ニュース
» 2014年05月13日 19時24分 UPDATE

2DINナビ5モデル登場:クラリオン、自然対話型音声認識対応カーナビ「NX714」「NX614」など計4モデル/ハイレゾ対応ライトナビ「NX404」

クラリオンは5月13日、「Intelligent VOICE」(インテリジェントボイス)対応ナビ「NX714W」「NX714」「NX614W」「NX614」など計4モデルおよびハイレゾ(FLAC)対応ナビ「NX404」を発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 クラリオンは5月13日、Googleの音声認識技術などを活用した自然対話型音声認識「Intelligent VOICE」(インテリジェントボイス)対応の7型2DINカーナビ「NX714W」「NX714」「NX614W」「NX614」の計4モデルおよびハイレゾ(FLAC)ファイル再生に対応した6.2型の2DINライトカーナビ「NX404」を発表した。

 発売は、いずれも6月初旬の予定。価格はオープンだが、市場想定価格はNX714Wが12万円、NX714は11万円、NX614WとNX614は10万円、NX404が5万円(いずれも税別)だ。

hm_cl01.jpghm_cl02.jpg (写真=左から順に)7型2DINナビ「NX714W」、「NX714」。モデル型番にWがつくと、フェイスパネルが205.5ミリと通常モデルから27.5ミリ広くなり両脇に操作ボタンが配置される。自然対話型音声認識「Intelligent VOICE」(インテリジェントボイス)のイメージ画面(写真=右)

7型2DINカーナビ「NX714W」「NX714」「NX614W」「NX614」の主な特徴

  • Intelligent VOICE(インテリジェントボイス)

 Googleの音声認識技術「Google 音声検索」や位置検索技術「Google Place」を活用し、音声操作で必要な情報を得ることができる。新機能として、対話感覚の音声操作による目的地設定や電話発信などが可能になったほか、イナゴの「netpeople技術」を採用し、対話する感覚で探せるグルメ検索(ぐるなび、ホットペッパーグルメ、Yahoo! JAPANなど)を新たに提供する予定(ただし、一部は有料)。

  • Smart Access 4Car

 アプリはクラウドサーバ内に格納し、BluetoothでHTML5データを送受信。Bluetooth接続のため、スマートフォンのOSに影響されずiPhoneや、Androidなど多くのスマホで利用可能だ。接続機器の可否はクラリオンのHPで確認できる。

  • 年6回(差分更新5回、全更新1回)の地図データ更新に対応

 NX714WとNX714は利用開始日から3年間、NX614WとNX614は1年間、無料でインターネット経由でのゼンリン製地図データの更新が可能。

 NX714WおよびNX614Wの外形寸法は205.5(幅)×104(高さ)×175.3(奥行き)ミリ。重量は約2.9キログラム。NX714およびNX614の外形寸法は178(幅)×100(高さ)×185.1(奥行き)ミリ。重量は約2.9キロ。

 

6.2型2DINライトカーナビ「NX404」の主な特徴

  • 高音質ハイレゾ(FLAC)ファイル再生に対応

 オーディオ機能を強化し、H.264形式の動画ファイル再生対応やUSBメモリーに記録されたハイレゾ(FLAC)ファイルの音楽再生に対応。

  • 観光ナビ「マップルナビ4」を搭載

 地図データ(microSD 8Gバイト)は、昭文社の最新旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」の観光情報を収録した観光ナビ「マップルナビ4」を搭載、約8万件のガイド情報と約15万件のガイド写真を収録する。

hm_cl03.jpg 6.2型2DINライトカーナビ「NX404」画面イメージ

 NX404の外形寸法は178(幅)×100(高さ)×172(奥行き)ミリ。重量は約2.1キロだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.