ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入院」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入院」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

大同病院、「医療の質」向上にRPAを導入 年間8000時間削減を試算――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用
愛知県の大同病院は、医師業務や間接事務の効率化に向け、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入。年間8000時間の業務をRPAに置き換えられると試算する。将来的には、検査結果などを基に医師にアラートを提示するシステムの構築などにもRPAとAIの組み合わせを活用していく。(2019/7/16)

参院選2019 まだ迷っている人へ送る「投票先の選び方」
納得のいく選択をするために。(2019/7/15)

「とっても素敵」「うっとり」 神田うの、伊東美咲らの“華麗なるママ友会”がまぶしすぎる
今回は親子で集まったもよう。(2019/7/14)

「フリーランス」は老後をどう設計するべきか
ITライターの小寺信良さんは55歳。老後をどう設計するのか。(2019/7/10)

「また俺が歩けるようになったら一緒に散歩しような!」 滝川英治、入院中も精神的に支えてくれた愛犬・パールの旅立ちを報告
天国から見守っていてね。(2019/7/8)

白血病で闘病中の池江璃花子、19歳バースデーを祝われた笑顔の写真を公開 一時退院中に「まさかのサプライズ」
元気そうな笑顔が見れてよかった。(2019/7/5)

「ちえみさんお元気そう」「涙が出ました」 堀ちえみ、早見優、松本伊代、“花の82年組”再会にファン感涙
早見さん「7年のお付き合い 何も言わなくても安心できる仲間」。(2019/7/4)

英大学とNDIVIAが新しい取り組み:
個人情報を守る協調機械学習が医療用AIを加速する
英国の国民健康保険(NHS:National Health Service)が使用するための、業界初となる医療画像向けのAI(人工知能)プラットフォームの実現を目指し、新しいプロジェクトが始動する。これは、King’s College London(KCL)とNVIDIAが共同で進めるプロジェクトで、放射線処理の中で最も時間がかかる放射線データの解釈を、自動化することを目指すという。(2019/7/3)

排尿予測デバイス「DFree」、法人向けモデルがセルラー通信に対応 Wi-Fiがなくても“おもらし防止”
排尿予測デバイス「DFree」法人向けモデルがセルラー通信に対応。これまでは、Wi-FiやSIMなどは顧客が用意する必要があった。通信機器を用意する負担がネックとなり導入を見送っていた企業にアプローチする。(2019/7/2)

「ガールズちゃんねる」ジャニー氏死亡デマで謝罪 今後は確定情報のみ承認する方針
情報元を十分に検証しないまま掲載していました。(2019/7/2)

医療機器ニュース:
歯科口腔外科向け骨再生材料を製品化
東北大学は東洋紡と共同で、歯科口腔外科領域の骨欠損を対象とした骨再生誘導材を製品化した。商品名は「ボナーク」で、2019年秋から販売を開始する。(2019/7/1)

ノーベル賞候補の小説家がうっかり死亡 死後も女子高生の“ゴーストライター”として書き続けるコメディ漫画『グッバイ、ノーベル!』
これがほんとのゴーストライター(小声)。(2019/6/30)

第1章推理反省会「あなたの番です」田中圭は本当に回復したのか? 原田知世は本当に? 予想のななめ上展開を徹底検証
第2章のオランウータンタイムを予想する。(2019/6/23)

祖母の遺品に大量のレシート 買った品から孫への愛を知る漫画 「泣いた」「祖母に会いに行きたい」の声
今度の休みに大切な人に会いに行こう。(2019/6/21)

マキタスポーツ、息子が先天性内反足の手術を終えたことを報告 ファンからは安堵の声「早くギプスが取れるといいね」
無事終わって良かった。(2019/6/20)

里田まい、出産後初のインスタ更新で幸せ笑顔! 夫・田中将大のイクメンぶりに「育児して野球して、凄いなぁ」
こっちまで幸せな気持ちになる。(2019/6/19)

岸谷香、長男の入退院を報告 「ブログに載せるな」要請をはねつけての掲載に賛否の声
「親が子どもの写真を無許可でSNSに投稿してよいのか」議論が再燃。(2019/6/18)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

「受け止めるのに時間がかかりました」 井上和香、1カ月ぶりのブログで父親の死去を報告 “育児”が心の支えに
井上さん「涙がでてきてしまいます」。(2019/6/16)

誰にも訪れるかもしれない未来:
孤独死の現場から問う 独りで誰にも迷惑を掛けず、あなたは死ねるか
最近注目が集まる「孤独死」。私たちは独りでも死ねるのか。特殊清掃の現場や遺族のルポを重ねる2人のジャーナリストに問う。(2019/6/14)

「医療用VR」登場 美しい映像で痛み・不安を軽減 ベンチャーと順天堂大が開発
医療用VRサービス「うららかVR」のパイロット版が登場。VR関連ベンチャーのパルスと順天堂大学が共同開発した。慢性神経痛に悩む人などに「Oculus Go」を装着させ、リラクセーション効果の高いVRコンテンツを視聴してもらう。(2019/6/11)

「ラジエーションハウス」9話 医師・辻村(鈴木伸之)の“過去とプライド”を解き明かす 杏(本田翼)の頭痛問題は最終話に持ち越しか?
鈴木伸之と窪田正孝の恋愛バトルにハラハラ。(2019/6/10)

祖父の死に泣けなかった女の子 「亡くなった人の茶碗を割る」風習で思い出が蘇る漫画に思わず涙
大切な日々は心の中に。(2019/6/10)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」7話大演説を考察 体育館の壇上から「We Will Rock You」に乗せて腐女子をカミングアウト
紗枝の演説スキル、高すぎるよ!(2019/6/8)

世界を「数字」で回してみよう(58) 働き方改革(17):
障害者雇用対策に見る、政府の覚悟と“数字の使い方”
今回は、働き方改革のうち「障害者の雇用」に焦点を当てます。障害者雇用にまつわる課題は根が深く、これまで取り上げてきた項目における課題とは、少し異質な気がしています。冷徹にコストのみで考えれば「雇用しない」という結論に至ってしまいがちですが、今回は、それにロジックで反論してみようと思います。(2019/6/3)

Suchmos、キャリア初のアジアツアー全公演キャンセルへ メンバーが緊急入院のため
6月2日から全6都市を周る予定でした。(2019/6/1)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」鬱展開を腐女子パワーが救った6話 でも彼氏がゲイだと発覚したからって、BL本を貸す腐女子なんているだろうか?
腐女子描写が「キャラ」になってるのが惜しいドラマ。(2019/6/1)

「時間が許す限り、、家族で、楽しみを」 梅宮アンナ、膠原病の母クラウディアとアメリカ旅行で2ショット公開
親孝行のアンナさん。(2019/5/30)

「完治までは長い道のりですが」 がん闘病中のNosukeが退院報告 15時間の大手術から回復
応援したい。(2019/5/23)

専門家のイロメガネ:
令和時代の老後リスクとは? 入院できない人たち
たとえお金があっても入院を断られることがある。そんなリスクをご存知だろうか。病院から「ここは身内の方にでもサインをもらってください」と求められる書類がある。それが「身元保証人」の契約だ。(2019/5/22)

「ラジエーションハウス」本田翼と窪田正孝がハイタッチの6話 視聴率は最高更新、平成の残り香のような「HERO」感が惜しい
医師と技師の対立を超え、チームに変化していく予感を見せたハイタッチ。(2019/5/20)

二階堂ふみ「ストロベリーナイト・サーガ」 女子高生とのバトルにシビれた4話「売春して何が悪い、クスリもあげただけ」「あんたも人殺しよ!」
姫川玲子の過去。「必死で抵抗したにしては傷が少ない。本当は合意の上の性交渉だったのでは?」ひどい。(2019/5/9)

「最後まで頑張りたい、負けたくない」 白血病と闘う池江璃花子、新設した公式Webサイトで約2カ月ぶりのメッセージを発信
3月13日を最後に、SNSの更新が止まっていました。(2019/5/8)

福山雅治「集団左遷!!」 気になる2つのポイント「中村アンの靴」「笑点メンバーを出す意味」
最近のドラマにしては女性の登場がちょっと少ない。「頑張る」の連発もすごい。(2019/5/5)

ゲーム編集者・大塚ギチさん死去 名著『トウキョウヘッド』で「バーチャファイター」シーン描く
アーケードシーンのよき理解者であり伝道者でした。(2019/5/4)

武井壮、両足まひの「仮面女子」猪狩ともかに“約束の車椅子”をプレゼント 「ピカピカ光るの!」と本人も大喜び
武井さん「何か彼女が前に踏み出すきっかけを作りたい」。(2019/5/2)

Nosuke、“MRI=刺青部分を火傷する”ウワサに覚悟しつつ検査へ 「彫り師の方に確認するのも方法」
不安な方は必ず医師と彫師に相談してください。(2019/4/28)

元「おかもとまり」、タレント活動中の“精神科入院”を告白 3カ月の休業で「ボロボロになっていた心が復活」
岡本さん「話すことで、だれかの生きる背中を押せるならと...」。(2019/4/26)

用途はセキュリティ対策だけではない
患者の気持ちをリアルタイム検知 「顔認証技術」の医療利用シーン4選
医療機関で顔認識技術を利用すれば、患者の感情を分析したり、入院患者の居場所の特定を容易にしたりできる可能性がある。デバイスや施設のセキュリティ対策だけではない、顔認識技術の利用方法について考える。(2019/4/26)

PR:「もしかして、五月病?」 “どんより空気”の社内を変えるヒントはどこに?
(2019/4/25)

堀ちえみ、食道がん手術を終えて退院へ 「日常が戻ってきました」と10日ぶりの我が家に安心感
ほっと一安心。(2019/4/24)

『子連れ狼』などの小池一夫さん、肺炎で逝去 亡くなった当日にモンキー・パンチさんへの思いをツイート
82歳でした。(2019/4/19)

堀ちえみ、食道がんが見つかるも早期発見でステージ1 家族からは「早く見つかって良かったね!」と励ましの声
4月16日に手術とのこと。(2019/4/15)

ITはみ出しコラム:
「Amazonプライム」がついに値上げ それでも元は十分取れる?
ついに値上げとなった「Amazonプライム」。米国ほどの値上げではありませんが、日本で初めての価格改定ということもあり、注目を集めています。(2019/4/14)

猫嫌いだった祖母が猫と暮らすようになって明るくなった 実話漫画に「あたたかい気持ちになった」の声
心をとかしてくれる動物のすごさ。(2019/4/14)

「お父さん、これ優勝でしょう」 綾小路翔、父親の死去を“名文”とともに報告 とんねるず、宇多田ヒカルらが供花を送る
綾小路さん「彼は僕の人生最大のライバルだったのかも知れません」。(2019/4/9)

0.5歩先の未来を作る医療IT
在宅医療・介護の多職種連携支援システム、明らかに便利なのに使われない理由
在宅医療・介護はさまざまな職種がチームを組んでサービスを提供します。しかし多職種間コミュニケーションのための情報共有システムは、あまり普及していません。その原因は、コストとスキルの問題に大別できます。(2019/4/4)

大山聡の業界スコープ(16):
5Gが開花する「令和」時代、日本の“IoT維新”に期待
2019年4月1日、「平成」の次の元号が「令和」に決定したと発表され、2019年5月1日から「令和」時代がスタートする。半導体/エレクトロニクス業界に身を置く筆者としては、令和時代は5G(第5世代移動通信)が普及し始めるタイミングであり、これによってわれわれの生活に大きな変化が起こり得る時代になるのではではないか、という気がしている。(2019/4/9)

危機管理の盲点とは?:
会社の花見で救急車 おじさんだからこそ味わった「飲みすぎ」の代償と注意点
会社の花見でお酒を飲みすぎた38歳の筆者は救急車で病院に搬送された。「おじさん」が倒れると上司や同僚にどんな迷惑をかけるのか。実体験をもとに、ビジネスパーソンとお酒の関係を考える。(2019/4/6)

がん闘病中のNosuke、「DA PUMP」ISSAからのメッセージに感激 「U.S.A.」ドラムカバーに本人反応
本人に届いたー!(2019/4/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。