ニュース
» 2014年07月08日 16時24分 UPDATE

合体してミッションクリアせよ!:赤外線操縦ヘリコプター 「コンボファルコン」登場――”撃つ”、”回す”、”運ぶ”3ユニットを装着だ

シー・シー・ピーは、”R/Cフライトトイシリーズ”に赤外線操縦ヘリコプター「コンボファルコン」を追加投入する。発売は7月18日の予定。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 シー・シー・ピーは2014年7月8日、”R/Cフライトトイシリーズ”の新製品として、赤外線操縦ヘリコプター「コンボファルコン」を発表した。7月18日に発売の予定で価格は6980円(税別)。

hm_ccp01.jpg 赤外線操縦ヘリコプター「コンボファルコン」。コンボファイルコン本体の前に3つ並んでいるのが“コンボユニット”。左からウィンチユニット、スピンボムユニット、ミサイルユニット

 コンボファルコンは、1機のヘリで3つの“コンボユニット”を付け替えられるようにして、遊び方の幅を広げた赤外線操縦のヘリコプタートイ。コンボユニットの種類は、ミサイルユニット、スピンボムユニット、ウィンチユニットの3種類。ペーパークラフトのターゲットとレスキューBOXも付属する。ユニットなしの通常飛行ももちろん楽しめる。ジャイロセンサーを搭載しており、安定した飛行が可能という。

コンボファルコンの3つのユニット 内容
ミサイルユニット ターゲットに向けてミサイルを発射、単射も連射(8発)も可能
スピンボムユニット ターゲット(床)に向けてスピンボムを投下、コマを投下先で回転させる
ウィンチユニット キャリアーを付けてレスキューBOXを運搬。ヘリとキャリアーの接続ウィンチはコントローラーで伸縮自在、運んだBOXを目的地点に降ろす
hm_ccp02.jpg 赤外線ヘリコプター「コンボファルコン」のコンボファルコン装着イメージ

仕様

製品名 赤外線ヘリコプター「コンボファルコン」
本体サイズ 全長約24センチ
操作距離 屋内約5メートル
本体電池 充電式リチウムイオンポリマー電池(内蔵)
コントローラー電池 アルカリ単三電池×6本(別売)
連続飛行時間 約5分間
充電時間 約40分間
アクション 上昇、下降、左右回転、左右旋回、前進、後進、 ホバリング
対象年齢 8歳以上

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.