ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「±0」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「±0」に関する情報が集まったページです。

STマイクロ STTS22H:
省電力機能を持つ、測定精度±0.25℃の温度センサー
STマイクロエレクトロニクスは、省電力モードを備える、測定精度±0.25℃の温度センサー「STTS22H」を発表した。消費電力は、1Hz ODR動作時に2.0μA、ワンショットモードでの周期的な測定時に1.75μAとなる。(2019/12/11)

SMK PB-F2シリーズ:
車載機器用フローティング基板対基板コネクター
SMKは、車載用機器向けの基板対基板コネクター「PB-F2」シリーズを発表した。フローティング構造を採用し、XY方向に±0.5mm、Z方向に+0.5mm可動するため、基板間の位置ずれを吸収する。(2019/12/10)

日本航空電子工業 AX01シリーズ:
フローティング可動量±0.5mmの基板対基板コネクター
日本航空電子工業は、10GBASE-KR、PCIe Gen3相当の8Gビット/秒を超える高速伝送に対応した、内装用フローティングタイプ基板対基板コネクター「AX01」シリーズを発売した。2点接点構造を採用し、接触信頼性を高めた。(2019/10/18)

TDK AVRH10C221KT1R5YA8:
車載用Ethernet向け高ESD耐量チップバリスタ
TDKは、車載用のEthernet向け高ESD(静電気放電)耐量チップバリスタ「AVRH10C221KT1R5YA8」を発表した。高精度積層技術に加え、製造プロセスや設計の最適化により、静電容量範囲1.5±0.13pF、ESD耐量25kVを達成している。(2019/10/8)

FAニュース:
可搬重量16kg、リーチ900mm、位置繰り返し精度±0.05mmの協働ロボット
Universal Robotsは、可搬重量16kgの協働ロボット「UR16e」を発売した。リーチが900mmで、位置繰り返し精度が±0.05mmの能力を備え、重量物の搬送やハンドリング、マシンテンディングなどの自動化の用途に適している。(2019/10/4)

旭化成エレクトロニクス:
軸貫通配置で誤差±0.1度の磁気式回転角度センサー
 旭化成エレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、2極着磁磁石の横に置く「Off Axis配置」でも誤差±0.1度の高精度を実現した磁気式回転角度センサー「AK7454」や、AR/VRのコントローラーに活用できる3D磁気センサー「AK09940」などを展示した。(2019/5/9)

TECHNO-FRONTIER 2018レポート:
高効率なモーター開発を支える、横河の最新計測器
横河計測は「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)」で、より高効率のモーター開発を支援する最新の計測器を展示した。±0.04%の電力基本確度を持つパワーアナライザーや、SiCインバーター回路の測定など向けに、多点測定が行えるアナログ8チャンネルオシロ、CAN FD信号からアナログ信号をリアルタイムでデコードできる新モジュールなどが並んだ。(2018/4/20)

基本確度±0.02%:
独特の形状が生んだ高確度測定、日置の電流センサー
日置電機は、貫通型電流センサーの最新製品「CT6904」を発表した。±0.027%の確度と、DC〜4MHzの広い測定帯域を実現している。(2018/2/27)

FAニュース:
多品種少量生産の完全無人化に対応する同時5軸制御横形FMS
キタムラ機械は、無人化対応の同時5軸制御横形FMS「SUPERCELL HX300G」を発売した。長時間加工でも位置決め精度±0.002mm、繰り返し精度±0.001mm、割り出し精度4秒の高精度加工が可能になった。(2018/2/26)

アナログ・デバイセズ LTC2992:
±0.3%の精度で電流、電圧を測定する電力モニター
アナログ・デバイセズは、±0.3%の精度で電流、電圧を測定する電力モニター「LTC2992」を発売した。追加回路を使用せず、2つの0〜100Vの電源レールの電流、電圧および電力をモニターできる。(2017/11/15)

TDK C33、C39シリーズ:
車載、IoT機器用の小型MEMS圧力センサーダイ
TDKは、±0.35%の長期精度安定性を備えた小型MEMS圧力センサーダイを発表した。1×1×0.4mmの「C33」シリーズと0.65×0.65×0.24mmの「C39」シリーズの2種で、車載機器やIoT(モノのインターネット)機器、民生機器に適している。(2017/11/7)

FAニュース:
切断速度を従来機比3倍に高速化した超硬丸のこ切断機
ノリタケカンパニーリミテドは、切断速度を従来機の3倍に高速化した超硬丸のこ切断機シンカットマスター「NCS-7/80」を発売した。加工物の切断精度は±0.1mm以内にし、機械幅を10%削減した。(2017/6/19)

将来の自動運転も視野に:
TMR角度センサー、最大角度誤差は±0.05度
TDKは、デジタル出力方式のTMR(Tunnel Magneto Resistance)角度センサーを開発し、サンプル品の出荷を始めた。車載システムや産業機器などの用途において、高い精度を必要とする角度センシングのニーズに応えていく。(2017/6/19)

FAニュース:
測定精度が従来比30%向上したパワーアナライザを発売
横河メータ&インスツルメンツは、プレシジョンパワーアナライザ「WT1800E」シリーズを発売した。商用周波数50/60Hzにおいて、電力基本確度が従来機種の±0.15%から±0.1%に向上した。(2016/9/6)

4色カラバリ:
±0、幅を20センチちょっとに抑えたコンパクトな卓上扇風機
±0は、新作の卓上扇風機「コンパクトファンA220」を4月中旬に発売する。価格は4000円(税別)。4色カラバリで、”すっきり”としたデザインが特徴だ。(2016/4/14)

光沢のある掃除機:
±0、1時間の連続運転を可能にした「コードレスクリーナー ver.2」
±0(プラマイゼロ)が「コードレスクリーナー ver.2 A020」を発表した。「標準」モードで最長約70分の連続運転を可能にしたほか、光沢のある新カラーを採用。「空間に調和しながらも高級感を感じさせる美しい外観」を目指した。(2016/1/27)

富士通コンポーネント FCN-290形:
基板投影面積「業界最小」0.4mmピッチコネクター
富士通コンポーネントは、端子ピッチ0.4mmのフローティングコネクター「FCN-290形」を開発した。フローティング量はXY方向±0.5mmを保証している。(2016/1/22)

オムロンがデモ展示:
±5cmを検知するセンサーは何に応用できるのか
オムロンは、2016年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催された「ウェアラブルEXPO」で、±5cmに相当する±0.6Paの気圧変化を検知する「絶対圧センサー」を展示した。(2016/1/22)

見守りやフィットネス分野向け:
オムロン、高低差±5cmを検知するセンサーを発表
オムロンは2016年1月12日、±5cmに相当する±0.6Paの気圧変化を検知する「絶対圧センサー」の量産を開始すると発表した。従来製品と比較して約10倍の高精度化を実現したという。同製品は、2016年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催される「ウェアラブルEXPO」で展示予定だ。(2016/1/13)

FAニュース:
垂直案内に空気軸受を搭載した高精度垂直軸テーブル
日本精工は、駆動モータを小型化し、真直度の再現性が±0.1μm以下と高精度な位置決めが可能となった、垂直軸テーブルを開発した。(2016/1/4)

3色カラバリ!:
±0、シンプルなデザインのコードレス電話機を発売
±0から新デザインの「DECTコードレス電話機」(Z040)が登場した。ホワイト、グリーングレー、ブラックという3つのカラーバリエーションを用意。(2015/12/7)

3色カラバリ!:
「静かに佇む水瓶」をイメージ、±0からアロマポット付きスチーム式加湿器の新製品
プラマイゼロから新型スチーム式加湿器「Z210」が登場。アロマポット付きで好きな香りを楽しめる。(2015/11/30)

自動運転技術:
既存のETC車載器でGPSよりも高精度の測位を実現、自動運転技術に適用へ
沖電気工業は、ITS(高度道路情報システム)の路側機に「電波到来方向推定技術」を適用することで、既存のETC車載器を持つ車両や歩行者の位置を検出できる「次世代ITS路側インフラ無線技術」を開発した。±0.5mとGPSよりも高い位置精度を実現可能で、自動運転技術への適用を検討している。(2015/11/18)

ビシェイ TNPV e3シリーズ:
動作電圧最大1000Vの高電圧薄膜フラットチップ抵抗器
ビシェイ・インターテクノロジーは、高電圧薄膜フラットチップ抵抗器「TNPV e3シリーズ」を発表した。1ppm/V未満の電圧係数、±0.1%の許容差、±10ppm/Kの温度係数などの精密特性と、1000Vまでの高動作電圧を備えた。(2015/7/10)

TECHNO-FRONTIER 2015:
“コンマ数パーセント”が問われるモータ/インバータの効率改善に効く基本確度±0.04%の電力計
横河メータ&インスツルメンツはTECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」で、「業界最高の電力基本確度」(同社)という電力計を展示した。(2015/5/21)

FAニュース:
最大4点の電流入力に対応した高精度電力測定器を発売
横河メータ&インスツルメンツは、電力基本確度±0.04%の高精度電力測定器、プレシジョンパワーアナライザ「WT3000E」を発売した。太陽光で発電された直流電力やインバータの直流入力・交流出力などをより正確に測定できる。(2015/3/25)

横河メータ&インスツルメンツ WT3000E:
電力基本確度±0.04%を実現、測定範囲も拡大したパワーアナライザ
横河メータ&インスツルメンツは、電力基本確度が±0.04%と高いプレシジョンパワーアナライザ「WT3000E」を発売した。家電製品や産業機器、EV/HEV、太陽光発電装置など、より高精度の電力測定が要求される用途に向ける。(2015/3/13)

±0からイヤフォン登場、日本の伝統色をベースにした2つのデザイン
デザイン家電を手がける±0は、カナル型イヤフォン「X110」と「X010」を発表した。シンプルなデザインと日本の伝統色をベースにしたというカラー展開が特長だ。(2015/1/27)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
±0.5度で設定した温度にぴったり寄り添う――デロンギの新世代暖房器具「MD HEATER」
従来の暖房機が抱えていたジレンマを打ち破った先進的なヒーター「MD HEATER」が登場した。一度快適な温度に設定したら、ほとんど温度変化を生じさせない快適な暖房器具だ。(2014/11/21)

FAニュース:
富士電機、グローバルスタンダード温度調節計3機種を発売
入力サンプリング周期(処理速度)を従来機種の10倍となる50msに高速化。入力精度も従来の±0.5%から±0.2%に向上し、きめ細かな制御ができる。簡易電力量モニタ機能も搭載した。(2014/11/11)

TECHNO-FRONTIER 2014:
−40〜85℃の使用温度範囲を実現、クランプ式電流センサー
日置電機は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、使用温度範囲が−40〜85℃と広く、基本振幅確度が±0.3%と高い、クランプ式AC/DC電流センサー「CT6841/CT6843」をデモ展示した。(2014/7/25)

2年かけて開発:
プラマイゼロ、シンプルなボディで力強く吸引する「±0コードレスクリーナーY010」
プラマイゼロは7月10日、リチウムイオン充電池を搭載したハンディタイプ掃除機「±0コードレスクリーナーY010」を9月下旬に発売すると発表した。価格は1万8000円(税別)の予定。(2014/7/10)

航空力学を応用した5枚羽根搭載――±0から新型扇風機
±0は。航空力学を応用した特殊5枚羽根を採用する扇風機の新製品「Y620」を発売する。(2014/4/25)

FAニュース:
小野測器、計測精度を高めたフランジ型高剛性トルク検出器「TQ-1000G」シリーズ
従来機種と比較して計測精度を高め、ヒステリシスを含む非直線性を±0.02%/FS以下に向上した。(2013/8/15)

京セラ 温度特性フリーエタロンフィルタ:
光通信向けエタロンフィルタ、波長変動は従来比1/36の±0.15pm/℃
京セラのエタロンフィルタは、ある素材と水晶を接合することで、±0.15pm(ピコメートル)/℃の温度特性を実現している。この温度特性は、水晶のみを使用した同社従来品に比べて、約1/36の値になる。さらに、素材と水晶の接合に、原子拡散接合法と呼ばれる新しい方法を採用しており、これによってエタロンフィルタの信頼性が向上したという。(2012/12/13)

ビシェイ CS44シリーズ:
ワイヤボンド式薄膜チップ抵抗器、1mm角で最大100MΩ
CS44シリーズは、クロムシリコン製の薄膜抵抗素子を用いた抵抗器である。±50ppm/℃のTCRや±0.5%の許容差を実現しており、産業、医療、軍事といった高い信頼性を求められる分野に向ける。(2012/10/22)

電子部品 タイミングデバイス:
「数年前の不可能が今現実に」、周波数精度±0.1ppmのMEMS発振器が量産へ
MEMSタイミングデバイスを手掛けるSiTimeは、恒温槽付水晶発振器(OCXO)の置き換えを狙ったMEMS発振器を発表した。シリコン(Si)材料を使って、OCXOに相当する品種を実用化するのは難しいという一般的な認識を覆した製品だ。温度を一定に保つ恒温槽は使わない。(2011/11/15)

水晶デバイス TCXO:
TCXOながらOCXOに匹敵、日本電波が精度±0.1ppmの発振器発売
日本電波工業は、TCXOながら、恒温槽付水晶発振器(OCXO)に匹敵する周波数安定度を実現した発振器を開発した。(2011/6/24)

Interview:深澤直人 ±0新プロダクトと新ショールーム
家電雑貨ブランド「±0」の新たなショールームが2011年2月にオープンした。場所は、東京・原宿のキャットストリート。オープンしてまもなく、新ショールームと新プロダクトのデザインを手掛けた深澤直人氏に話を聞いた。(2011/5/12)

±0、ヤマハとコラボの電動自転車を限定発売
±0とヤマハのコラボレートによる電動ハイブリッド自転車が登場。スーパーの買い物カゴをセットしたオリジナルモデルで20台の限定発売だ。(2008/10/28)

“コロン”とかわいい深澤直人デザインの扇風機「Fan」 ±0から
プラマイゼロは、深澤直人氏のデザインによる扇風機「Fan」を発売した。羽根だけでなくモーター部分も網で覆い、“コロン”とキュートなデザインに。(2008/5/9)

Kスタで「INFOBAR 2」先行展示イベント開催──31日から
東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオで、INFOBAR 2の先行展示イベントが行われる。端末のタッチ&トライコーナーを設けるほか、デザイナーの深澤直人氏らによるトークショー企画や“±0”コラボストラップの先行限定販売などを行う。実施期間は2007年10月31日から11月29日。(2007/10/30)

±0、シンプルデザインのカラフルなヒーター「Heater」
±0(プラスマイナスゼロ)は、シンプルデザインのセラミックファンヒーター「Heater」を12月に発売する。レッド、ディープグリーン、ブルーの3色をラインアップ。(2007/10/23)

ひとりひとりにちょうどいい、±0の新作デザイン家電
デザイン家電の「±0」が新製品群を発表。小ぶりでカラフルなヒーター、スリムでも存在感たっぷりのトースターなど、「ひとりひとりにちょうどいい」家電たちだ。(2007/6/6)

JR品川駅に「±0ショップ」が期間限定オープン
プラスマイナスゼロは、JR品川駅構内にある「ecute品川」に±0ショップを期間限定でオープンする。(2007/1/26)

+D Style News:
±0、シンプルデザインの卓上電卓を発売
プラスマイナスゼロは2006年10月に発表したシンプルな卓上電卓「Electronic Calculator/M」を近日販売する。(2007/1/22)

±0、パンチングメタルの空気清浄機を青山本店で先行販売
プラスマイナスゼロは、直営店の「±0青山本店」と±0受注センターで11月11日から空気清浄機の先行販売を実施する。(2006/11/8)

±0、デザイン家電の“3rd collection”を発表
デザイン家電の「±0」がコレクション第3弾を発表した。今回の新製品は、空気清浄機と加湿器、電卓。そして「2.5R」という新シリーズ名が与えられたコンパクトな卓上アイテムの数々だ。ちなみに「R25」とは無関係。(2006/10/7)

ペナルティエリアでW杯観戦? ±0が「サッカーマット」キャンペーン
プラマイゼロは4月8日から7月31日までの期間中、「サッカーマットプレミアムキャンペーン」を実施する。液晶テレビなどに同封されているはがきで応募すると、先着400名にサッカーグラウンドを模した「サッカーマット/C」をプレゼント。(2006/3/31)

インタビュー:
生活に“なじむ”デザインを――23年目の「it's」
三洋電機の「it's」は統一されたシンプルなスタイルを持ち、デザイン家電の先駆者ともいえる存在。デザイン家電というと最近ではAmadanaや±0などが注目されるが、今年で23年目を迎える同シリーズは何を掲げ、現在に至ったのか。担当者に話を聞いた。(2006/3/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。