ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FAニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

FAニュース:
「作業服、脱げぬ老後の、二千万」――第6回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2019年10〜12月にかけて募集していた「第6回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「作業服、脱げぬ老後の、二千万」が受賞した。(2020/1/24)

FAニュース:
東京の中心からモノづくり革新を発信、オムロンがFA共創拠点を品川に開設
オムロンは2020年1月22日、東京に製造現場の課題を顧客と共に解決する拠点「オートメーションセンタ TOKYO(ATC-TOKYO)」をグランドオープンした。2年間で同拠点を通じた受注額55億円を目指す。(2020/1/23)

FAニュース:
コグネックスがOPC UA対応のソフトウェア提供、その他のネットワーク対応も強化
コグネックスは、「In-Sight Explorer」ソフトウェアの最新版「In-Sight Explorer 5.8.0」を発売した。工場内のデバイスをつなぐ効率的でセキュアな高速通信のためのプロトコルOPC Unified Architectureをサポートする。(2020/1/23)

FAニュース:
高い動作性能を持つ水平多関節型スカラロボット、小型部品の組み立てや搬送用途で
安川電機は、水平多関節型スカラロボット「MOTOMAN-SG400」「MOTOMAN-SG650」を発売した。高速なサイクルタイムが求められる小型部品の組み立てや搬送、仕分け、検査などに適している。(2020/1/22)

FAニュース:
遠隔操縦と自動化の組み合わせが可能なグラインダーロボットシステム
川崎重工業は、遠隔操縦型のグラインダーロボットシステム「Successor-G」を発表した。各種作業の遠隔操縦と自動運転を組み合わせて、製造ラインを自動化できる。また、画像処理で仕上げ状況を自動判定することで、品質の安定化が図れる。(2020/1/20)

FAニュース:
少量多品種生産でも11万5000CPHを実現、ヤマハ発動機が新実装機を投入
ヤマハ発動機は2020年1月10日、表面実装機の新製品「YRM20」を同年4月1日に発売すると発表した。同社主力となる中級クラス帯の新シリーズとなり、自動車や産業機械、PCなど段取り替えが必要な少量多品種製品の工場に対し、年間500台の販売を目指す。(2020/1/15)

FAニュース:
T型回路構造を採用したMOS FETリレーモジュール、メンテナンス頻度削減を実現
オムロンは、T型回路構造を採用したMOS FETリレーモジュール「G3VM-21MT」を発売した。漏れ電流を1pA以下と極小化し、高精度での測定と試験装置のメンテナンス頻度の低減を両立した。(2020/1/10)

FAニュース:
複雑な作業を自動化する、協働ロボット内蔵型の画像処理ソフトウェア
キヤノンは、デンソーウェーブの協働ロボット「COBOTTA」に内蔵できる画像処理ソフトウェア「Vision Edition-C」を発表した。産業用カメラなどと組み合わせることで、これまで人手が必要だったピッキングや高度な点検作業を自動化する。(2020/1/9)

FAニュース:
AIとIoTで生産性を従来比35%向上、形彫放電加工機の新シリーズ
三菱電機は、AIによる新適応制御技術を搭載した形彫放電加工機「SG8」「SG12」を発売した。リアルタイムで加工状態を把握し、状態に合わせて自動で制御を切り替えるため、生産性を従来機比で最大35%向上する。(2020/1/7)

FAニュース:
アマダ、高速・高機能ベンディングマシンを日米同時発売
アマダは、高速・高機能ベンディングマシン「HRB」「HRB-ATC」シリーズを日米同時に発売した。操作性を向上し、全自動金型自動交換装置を搭載している。(2020/1/6)

FAニュース:
アルミニウムと鋼板を接合できる溶接システム、ランニングコスト抑制に貢献
ダイヘンと古河電気工業は、アルミニウム合金と亜鉛メッキ鋼板の異材接合が可能なレーザー・アークハイブリッド溶接システムを共同開発した。現状の溶接ライン設備が流用でき、特殊な材料も不要なため、ランニングコストが抑えられる。(2019/12/27)

FAニュース:
信号灯に10秒で取り付け可能、稼働監視機能を付加できる無線IoTセンサー
コンテックは、積層信号灯に後付けして稼働監視機能を付加できる無線IoTセンサー「CPS-PAV」シリーズの受注を開始した。計測機となる子機は信号灯に配線なしで容易に取り付けられ、設定画面で子機IDを選択するだけで、すぐに監視を開始できる。(2019/12/25)

FAニュース:
3つの頭脳で設備をスマート化する製品群のラインアップを強化
ジェイテクトは、設備をスマート化する「TOYOPUC-Nano」シリーズのラインアップを強化し、2020年1月より販売を開始する。CPUモジュール、安全マスター、エッジコンピュータの3つを一体化し、スマート化する。(2019/12/23)

FAニュース:
ヤマザキマザック、IoTを活用したサービスに保守診断機能を追加
ヤマザキマザックは、コネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」にファナックのロボット保守診断機能「ZDT」を追加した。Mazak iCONNECT利用者は、同社の工作機械や連結ロボットを含む生産システム全体の保守サービスが受けられるようになる。(2019/12/20)

FAニュース:
大型ワークを移載できる防爆仕様ハンドリングロボット
安川電機は、可搬質量45kg、最大リーチ2850mmで防爆仕様のハンドリングロボット「MOTOMAN-MHP45L」を発売した。揮発性のある塗料を使用する塗装エリア内での使用に対応している。(2019/12/18)

FAニュース:
特殊メッキ処理を採用し、食品製造ラインに導入可能な人協働ロボット
安川電機は、食品業界向けの人協働ロボット「MOTOMAN-HC10DTF」を発売した。表面に特殊なメッキ処理を施し、H1認証を取得した食品グリスを採用するなど、食品製造ラインで求められる安全性や衛生面に配慮したロボットとなっている。(2019/12/17)

FAニュース:
防じん、防滴仕様の人協働ロボットを発売、可搬質量20kgで最大リーチ1700mm
安川電機は、人協働ロボットの新製品「MOTOMAN-HC20DT防じん・防滴仕様」を発売した。ちりやほこり、液体の混入などが想定される過酷な環境へ対応しながら、可搬質量を20kgに向上させた。(2019/12/16)

FAニュース:
ミネベアミツミとルネサスが中小型高精度モーターで協業、小型化や開発期間短縮
ミネベアミツミとルネサス エレクトロニクスは2019年12月11日、共同でレゾルバ(角度センサー)付きステッピングモーターとレゾルバモーター制御ソリューションを新開発したと発表した。(2019/12/12)

FAニュース:
耐環境性を高めた新型空気圧縮機、クラウドで監視し工場稼働に合わせ柔軟に稼働
日立産機システムは、吐き出し空気量と耐環境性を向上した新型空気圧縮機「G」シリーズを発表した。空気量を自動で低減し、高温下でも連続運転できるほか、24時間監視サービスの機能が拡張されており、工場の安定稼働に貢献する。(2019/12/12)

FAニュース:
現品から識別可能な製造業向けAIソリューション、AI検査を容易に
エイムネクストは、部品、製品の識別や簡易検査が可能な製造業向けAIソリューションの提供を開始した。現品票がない部品でも、現品からその場で簡単に識別し、情報を取得できるため、識別番号の特定作業などを削減する。(2019/12/11)

FAニュース:
性能を維持しつつ小型化したCBNカムシャフト研削盤、スペース生産性を1.5倍向上
ジェイテクトは、TOYODAカムシャフト研削盤の新製品として、CBNカムシャフト研削盤「GC20S」「GL32S」を発売した。従来機の機能や性能はそのままに機械を小型化しており、工場スペースの有効活用に貢献する。(2019/12/10)

FAニュース:
複合加工機と組み合わせる次世代ロボットシステム、自動化システム構築を容易に
オークマは、次世代ロボットシステム「ARMROID」「STANDROID」の機能向上や他機種への展開について発表した。複合加工機との融合でワークの可搬重量や寸法が拡大し、周辺装置の機能拡張により、さらに自動化システムを構築しやすくなった。(2019/12/9)

FAニュース:
省スペースで大きな加工エリアを持つ高精度立形マシニングセンタ
オークマは、大きな部品の加工に適した高精度立形マシニングセンタ「MB-80V」を開発した。省スペースながら大きな加工エリアを有し、半導体製造装置や自動車金型の大型化に対応する。(2019/12/6)

FAニュース:
工場での5G活用実証へ、カメラやセンサーからリアルタイムでデータ収集
住友電工とソフトバンクは、工場における5G活用のための実証実験実施について合意した。5Gを活用して設備の稼働状況などに関する膨大なデータをリアルタイムに収集し、生産性と安全性の向上を目指す。(2019/12/5)

FAニュース:
安全計装システムの機能強化で、プラントの長期安全操業を支援
横河電機は、安全計装システム「ProSafe-RS」の機能を強化した「ProSafe-RS R4.05.00」を発表した。自社開発MPUを搭載したプロセッサモジュールにより、プラントの長期安定稼働に貢献する。(2019/11/29)

FAニュース:
マイクを使って非接触の設備異常監視を実現、“音のプロ集団”が提案
日立パワーソリューションズは、工場や発電所で発生する騒音を常時測定することで異常の有無を監視できる「リアルタイム騒音監視システム」を発表。2022年度には、ソリューションを拡充した上で年間2億円の受注高を計画している。(2019/11/27)

FAニュース:
URが協働ロボットの機種拡大、AGV搭載モデルや産業機械組み込みモデルなど
ユニバーサルロボットは2019年11月26日、AGV(無人搬送車)やAMR(自律型モバイルロボット)への搭載に最適化したDCバッテリー駆動の協働ロボット新製品「OEM DC Model UR3e/UR5e/UR10e/UR16e」の販売を開始した。合わせてACバッテリー搭載のコンパクトモデルも用意し、こちらは工作機械など機器組み込み用途への提案を行う。(2019/11/27)

FAニュース:
加熱時間を約20%短縮する赤外線ヒータ式金型加熱器を開発、鋳造工場向け
中部電力とメトロ電気工業は、共同開発した赤外線ヒータ式金型加熱器「HIGH POWER金型加熱器TOUGH」の受注を開始した。多くの赤外線を下金型に照射できるため、加熱時間を約20%短縮。フレーム材料の変更により、耐熱性も向上している。(2019/11/27)

FAニュース:
三菱電機とNECが工場向け5Gで共同検証、“ハイブリッド5G”でスマート化を加速
三菱電機とNECは2019年11月19日、三菱電機が提案する工場向けのFA-IT統合ソリューション「e-F@ctory」における第5世代移動通信方式(5G)活用に向けた共同検証を開始することを発表した。(2019/11/25)

FAニュース:
目視や通常画像検査で検知困難な傷を、瞬時に可視化する光学検査技術を開発
東芝は、目視や通常の画像検査では検知が難しい微小な傷や異物を瞬時に可視化する、ワンショット光学検査技術を発表した。テレセントリックレンズとカラーフィルターを組み合わせることで、傷や異物の場所を色分けによって容易に検出できる。(2019/11/25)

FAニュース:
ロボットハンド搭載型3D画像センシング技術を開発、バラ積み部品の認識を高速化
オムロンは、高速で対象物を認識するロボットハンド搭載型3D画像センシング技術を開発した。約0.5秒での高速部品認識が可能で、これまで困難だったバラ積み状態の部品の組み立て工程を自動化できる。(2019/11/21)

FAニュース:
スラッジ回収システムを標準搭載した大型横形マシニングセンタ、99%の回収率
DMG森精機は、大型の横形マシニングセンタ「NHX 8000」「NHX 10000」に、クーラントタンク内のスラッジを高効率に回収する「ゼロスラッジクーラントタンク」の標準搭載を開始した。(2019/11/19)

FAニュース:
プラント向け高速制御システム、データ容量10倍の新コントローラーで性能向上
富士電機は、新開発のコントローラー「XCS-3000 Type E」を用いた「プラント・工場向け高速制御システム」を発表した。大容量のデータを高速で更新する同コントローラーを適用することで、システムの性能が大幅に向上する。(2019/11/18)

FAニュース:
産業用人協働ロボット「COBOTTA」、米国とカナダで有効な安全マークを取得
デンソーウェーブは、持ち運びのしやすさを特徴とする産業用人協働ロボット「COBOTTA」が、cTUVusマークを取得したと発表した。(2019/11/15)

FAニュース:
最大リーチ2951mmの中空スポット溶接ロボット、自動車ボディーや部品溶接に活用
安川電機は、スポット溶接用途のロボット「MOTOMAN-SP」シリーズの新製品「MOTOMAN-SP225H-135」を発売した。最大リーチが2951mmとなり、より広範囲の溶接が必要な工程に対応した。(2019/11/13)

FAニュース:
リニアモーター駆動の精密形彫り放電加工機、AI条件アドバイザーも標準装備
ソディックは、リニアモーター駆動の精密形彫り放電加工機「AL40G」「AL60G」を発売する。XYZ各軸には、自社製の高出力リニアモーターを搭載し、主軸リニアモータースライド部にはセラミックスライダーを採用している。(2019/11/12)

FAニュース:
スピードと複合加工性を両立する主軸台移動形CNC自動旋盤用ATC装置
シチズンマシナリーは、主軸台移動形CNC自動旋盤「Cincom L20XII型」用専用オプションのATC装置を発表した。B軸ツールの自動交換が可能になり、自動旋盤の速やかな加工と、複合かつ複雑な加工性を両立する。(2019/11/11)

FAニュース:
ガラス製マイクロ化学チップを安価に量産、パナソニックがレンズ生産技術を応用
パナソニックとマイクロ科学技研は、環境センシングや血液検査、製薬用装置などに用いられているガラス製のマイクロ化学チップをガラスモールド工法で量産する技術を共同開発した。従来のフォトリソグラフィーとエッチングによる工法と比べて、大量生産が可能になるとともに、約10分の1の低コスト化、約10倍の高精度化も実現できるという。(2019/11/8)

FAニュース:
生産コストを高精度に予測する技術、生産性や環境負荷を反映して最適化
三菱電機は、「環境配慮型生産コストシミュレーション技術」を開発した。生産性、エネルギー効率、環境負荷を反映した生産コストを高精度に予測できるため、生産計画者はこの予測を基に最適な生産計画や設備稼働計画を立案できる。(2019/11/8)

FAニュース:
小型自動旋盤向けツールホルダ定額利用サービス、必要なホルダを必要な時に使える
日本特殊陶業は、小型自動旋盤向けツールホルダのサブスクリプションサービス「SUISUI SWISS」を発表した。最大1000種類のホルダの中から、必要なホルダを必要な時に必要な期間だけ利用でき、費用削減に貢献する。(2019/11/6)

FAニュース:
油加工液仕様での高速加工に優れた超精密ワイヤ放電加工機
ソディックは、リニアモーター駆動の超精密ワイヤ放電加工機「AP」シリーズの新機種として「AP350L(oil)」を発売した。微細精密領域における、油加工液仕様での高速加工を可能にする。(2019/10/31)

FAニュース:
超高圧ポンプと切断装置を1つの架台上に搭載したオールインワン機
スギノマシンは、超高圧水で物体を切断加工するウオータージェットカッタシリーズのオールインワン機「アブレシブジェットカッタVARUNA」をモデルチェンジした。2020年3月に発売する予定だ。(2019/10/31)

FAニュース:
高度な制御技術とシミュレーションで大規模プラントの操業を最適化
横河電機は、操業最適化支援ソリューション「Dynamic Real Time Optimizer」の提供を開始した。高度な制御技術とシミュレーション技術によって算出した最適値を制御システムに反映させることで、大規模プラントの最適制御を支援する。(2019/10/30)

FAニュース:
ISO20430やOPC‐UAに対応する、電気式射出成形機の新シリーズ
日精樹脂工業は、電気式射出成形機のグローバル戦略機となる「NEX-V」シリーズを発表した。成形工場のIoT化を推進する新型コントローラー「TACT5」を搭載するほか、世界統一安全規格ISO20430や産業用通信の標準規格OPC‐UAなどに対応する。(2019/10/29)

FAニュース:
Edgecrossプラットフォームと計測制御機器のデータを連携するソフトウェア
コンテックは、同社の計測制御機器とEdgecrossプラットフォームのデータ連携を可能にするソフトウェア「CONTECデータコレクタ」を発表した。Edgecrossの活用範囲を広げ、さまざまな産業のIoT化促進に貢献する。(2019/10/25)

FAニュース:
検出距離最長1500mmの反射形光電センサー、色や材質の影響受けずに安定検出
オムロンは、検出距離最長1500mmの小型反射形光電センサー「E3AS」シリーズを発売した。検出距離や検出対象物の色や材質、表面状態などの影響を受けずに安定検出できる。(2019/10/23)

FAニュース:
設置面積を抑えながら大型化、リニアモーター駆動の大型形彫り放電加工機
ソディックは、リニアモーター駆動の大型形彫り放電加工機「AG200L」を発売した。各軸を拡張しながら、機械剛性を最適化した機械設計により設置面積を抑えている。(2019/10/21)

FAニュース:
中小企業向けAI外観検査サービス、先行ユーザーの募集と共同実証を開始
Ridge-iとリコーは、共同開発したAI外観検査サービスの本格展開に向け、共同実証に参加する先行ユーザーの募集を開始した。全国の中小企業の生産性向上を支援する。(2019/10/18)

FAニュース:
プッシュイン端子台採用で、統一デザインのFA用制御機器の第6弾を発売
オムロンは、商品仕様を共通のデザインで統一したFA用制御機器の低圧開閉器、DC電子式サーキットプロテクタ、プッシュインPlus端子台ソケットを発売した。(2019/10/17)

FAニュース:
金属3Dプリンタ機能を搭載した小型同時5軸マシニングセンタ、複雑な造形可能に
スギノマシンは、DED方式の金属積層造形機能を備えた、小型同時5軸マシニングセンタ「XtenDED」を発表した。小型ながら、異種材料を組み合わせた積層造形と、同時5軸制御による複雑な形状の造形が可能だ。(2019/10/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。