ニュース
» 2014年06月23日 23時27分 UPDATE

オンキヨーが開発中のAVアンプに「Dolby Atmos」を搭載――「TX-NR636/838」のアップデートも

オンキヨーは、現在開発中のAVアンプ上位モデル「TX-NR1030/3030」に米Dolbyの新しいサウンド技術「Dolby Atmos」を搭載すると発表した。現行モデル「TX-NR636/838」のアップデート対応も行う。

[ITmedia]

 オンキヨーは6月23日、現在開発中のAVアンプ上位モデル「TX-NR1030/3030」に米Dolbyの新しいサウンド技術「Dolby Atmos」を搭載すると発表した。また9月をメドに現行モデル「TX-NR636/838」のアップデート対応も行う予定だ。

ts_onkyoatomos01.jpgts_onkyoatomos02.jpg 「TX-NR636」(左)と「TX-NR838」(右)

ts_atmos190.jpg

 Dolby Atmosは、映画館の音響システムにオブジェクトとメタデータの概念を持ち込んだ新しい技術だ。音源をオブジェクトとして捉え、メタデータに沿って移動させることにより、スムーズなパンニングや、どこにでも定位するリアルな音が実現する。ミックス内に最大128(同時発音)の音響要素をロスレスで記録しており、視聴者にリアルなサウンド体験を提供するという。従来のようなチャンネル数といった概念はないが、頭上を含め最大64本のスピーカーを使用できる。

 オンキヨーによると、ホームシアター向けのAVアンプでは、32bit DSPをデュアルで搭載して処理能力を確保。従来の5.1/7.1/9.1chサラウンドシステムに加え、天井に1〜2組のスピーカーを設置するだけでDolby Atmosを楽しめるという。また天井に設置できない場合に手持ちのスピーカーを活かしてDolby Atmosが楽しめる“イネイブルド・スピーカー”も今後発売する予定としている。なお、開発中のAVアンプ上位モデルなどについては後日正式に発表する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう