ニュース
» 2014年02月20日 21時17分 UPDATE

フジテレビ、同社初のハイブリッドキャスト対応番組「人狼〜嘘つきは誰だ?〜」を放送

フジテレビジョンは、同社初のハイブリッドキャスト対応番組となる「人狼〜嘘つきは誰だ?〜 village05」を3月7日の深夜(8日早朝)に放送する。

[ITmedia]

 フジテレビジョンは2月20日、同社初のハイブリッドキャスト対応番組となる「人狼〜嘘つきは誰だ?〜 village05」を3月7日の深夜(8日早朝)に放送すると発表した。

ts_fujihybrid01.jpg

 心理ゲーム「人狼」を題材にした“心理トークバトル番組”。ハイブリッドキャスト技術のほかにデータ放送などとも連動し、スマートフォンやPCをセカンドスクリーンとして利用するさまざまな企画を用意する。例えば、誰がゲーム内の追放会議で追放されるかを予想し、正解率に応じて視聴者全員に「お宝動画」をプレゼントする「追放者予想クイズ」、動画コンテンツのプレゼントが当たる「CM連動スロットゲーム」、人狼のカードゲーム「人狼〜嘘つきは誰だ?〜カードバトル」が抽選でプレゼントされる「CM連動フリックゲーム」など。放送日時は、3月7日の深夜25時30分〜26時45分(8日の午前1時30分から2時45分)。フジテレビのほか、系列の東海テレビ、テレビ静岡、山陰中央テレビでも放送する。

 ハイブリッドキャストは、NHK放送技術研究所が開発し、2013年3月にIPTVフォーラムで規格化された放送と通信の連携サービス。6月に発足した「次世代放送推進フォーラム」(NexTV-F)でも、4K/8Kとハイブリッドキャストによるスマート化を“両輪”として推進するとしている。

ts_fujihybrid02.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.