ニュース
» 2014年05月16日 13時46分 UPDATE

東芝、ウラ録に対応したレグザのスタンダード機「G9シリーズ」を発表

東芝は液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、スタンダードモデルの「G9シリーズ」を発表した。

[ITmedia]

 東芝は5月16日、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、スタンダードモデルの「G9シリーズ」を発表した。32V型、40V型、50V型の3サイズを5月21日から順次発売する。価格はオープンプライス。

ts_50g9.jpgts_40g9.jpg 50V型の「50G9」(左)と40V型の「40G9」(右)

型番 50G9 40G9 32G9
画面サイズ 50V型 40V型 32V型
実売想定価格(税別) 13万5000円前後 7万5000円前後 5万5000円前後
発売日 5月21日 6月下旬

 2つのデジタルチューナーを搭載。USB外付けHDDを接続すれば、番組を視聴中でも裏番組を録画できる「ウラ録」が可能になる。同社のクラウドサービス「TimeOn」もサポートしており、キーワードを選ぶだけで録りためた番組の中から見たいシーンを探し出せる「みどころシーン再生」にも対応した。

ts_32g9.jpg 32V型の「32G9」

 「クリア音声」は、独自の“音源分離技術”により、メインの人の声と背景音を分離し、音声を再構築するというもの。映画やドラマではセリフを明瞭(めいりょう)に、またバラエティー番組では背景音を抑えて音声をクリアにする。深夜に小音量で視聴する際などに便利だという。特許出願中。

 このほか、部屋の明るさに応じて画質を自動調整する「おまかせオートピクチャー」や映像コンテンツごとに合わせた画質を再現する「コンテンツモード」、ゲームプレイ時の遅延を抑えた「ゲームダイレクト」といった機能を搭載した。

 HDMI入力は2系統。スマートフォンの画面を映し出せるMHLにも対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.