ニュース
» 2014年08月13日 13時45分 UPDATE

友達に助けを求める新機能も:PS4が累計実売1000万台突破 秋にはYouTube連携など新機能を提供へ

ドイツで開催中のイベントでPS4の実売1000万台超えと、秋に提供するシステムソフトウェアバージョン2.0の概要が明らかになった。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパは2014年8月12日(現地時間)、ドイツのケルンで開催中イベント「Gamescom 2014」で、家庭用ゲーム機「PlayStation 4」の世界累計実売台数が1000万台を超えたことを明らかにした。

 PlayStation 4は2013年11月に米国とカナダで発売し、日本では2014年2月に発売した。9カ月で1000万台突破したことになるが、これは歴代プレイステーションの中でも最速のペースだという。ちなみに、PlayStation 4向けのソフトウェアの売上は、2014年8月で3000万本を超えた。

hs_PS4_10Million_and_New_Feature.jpg 「Gamescom 2014」で、実売台数1000万台突破を発表したところ

 Gamescom 2014では、今秋に提供を始める予定のシステムソフトウェアバージョン2.0の概要も明らかになった。このバージョンでは新機能が2つ加わる。1つ目は自分がプレイしているゲームにインターネット越しで友人を招待し、一緒に遊ぶことを可能にする「Share Play」機能だ。招待を受けた側のプレイヤーはゲームを所有している必要はなく、招待したプレイヤーが持っていればよい。ゲームの難所に差し掛かった時に、離れた場所にいる友達をインターネット越しで呼び出して、代わりにクリアしてもらうといったことが可能だ。

 もう1つはYouTubeとの連携機能だ。ゲームのプレイ中の動画を録画して、すぐにYouTubeにアップロードできるようになる。また、PlayStation 4専用のYouTubeアプリケーションを使って、動画を観ることが可能になる。システムソフトウェアバージョン2.0では、ほかにもさまざまな新機能が加わる予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう