ニュース
» 2014年06月23日 13時15分 UPDATE

デジタルサイネージなどに向いてます:「HDMIを100メートル先まで」、エミライが4K対応のHDMIエクステンダーを発売

HDMIはどこまでも延長できるものではない。現状では10メートル程度が限界だ。どうしても延長したいときはこのような製品を使ってはいかがだろうか。

[ITmedia]

 エミライは2014年6月23日、オーストラリアKordz社の4K対応HDMIエクステンダー「PLX-HDB.1」「PLX-HDB.4」を7月1日から発売することを明らかにした。価格はPLX-HDB.1が5万8000円で、PLX-HDB.4が12万2857円(どちらも税別)。

hs_Emirai_HDMI_Extender_1.jpghs_Emirai_HDMI_Extender_2.jpg エミライが発売するHDMIエクステンダー「PLX-HDB.1」(左)と「PLX-HDB.4」(右)。

 非圧縮のHDMI信号をイーサネットケーブルで伝送する「HDBaseT」技術を利用している。どちらも送信側1つ、受信側1つの合計2つをセットにして販売する。送信側と受信側の両方にHDMI機器を接続したら、エクステンダー同士をイーサネットケーブル(カテゴリー6以上を推奨)で接続して使用する。エクステンダー間の距離は最長で100メートルまで伸ばせる。

 PLX-HDB.1は、4k/24p映像なら最長で40メートル、フルHD映像なら最長で100メートルまで伝送できる。一方、PLX-HDB.4は4k/24p映像も100メートルまで延長できる。

 電源の扱いも異なる。PLX-HDB.1は送信側、受信側両方に電源アダプタが必要だが、PLX-HDB.4は片方に電源アダプタを付ければ、もう片方にはイーサネットケーブルを通して電源を届ける。これにはPoE(Power over Ethernet)技術を利用している。

 さらにPLX-HDB.4は、HDMI信号のほかにPCなどのイーサネット通信や、RS-232C通信をやりとりする機能も備えている。

hs_Emirai_HDMI_Extender_3.jpghs_Emirai_HDMI_Extender_4.jpg 「PLX-HDB.4」の本体前面と背面。HDMIのほかにイーサネットやRS-232Cの端子がある。電源アダプタの端子は片側(左)にしかない

関連キーワード

HDMI | イーサネット | フルHD | HD動画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう