「ICZ-R100」が登場。便利なスピーカークレードルも付属する。

[ITmedia]

 ソニーは、ポータブルラジオレコーダー「Rシリーズ」の新機種「ICZ-R100」を2月8日に発売する。ラジオの録音/再生に加え、ポータブルICレコーダーとしても利用できる。価格はオープンプライスで、予想実売価格は2万円前後となっている。

Photo ポータブルラジオレコーダー「ICZ-R100」

 現行機種「ICZ-R51」からデザインコンセプトや基本機能を継承しつつ、約47(幅)×112.6(高さ)×13.7(奥行き)ミリ、重量約84グラムというポケットサイズを実現したポータブルラジオレコーダー。8Gバイトのメモリを内蔵し、リニアPCMで最長約12時間、MP3なら最長357時間の録音が可能だ。また、メモリースティックマイクロ(M2)/microSDカードスロットを備えており、ストレージの追加も容易。

 ICZ-R51と同様、AM/FMラジオで最大20番組の予約が可能な「タイマー予約録音」、時報に合わせて時計を補正してラジオ番組の録音のズレを防ぐ「時刻補正」、3つまで登録できる「お気に入りラジオ局ボタン」といった機能を装備。一方、リニアPCM録音が44.1kHz/16bitに対応したほか、マイク録音時に「会議」「コンサート」といったシチュエーションに合わせてマイク感度を自動設定する「おまかせボイス」など、ICレコーダーの機能としてはICZ-R51から進化した部分もある。

ts_sonyicrec02.jpgts_sonyicrec03.jpg リニアPCM録音が高音質化するなど、ICレコーダーとしての機能も進化した

 さらに本体を充電しながらラジオが聴けるスピーカー内蔵クレードルが付属。背面にFM/AM受信用のアンテナケーブルを接続できるため、電波状況の悪い場所でも、安定したラジオ受信が可能になる。AM受信用のループアンテナ、およびFMラジオアンテナケーブルが付属する。

ts_sonyicrec04.jpgts_sonyicrec05.jpg クレードルのサイズは、約134(幅)×67.5(高さ)×74(奥行き)ミリ。重量は約262グラム

関連キーワード

ラジオ | レコーダー | ソニー | 録音 | クレードル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.