ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘリコプター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘリコプター」に関する情報が集まったページです。

聖闘士vs戦闘ヘリ! Netflix版「聖闘士星矢」の予告、新たな可能性を探るリメイクに反響
面白ければ問題ない説はある。(2019/7/11)

蓄電・発電機器:
風力・水力・太陽光で充電可能な「コンテナ型蓄電池」、NTNが新開発
NTNは、貨物輸送用コンテナに風力・水力・太陽光の3種類の自然エネルギーによる発電装置と蓄電池を格納し、発電・電力供給が行えるコンテナ収納移動型の独立電源を開発。災害時に、電力供給が困難となった被災地などに複数の手段(トラック・貨物船・ヘリコプターなど)で移動し、迅速に少人数で設置できる。(2019/6/6)

事故時に自動通報、自動車各社が相次ぎシステム対応 救命率向上へ 
交通事故を起こした車から自動送信されるデータを分析し、救急車やドクターヘリの早期出動を要請するシステムが、事故による死者を減らす新たな取り組みとして注目されている。(2019/5/31)

パイロットは化物か……!? 予想外すぎる場所に着陸した「ドクターヘリ」が目撃される 「神業」「変態テク」と話題に
素人が見てもわかるすごさ。(2019/5/23)

「家族旅行のスケールが違う」 神田うの、娘との2ショットよりヘリコプターが圧倒的存在感を放ってしまう
優雅……。(2019/5/4)

ジャパン・ドローン2019:
NEXCO中日本、“横360度・縦90度”自在に動くカメラで橋梁桁接合部などの死角点検が可能なドローン
NEXCO中日本は「ジャパン・ドローン2019」で、特許出願中の構造物点検調査ヘリシステム「SCIMUS-03」の実機を展示し、新たなインフラ構造物の点検方法を示した。(2019/3/18)

スマートアグリ:
ヤマハ発動機のスマート農業基盤「YSAP」、ドローンや無人ヘリコプター活用に特化
ヤマハ発動機と国際航業、トプコン、ウォーターセルの4社は、農業用ドローンや無人ヘリコプターによる農薬散布、施肥の作業や運航のデータを管理するヤマハ発動機のソフトウェアサービス「YSAP」の提供に向けて協業を開始すると発表した。(2019/3/11)

背負うには“重い”資材、これからは無人ヘリが運ぶ ヤマハ発動機が事業化
ヤマハ発動機と子会社の西日本スカイテックが、産業用の無人ヘリコプターを使った工業用資材・機材の運搬の実用化に向けて準備を進める。(2018/8/6)

MathWorks Automotive Conference 2018:
タケコプターのような“制約のない自由な移動”を目指す空飛ぶクルマ「SkyDrive」
「MathWorks Automotive Conference 2018」の基調講演に登壇したCARTIVATORは、「日本発の空飛ぶクルマ“SkyDrive”の開発」をテーマに講演を行い、有志団体として活動するCARTIVATORの取り組み、空飛ぶクルマ「SkyDrive」の実現に向けたビジョン、最新の開発状況などを紹介。併せて同プロジェクトで、モデルベース開発(MBD)やシミュレーションのアプローチがどのように生かされているのか、その有効性を語った。(2018/7/20)

ドローン:
上下二重反転ローターの産業用ドローン、優れた薬剤散布性能を発揮
ヤマハ発動機は、高品質な薬剤散布を可能にする産業用ドローン「YMR-08」を発表した。力強い降下気流を生み出す上下二重反転ローターに加え、散布ノズルを最適な位置に配置したことで、同社の無人ヘリに匹敵する散布品質を可能にした。(2018/4/24)

これほしぃぃぃ ヘリに変形する空飛ぶクルマ「PAL-V」登場、お値段たったの4250万円
10分以内に変形。(2018/2/21)

市販されていない「ミリメシ」ネットオークションに 陸自第1ヘリ団の准尉を懲戒免職
自衛隊が野外訓練の際に食べる缶詰などの「ミリメシ」などをネットオークションで販売したとして、50代の男性准尉が懲戒免職に。一方で、ネットオークションにはミリメシが今も数多く出品されている。(2017/12/5)

SAP Leonardo Executive Summit:
PR:SAPの新たなる戦略「SAP Leonardo」は一体何を目指すのか?
レオナルド・ダ・ヴィンチは史上最も優れた画家としてだけでなく、科学者としてもその才能を発揮した。翼を羽ばたかせて飛ぶコウモリのような飛行機やネジから着想を得たヘリコプターなど、そのアイデアのほとんどは日の目を見なかったが、稀代のイノベーターの創造性は、現代を生きるわれわれをも驚かせる。そんなルネサンス期の天才の名を冠した「SAP Leonardo」が発表された。それは単なる製品ではなく、同社がERPによって業務のベストプラクティスを顧客に提供してきたのと同様、企業がスピーディーにデジタル変革を実現するための「テクノロジー」「ベストプラクティス」、そして「方法論」から構成されるトータルサービスだという。(ITmedia エグゼクティブ 浅井英二)(2017/11/15)

「成田までヘリで」はもう夢じゃない? ヘリコプターの乗り合い便サービスが開始、お値段は?
定期便ではなく「乗り合い便」にすることで低価格化。成田便以外に、30分の箱根便、40分の初島便も。(2017/10/14)

日産、究極のリモコン車「GT-R /C」公開 ヘリからPS4コントローラーで操作、最高211キロでサーキットを疾走
もう1つのゲームと現実世界の融合。(2017/10/11)

人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」
(2017/6/20)

オンリーワン技術×MONOist転職(12):
「空飛ぶ乗り物」をMade in Japanで――ヒロボー
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第12回。今回は、世界シェアトップクラスのラジコンヘリ技術を武器に「1人乗り有人ヘリコプター」という新市場へチャレンジするヒロボーを紹介する。(2017/6/5)

フヮァ…… ローターが回ってないのに飛んでいく不思議なヘリコプター動画が話題に
「ストロボ効果」が完璧に決まった奇跡の動画。(2017/3/10)

実写版攻殻「ゴースト・イン・ザ・シェル」最新トレーラー公開 義眼レンズ付けてないバトーさんも!
多脚戦車との戦闘も。自動爆撃ヘリも出てくるかな?(2017/2/14)

ヘリコプター握りつぶされとる 「キングコング:髑髏島の巨神」日本版オリジナルポスターの怪獣映画感半端無い
この躍動感。(2017/2/8)

スピン経済の歩き方:
反対運動の日当は、なぜ「2万円」だったのか
TOKYO MXの『ニュース女子』が沖縄・高江のヘリパッド移設問題を取り上げ、「反対派は弁当付きで、日当が支払われている」と報じた。日当は「2万円」というが、本当にそれほどの金額が支払われていたのだろうか。筆者の窪田氏が注目したことは……。(2017/1/17)

スピン経済の歩き方:
なぜ大阪府警の機動隊は「土人」などと暴言を吐いたのか
沖縄のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡って、現場を警備する大阪府警の機動隊員が「暴言」を吐いた。反対運動をしている人に「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言したわけだが、なぜ彼らはこのような暴言を吐いたのか。その理由を探ってみると……。(2016/10/25)

医療機器ニュース:
最短3秒で胸部撮影が可能な80列/160スライスCTを発売
東芝メディカルシステムズは、80列/160スライスマルチスライスヘリカルCT「Aquilion Lightning/Helios Edition」を発売した。従来装置に比べ、検査室の設置スペースを約50%低減する。(2016/10/18)

山形豪・自然写真撮影紀:
ヘリコプターからアフリカの自然を撮る
以前この連載で、軽飛行機からの空撮の話はさせていただいたが、今回はヘリコプターを利用しての撮影についてご紹介したい。(2016/8/27)

シード・プランニング ドローン市場予測:
2024年、産業用ドローン市場は2270億円規模に
今後、産業用ドローン市場はどのように成長していくのだろうか? シード・プランニングが発表した「産業用無人飛行機・ヘリコプター(ドローン)の市場予測」を基に見ていこう。(2016/5/17)

ヘリオスの「猫型ポット」が大人のプレゼントにおすすめな理由
(2016/5/15)

高須クリニック院長の自家用ヘリ、被災地救援へ出発 院長自身も現地入りして支援へ
地震発生直前まで熊本に滞在していた院長「僕にとって他人事ではありません」。(2016/4/19)

大雪で道路規制だらけの山梨県 ファミマがおむすび&パンを載せたヘリコプターを飛ばす
物資ヘリ、出動。(2016/1/19)

Uber、Airbusと提携で配ヘリサービス開始へ まずはサンダンス映画祭で
AirbusのエンダースCEOがWall Street Journalのインタビューで、Uberの“配ヘリコプター”サービスに「H125」と「H130」を提供すると語った。まずはサンダンス映画祭で試験的に実施するという。(2016/1/18)

車載情報機器:
事故発生から即座にドクターヘリが駆け付ける、トヨタとホンダが試験運用
認定NPO法人の救急ヘリ病院ネットワークは、重大な交通事故にドクターヘリを迅速に出動させる救急自動通報システム(D-Call Net)の試験運用を開始する。トヨタ自動車とホンダの一部車種で同システムを利用できる。2018年の本格運用に向けて対応車種や協力病院の拡大、精度向上を急ぐ。(2015/12/1)

あと少しで昆虫みたいな脚がついたヘリコプターが登場するかも! 着陸地点の条件緩和に期待が高まる
傾斜のついた山岳地帯、がれきの上など、これまで着陸地点としては不向きだった場所でも着陸が可能になるかも。(2015/9/22)

NHK、大雨関連ニュースをネット同時配信 鬼怒川堤防決壊で
自衛隊のヘリによる救助の様子が中継されています。(2015/9/10)

製造IT導入事例:
ヘリコプター製造プロセスに航空宇宙・防衛産業向けソリューションを採用
ダッソー・システムズは、エアバス・ヘリコプターズが、製造オペレーション管理の効率化に向け、同社の航空宇宙・防衛産業向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「ビルド・トゥー・オペレート」を採用したと発表した。(2015/8/12)

AAA×ブイキューブ:
ドローンで浮き輪を届ける、「水難救助マルチコプター」実証実験開始
AAAが企画・開発を行う「水難救助マルチコプター」が神奈川県の「公募型『ロボット実証実験支援事業』」に採択された。ブイキューブと共同で2016年春の提供を目指す。(2015/8/6)

ホワイトペーパー:
1.5カ月で468台のWindows XP搭載PCをWindows 7に移行した朝日航洋
ヘリコプター、ビジネスジェットなどの航空事業サービスを提供する朝日航洋は、全国25拠点、468台のWindows XP搭載PCのWindows 7移行を1.5カ月で実施した。社内業務に影響を与えず、低コストで移行を成功させた同社の採用したサービスとは?(2015/7/21)

パロット、クアッドコプター「Bebop Drone」向けコントローラー「Skycontroller」を単体販売
仏パロットは、第3世代クアッドコプター「Bebop Drone」向けコントローラーを単体で販売する。価格は7万900円(税別)。(2015/7/1)

自然エネルギー:
地熱発電の適地を「空」から探す最新技術、東北地方の熱資源調査に活用
東北地方の持つ豊富な地熱資源の活用に向けて、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)がヘリコプターを用いた空中物理探査による調査を開始する。再生可能エネルギーの中でも開発が遅れている地熱発電の促進に向けて、高効率かつ高精度な調査方法の確立を目指す。(2015/6/12)

スター・ウォーズの宇宙船が赤外線で操縦できる赤外線ヘリに 「ミレニアム・ファルコン」など3機種
シー・シー・ピーは、「スター・ウォーズ」に登場する架空宇宙船をモデルにした赤外線ヘリを発売する。「ミレニアム・ファルコン」「X ウイング・スターファイター」「タイ・ファイター」の3種を用意した。(2015/6/10)

西城秀樹40年前のライブツアーがDVD化 クレーン車やヘリの豪華演出で時代がビシビシ伝わってくる!
西城秀樹さんが還暦を迎え、1975年「全国縦断サマーフェスティバル」のドキュメンタリー映画がDVD化。(2015/4/15)

翼らしい翼がない「ミレニアム・ファルコン」がマジで飛んだ!? ファンがドローンを鬼改造
なるほど、クアッドコプターってちょっとミレニアム・ファルコンみたいな形してるもんな。(2015/2/6)

空撮もできます:
デジカメに変身するR/Cヘリコプター
CCPから「Nano Falcon Digi Cam」(ナノファルコンデジカム)が登場。ヘリ本体を畳んでプロポに収納すると、デジタルカメラに変身する。(2015/1/28)

創刊号は999円:
デアゴスティーニ、週刊「スカイライダー・ドローン」創刊――57号そろえて高性能ドローン制作
デアゴスティーニは2月3日、週刊「スカイライダー・ドローン」を創刊する。毎号のパーツを組み立てると全57号完結時にオリジナルRCマルチコプターが完成する。価格は2290円(創刊号は999円)。(2015/1/7)

実写版パトレイバー、長編映画は「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」 2015年5月1日公開
テロリスト集団の武装ヘリ「グレイゴースト」と、特車二課・イングラムの闘いを描く。(2014/12/5)

その名も「ドカヘリ」:
「GoPro」を使ってインフラ点検! 警視庁も導入したラジコンヘリコプターとは
サイトテックは「新価値創造展 2014」で、GPSやジャイロシステムを搭載したラジコン型のヘリコプター「DOKAHELI」を展示。デジタル一眼レフカメラやハンディカメラ、撮影方向を制御できるサーボ機構などを搭載して飛行することが可能で、上空からの景観撮影、災害現場や構造物の調査などに活用できるという。(2014/11/21)

飛ぶだけじゃなく床・壁・天井を走ることもできるRCヘリコプター「ローリングファントム」が登場
RCヘリ界にニュータイプ現わる。(2014/10/17)

企業秘密の窃盗犯を米当局が訴追、Xbox Oneやシミュレーターソフトなど狙う
訴追された4人は盗んだパスワードを使うなどしてネットワークに侵入し、Xbox OneのソースコードやApacheヘリコプターのシミュレーターソフトなどを盗んだとされる。(2014/10/3)

スマートハウス:
分譲地がメガソーラーに、20年間の売電額1000万円をうたう住宅
広島建設は住むだけで収入が増える分譲住宅「ヘリオス」の販売を、千葉県印西市の分譲住宅地で開始した。1戸当たり10kW以上の太陽光発電システムを備え、全戸の出力を合わせると約0.9MWにも及ぶ。(2014/9/12)

長く撮影できるようになりました――空撮に対応したR/Cヘリ「TV-FALCON」がVol.2に進化
シー・シー・ピーから「テレビ ファルコン」の進化版が登場。飛行時間を延長したほか、別売の交換式バッテリーも利用できるようになった。(2014/9/11)

ここまで小さくできるとは……赤外線で操る“指乗り”ヘリコプター「PICO-FALCON」がときめく
手乗りじゃないよ、指乗りだよ。(2014/9/3)

重さ9グラム 世界最小・全長59ミリの無線ヘリ バンダイ子会社が発売
全長59ミリ・重さ9グラムと世界最小サイズの赤外線コントロールヘリがバンダイ子会社から。昨年発売したモデルからさらに3割小型化した。(2014/9/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。