ニュース
» 2014年08月20日 16時35分 UPDATE

42V型のプレミアムなフルHDモデル! ソニー「KDL-42W900B」登場

ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、42V型の「KDL-42W900B」を9月13日に発売する。フルHDモデルながら、4Kテレビなどに採用した高画質技術を詰め込んだ“プレミアムモデル”だ。

[ITmedia]

 ソニーは8月20日、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、42V型の「KDL-42W900B」を発表した。フルHDモデルながら、4Kテレビなどに採用した高画質技術を詰め込んだ“プレミアムモデル”だ。価格はオープンプライスで、9月13日に発売予定。店頭では14万円前後(税別)になる見込みだ。

ts_42xdr01.jpg 「X-tended Dynamic Range」を搭載した42V型フルHDモデル「KDL-42W900B」

 映像エンジンに「X-Reality PRO」を採用し、「トリルミナス・ディスプレイ」で広い色域を確保。さらに4Kテレビの「X9200Bシリーズ」にも搭載された「X-tended Dynamic Range」を搭載し、エッジ型バックライトながら部分的にバックライト電流を2倍に引き上げることで、映像の輝きまでを表現する。

 音質面では、10ワット出力のロングダクトスピーカーを搭載したほか、自然でクリアな音を作り出すという音響技術「CleaAudio+」もサポート。またワイヤレスサブウーファー「SWF-BR100」にも対応した。「映像、音ともに妥協のないプライベートシアターになる」(同社)。なお、3D表示は偏光メガネを使うパッシブ方式となっている。

ts_42xdr02.jpg

 チューナーは2基で、USB外付けHDDを接続することで裏番組録画が可能。無線LANも内蔵し、スマートフォンやタブレットをセカンドスクリーンとして利用できるアプリ「TV SideView」や「ハイブリッドキャスト」、同社のコンテンツポータル「SEN」に対応する。このほか、リモコンの電源ボタンを押すと約1秒で起動する高速起動、Skype対応のコミュニケーションカメラ、タッチパッド付きのリモコンも備えた。

 HDMI入力は4系統(MHL対応)。ほかにD5映像入力、コンポジットビデオ入力などを用意している。本体サイズは、スタンドを含めて964(幅)×590(高さ)×81(奥行き)ミリ。重量は12.2キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.