ニュース
» 2014年04月25日 16時04分 UPDATE

航空力学を応用した5枚羽根搭載――±0から新型扇風機

±0は。航空力学を応用した特殊5枚羽根を採用する扇風機の新製品「Y620」を発売する。

[ITmedia]

 ±0(プラスマイナスゼロ)は4月25日、扇風機の新製品「Y620」を発表した。DCモーターの採用に加え、新開発の5枚羽根で「より遠くまで風を届ける」。ベージュとブラウンの2色を5月上旬から販売する。予定売価は1万8000円(税別)。

ts_plus03.jpg ベージュとブラウンの2色

 日本電産の技術者が全面協力。航空力学を応用した特殊5枚羽根を開発した。従来は厚さが均一の羽根を使用していたが、今回は揚力の得やすい翼断面を採用。枚数をいたずらに増やすのではなく、効率優先で5枚としながら、より進角は大きくなった。

 羽根の先端部には補助翼(ボルテックスジェネレーター)を備え、乱流を抑えることで風きり音を低減。消費電力も2〜3割少なくなったという。消費電力は28ワット(最大風量時)。また羽根の中央部には別の補助翼を追加し、風の流れに変化を持たせることで風の引き込み効果(コアンダ現象)を発生。従来より遠くまで風を届ける仕組みだ。

 羽根の前にある“ガード”も進化した。40度の角度を持つ“非対称斜めガード”として送風時の抵抗を低減している。

ts_plus04.jpgts_plus01.jpg ガード(左)。デザインはシンプル(右)

 このほか、オンタイマーやスリープタイマーも搭載。約90度の上向きを可能になり、サーキュレーター代わりに利用することもできる。

 本体サイズは、354(幅)×820(高さ)×310(奥行き)ミリ。リモコンが付属する。

関連キーワード

扇風機 | 航空機 | ±0 | DCモータ | デザイン | 日本電産


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.