ニュース
» 2014年05月29日 09時00分 UPDATE

ナスペック、ケンブリッジオーディオのフラグシップコンポ「Azur 851」シリーズを発売

ナスペックは、英Cambridge Audio(ケンブリッジオーディオ)のフラグシップオーディオコンポ「Azur 851」シリーズの新製品3機種を発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ナスペックは5月29日、英Cambridge Audio(ケンブリッジオーディオ)のフラグシップオーディオコンポ「Azur 851」シリーズの新製品3機種を発表した。ラインアップは、プリアンプの「Azur 851E」、ステレオパワーアンプ「Azur 851W」、D/Aコンバーター「Azur 851D」。価格はいずれもオープンプライスで、市場想定価格は「Azur 851E」が20万円前後、「Azur 851W」が28万円前後、「Azur 851D」が16万円前後(いずれも税別)。色はシルバーとブラックの2色だ。

・プリアンプ「Azur 851E」

hm_na02.jpg 「Azur 851E」

 3つのバランス入力(XLR)と7つのアンバランス入力(RCA)を備え、多彩なプレーヤー機器を接続できるプリアンプ。ソースごとのボリューム固定機能やサブウーファー出力も備えており、ユニバーサルプレイヤーやAVアンプを組み合わせたマルチチャンネルAVシステムに組み込むことも可能だという。また、同社機器専用コントロール端子Control Busを装備。電源オンやスタンバイなど、システム全体を連携してコントロールできる。

ts_azur03.jpg 背面端子

 本体サイズは430(幅)×115(高さ)×385(奥行き)ミリ。重量は8キログラム。

  • ステレオパワーアンプ「Azur 851W」
hm_na03.jpg 「Azur 851W」

 ケンブリッジオーディオ独自のアンプ回路「Class XD」を採用したパワーアンプ。増幅時にひずみの出るポイントを人間の可聴領域から外すことでClass Aアンプのような音場表現と優れた熱効率を両立させたという。モノラルアンプとして利用することも可能で、ステレオモードでは1chあたり200ワット(8オーム時)、モノラルアンプとして使用した場合は500ワット(8オーム)の高出力を実現した。

ts_azur02.jpg 背面端子

 スピーカー端子は2系統。バナナプラグやYラグにも対応する。本体サイズは430(幅)×148(高さ)×365(奥行き)ミリ。重量は、18.8キログラム。

  • D/Aコンバーター「Azur 851D」
hm_na04.jpg 「Azur 851D」

 アップサンプリング機能を備えた据え置き型のUSB-DAC。アナログ・デバイセズの24bit DAC「AD1955」を2基搭載し、最大192kHz/24bitのPCM音源に対応する。またアナグラム・テクノロジーズと共同開発した独自のアップサンプリング・システム「ATF2 upsampling」を搭載。32bit DSPを使い、すべてのデジタル入力信号を384kHz/24bitにアップサンプリングすることができる。また好みに合わせて利用できる3つのデジタルフィルター(Linear Phase、Minimum Phase、Steep)でサウンドの微調整も可能だ。

ts_azur01.jpg 背面端子

 デジタル入力系統は、USB端子1系統のほか、同軸デジタル2系統、光デジタル4系統、AES/EBUを1系統、BNCを1系統。PCやCDトランスポートを接続したピュアオーディオシステムはもちろん、テレビやユニバーサルプレイヤーなどを接続してハイエンドAVシステムも同時に構築できるという。なお、プリアンプ機能も備えているため、パワーアンプ「AZUR851W」と直接接続することも可能だ。

 本体サイズは430(幅)×115(高さ)×360(奥行き)ミリ。重量は、7.6キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.