ニュース
» 2014年07月02日 20時20分 UPDATE

手ごろな4Kディスプレイがまた1つ登場:マウスコンピューター、4Kディスプレイの試作機を出展──8月下旬に発売予定

TNパネルを使った、手ごろな価格の4Kディスプレイの発売が相次いでいる。マウスコンピューターは展示会会場で8月出荷開始予定の製品の試作品を出展していた。

[笹田仁,ITmedia]

 マウスコンピューターは2014年7月2日から始まった「第2回 コンテンツ制作・配信ソリューション展」(東京ビッグサイト、7月4日まで)に、解像度が4K(3840×2160ピクセル)で画面サイズが28型の液晶ディスプレイの試作品を出展している。“iiyama”ブランドで8月下旬発売の予定。価格はオープンで、実売予想価格は7万2800円(税込)前後となる見込み。

hs_Mouse_iiyama_4K_1.jpg マウスコンピューターが参考出展していた4K液晶ディスプレイ。8月下旬には店頭に並ぶ予定だ

 液晶パネルの駆動方式はTN方式。バックライトはLEDで、輝度調整にはLEDを高速で点滅させる方式ではなく、LED自体の輝度を調節する方式を採用した。従来製品は、人によっては表示がちらつくと感じることがあったという。

 さらに、ディスプレイが発する「ブルーライト」を低減させる機能も搭載する。ディスプレイの表示色を調節して、青色の出力を減らすことでブルーライトを低減する。ただし、この機能を利用すると色温度が下がり、表示が赤みがかって見えるという。

 接続端子はDisplayPort×2、HDMI×2(うち1つはMHL対応)。DisplayPortで接続した場合、4K表示時の最大リフレッシュレートは60Hzとなる。一方、HDMI接続の場合は30Hzだ。ほかにもデュアルリンクDVI×1とアナログRGB×1を搭載しているが、4K表示はできない。デュアルリンクDVI接続の場合は最大で2560×1440ピクセル表示となり、アナログRGB接続では最大で1920×1080ピクセル表示となる。

hs_Mouse_iiyama_4K_2.jpg マウスコンピューターが参考出展していた試作品の接続端子。左からデュアルリンクDVI、HDMI×2、DisplayPort×2、アナログRGB
top_features1_icon_2_1403351863.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
まさに“ぼくのかんがえた、さいきょうのノートPC”――4コアCore i7、GPU×2、1TバイトSSD×4搭載でお値段65万円だッ!!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.