ニュース
» 2014年05月29日 18時01分 UPDATE

全額支払いの判決:3億2590万円――B-CASカードの不正視聴、被告3人に損害賠償全額支払いの判決

B-CASカードの不正視聴にかかわる民事訴訟の第一審判決が言い渡された。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 WOWOW、スター・チャンネル、スカパーJSATの3社は、B-CASカードの不正視聴にかかわる民事訴訟の第一審判決について5月29日に発表した。3人の被告に対する損害賠償請求が認められ、全額(計3億2590万9127円)の支払いが言い渡された。

 有料放送事業者3社は、有料放送を無料で視聴できるよう不正に改ざんしたB-CASカードを第三者に譲渡したなどの行為について、不正競争防止法違反等の罪で有罪判決が確定した3名に損害賠償の支払いを求める民事訴訟を2月20日に東京地方裁判所へ提起していた。訴訟内容は、不正競争防止法違反および不法行為に基づく3億2590万9127円の損害賠償請求。第一審判決では、埼玉県在住の男性2名と福島県にて服役中の男性1名の計3名に対して損害請求額全額の支払いが言い渡された。

hm_b01.jpghm_b02.jpg B-CASカードの説明ホームページ。ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズのホームページイメージ(画面=左)、不正改ざんカードについての注意イメージ(画面=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.