ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「高画質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「高画質」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
デジタルと0.55テスラを組み合わせた、1.5テスラ相当の低磁場MRIを発売
シーメンスヘルスケアは、デジタルと0.55テスラを組み合わせることで、1.5テスラに匹敵する高画質と経済性を兼ね備えたMRI「MAGNETOM Free.Star」を発売した。開口径60cm、装置総重量3.1t未満と軽量のMRI装置となる。(2022/5/26)

サイコム、キャプチャーカードを標準搭載した実況配信向けの水冷デスクトップPC
サイコムは、高画質録画やライブ配信での利用を想定した水冷使用のハイエンドデスクトップPC「Lepton Stream Box WS3100Z690-A/D4」を発売する。(2022/4/13)

KFCが2億画素級の高画質チキン画像を無料配布 「あげるけど、行儀よくお願いね」
ファストフード店「KFC」を運営する米KFCコーポレーションが2月に公開した高画質なチキン画像のフリー素材サイト「chickenstock」が、Twitter上で話題になっている。(2022/3/30)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xiaomi 11T Pro」の1億800万画素カメラはさすがのハイクオリティー 多彩な撮影・編集機能で遊ぶべし
10万円を超えるハイエンドスマートフォンで写真をきれいに撮れるのは当たり前。「Xiaomi 11T Pro」は価格的には下だが、1億800万画素の高画質と多彩な撮影・編集機能が魅力的だ。(2022/3/16)

PR:ハイブリッドワークに最適! どこにでも持ち歩けるスピーカーフォンとカメラでWeb会議をアップグレードしよう
テレワークとオフィスワークが融合した「ハイブリッドワーク」が広がりつつある中、Web会議の品質面における悩みが再び噴出しつつある。悩んでいる人は、デル・テクノロジーズのスピーカーフォンと高画質Webカメラをチェックしてみてほしい。(2022/3/8)

キヤノン、高画質写真プリントも可能な家庭用インクジェットプリンタ「XK500」など2製品
キヤノンは、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」の新モデルとなる高画質写真プリント対応のハイスペックモデル「XK500」など2製品を発表した。(2022/2/24)

テレビは高付加価値路線 ソニー、パナソニックの事情
2021年の薄型テレビの国内出荷は、巣ごもり需要や給付金の影響で需要が増えた20年の反動で微減となった。一方、大型や高画質の機種では買い換え需要が高まっている。事業の縮小を迫られてきた国内メーカーは、高付加価値の商品に力を入れている。(2022/2/8)

組み込み開発ニュース:
60GHz帯ミリ波無線通信で高品質動画のリアルタイム伝送に成功
フジクラ、テラピクセル・テクノロジーズ、intoPIXは、60GHz帯における高品質動画のリアルタイム無線伝送に成功した。「60GHz帯ミリ波無線モジュール」と「エンドポイントAI機器」を組み合わせることで、低遅延の高画質映像を得られる。(2022/2/8)

ドル箱に変えた:
テレビは高付加価値路線 ソニー、パナソニックの事情
電機メーカーなどで作る業界団体、電子情報技術産業協会によると、令和3年の薄型テレビの国内出荷は、巣ごもり需要や給付金の影響で需要が増えた2年の反動で微減となった。一方、大型や高画質の機種では買い換え需要が高まっている。(2022/2/7)

Xiaomi、「Redmi Note 11」シリーズを1月26日に発表
Xiaomiが、2022年1月26日21時(日本時間)に、スマートフォン「Redmi Note 11」シリーズをグローバルで発表する。「超高画質」「超高速」「超快適」を目指した製品のようだ。中国では既に発表されている。(2022/1/19)

家電メーカー進化論:
脱東芝の「レグザ」、国内トップシェア争いまでの復活劇
2006年に東芝の薄型テレビブランドとして誕生した「REGZA」は、高画質や多機能で高い支持を集めた人気ブランド。しかし15年頃からの不正会計疑惑により、テレビ事業は18年に中国のハイセンスグループに売却。激動を乗り越えてきた「REGZA」のこれまでと今後について、TVS REGZA 営業本部の2人に話を聞いた。(2022/1/18)

石野純也のMobile Eye:
2022年のスマホはどうなる? 2万円台と超ハイエンドの二極化、フォルダブルに普及の兆しも
2021年のスマートフォンは、2万円台のエントリーモデルと超ハイエンドモデルの二極化が進んだ。機能面では、カメラの高画質化が進み、動画撮影に対しても新たなアプローチが取られた。2021年に発売されたスマートフォンの動向を振り返りつつ、2022年の端末市場を展望していく。(2022/1/8)

「Pixel 6 Pro」のカメラは20倍ズームと画像処理がすごい! iPhone 13 Proとの画質比較も
今のスマホカメラの高画質を支えている「コンピュテーショナルフォトグラフィー」(演算処理)の雄といえば、Googleである。そのGoogleが独自に開発したプロセッサを搭載した「Google Pixel 6 Pro」のカメラは、すごいズームと魅力的な画像処理機能を備えているのだ。(2021/11/23)

ドコモ、フルカラーLEDで光る「羽根のないドローン」を開発
NTTドコモは、フルカラーLED搭載でさまざまな色に光らせることができる「羽根のないドローン」の新型を開発。アクションカメラで高画質な映像を空中から撮影することも可能で、ネットワーク経由での制御も行える。(2021/11/12)

1インチカメラ搭載「Xperia PRO-I」、約19.8万円 背面に液晶取り付けてVlogカメラに
ソニーは、1インチのCMOSセンサーを搭載したプロフェッショナル向けスマートフォン「Xperia PRO-I」を発表。高画質な動画撮影/配信をスマホ1台で実現する。市場想定売価は19万8000円前後。(2021/10/26)

ICT:
業務用ウェアラブルカメラで取得した映像をクラウドに残せる新サービス
ザクティは、同社製業務用ウェアラブルカメラで取得したフルHDの高画質映像をクラウドサーバに保存できる「Xactiクラウドサービス」を開発した。(2021/9/29)

ドローン:
フジタがWebブラウザからドローンを操作可能なシステムを開発、今後は5Gを活用
フジタは、センシンロボティクスと共同で、Webブラウザを介してドローンのリモート操作と取得画像の共有が可能な「遠隔臨場ドローンシステム」を開発した。今後、両社は、ドローンの制御・通信に5Gを活用することで、映像の高画質化と通信の高速化を進めていく。(2021/8/17)

「OPPO Find X3 Pro」のカメラに大満足 広角も超広角も高画質、顕微鏡カメラも面白い
7月16日にSIMロックフリー版も発売された「OPPO Find X3 Pro」。「デュアルフラッグシップカメラ」をうたう超広角/広角カメラは5000万画素のセンサーを搭載し、身近なもののディテールをその名の通り「顕微鏡モード」で楽しめる。画質も機能も、スマホカメラのトップクラスだ。(2021/7/27)

製造ITニュース:
“ブレない”カメラで遠隔支援、フルHD映像のクラウド共有ソリューション
ザクティは2021年6月30日、業務用ウェアラブルカメラを活用した遠隔支援ソリューション「Xactiクラウドサービス」を開発したことを発表した。フルHDの高画質映像をクラウドサーバ上に保存できる。(2021/7/6)

高コスパ全部入り「OPPO Reno5 A」レビュー iPhone SEやAQUOS sense5Gと比べてどう?
オウガ・ジャパンが6月11日に発売したSIMフリースマホ「OPPO Reno 5 A」。防水防じん性能やFeliCa決済機能を備えた日本向け仕様で、低価格かつ高画質なカメラ機能が魅力だ。この夏注目の最新格安スマホの使い心地を、実際に試しつつ紹介する。(2021/6/23)

ドローン:
優れた飛行、撮影性能を誇る業務用ドローンを発表
ソニーグループは、業務用ドローン「Airpeak S1」を発表した。フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能で、障害物検知や自動飛行機能を利用した高画質の空撮映像を制作できる。(2021/6/18)

スマホで映像を確認、カメラ搭載の「スマート耳かき」発売 +Styleから
+Styleは300万画素カメラを先端近くに搭載し、高画質映像をスマホで確認できる「スマート耳かき」を発売。約30分の連続使用が可能で、子どもでも利用できるサイズを実現した。(2021/6/3)

Google フォトの新規約、きょうから 容量超過2年でコンテンツ自動削除の対象に 前日にバックアップ“駆け込み勢”も
米Googleが提供する写真ストレージサービス「Google フォト」の、ストレージに関する規約が6月1日に更新された。無料の容量無制限バックアップは5月31日で終了し、6月1日以降、高画質とエクスプレス画質の写真データは、GmailやGoogle ドライブなどGoogleの他サービスと同様、Googleアカウントの保存容量にカウントされる。(2021/6/1)

高性能かつ高画質&高音質に 5Gゲーミングスマホ「ROG Phone 5」レビュー
ASUSが5月26日に日本への投入を発表した最新のゲーミングスマホ「ROG Phone 5」。高い処理性能を長時間継続して発揮するための冷却性能と操作の快適さにこだわったディスプレイを搭載しているが、実際の使い心地はどうだろうか?(2021/5/26)

Google、Googleフォトの5月末の無制限無料終了に向けて「高画質」の呼び方を変更
Googleフォトの「高画質」コンテンツをストレージ容量にカウントしないサービスが5月末に終了することに合わせ、Googleは「高画質」の名称を変更する。また、モバイルアプリで不要なコンテンツ候補を表示し、削除を助けるツールを追加する。(2021/5/25)

“4Kの16倍”「16K」の360度VR映像を配信できるシステム、ドコモが開発 スポーツや音楽イベントに活用
NTTドコモが、5G通信を活用し、4Kの16倍の解像度「16K」の360度VR映像を配信できるシステムを開発したと発表。スポーツや音楽イベントのライブを従来より高画質で配信できるという。(2021/3/5)

組み込み開発ニュース:
高輝度かつ高画質な非接触空中ディスプレイの共同開発を開始
日立オムロンターミナルソリューションズとマクセルは、非接触型の新商品を共同開発するための基本契約を締結した。高輝度、高画質な非接触空中ディスプレイを搭載した機器の開発、製品化を図る。(2021/1/28)

JVCケンウッド、8V型モニター搭載モデルも加えたカーナビ3モデルを発売
JVCケンウッドは、1月中旬にカーナビ「彩速ナビ」から3モデルを発売。高画質&高速レスポンスのエントリークラス「TYPE L」シリーズや、8V型モニター搭載「MDV-L308L」を加えたラインアップとなる。(2021/1/12)

Web版「ツイキャス」CMAF採用で超低遅延に フルHD/60fpsで1.5秒以下
ツイキャスのWebブラウザ版に「CMAF」を導入。フルHD画質/60fpsの高画質なライブ映像でも1.5秒以下の遅延に抑えられ、PCでもスマートフォンと同等の超低遅延を実現。(2021/1/8)

Innovative Tech:
Kinectで高品質にリアルタイム3Dスキャン Microsoftなど「TextureFusion」開発
Kinectを使った3Dスキャンを高画質化する技術。(2020/12/7)

Googleさん:
無制限ではなくなるGoogleフォト、「生涯の思い出のため」にできることを考えてみた
Googleフォトに無制限で高画質コンテンツをアップロードできるのは来年6月末まで。「とりあえずの倉庫」から「生涯の想い出箱」に変わるサービスを長く使うためにできることは?(2020/11/23)

Google フォトの容量無制限無料バックアップが終了へ 2021年6月から15GB以降は有償に
Googleが2021年5月末で、「Google フォト」の容量無制限での無料バックアップを終了する。2021年6月1日以降、高画質でバックアップする際も、Google アカウントの保存容量使用するようになる。つまり15GBまでは無料だが、15GB以降は「Google One」で追加のストレージを購入する必要がある。(2020/11/12)

東京商工リサーチ調査:
写真業界で倒産急増、今年既に19件――高画質スマホ普及、コロナ追い打ち
写真業界が苦境、20年は既に倒産19件。売り上げも近年急減傾向に。高画質スマホカメラ普及に加えコロナ禍も追い打ち。(2020/10/29)

これ写真じゃないの!? スーパーリアルな人物画に思わずうなる
高画質の写真みたいなリアルさ。(2020/10/24)

auは「iPhone 12」でどう攻めるのか? 既存周波数を5Gに使う意義は? 高橋誠社長インタビュー
KDDIは、iPhone 12シリーズに導入されるAPIを使い、5Gエリアでかつデータ容量無制限のプランに入っている場合のみ、動画などが高画質化・低遅延化される仕組みを導入する。同時にKDDIは、4Gからの周波数転用を活用して、5Gのエリア拡大のペースを上げていく方針だ。iPhone 12や5Gに対する意気込みを、高橋誠社長に聞いた。(2020/10/19)

「KDDI MUSEUM」のバーチャルコンテンツを公開 国際通信やau携帯の歴史を自宅で
KDDIは、8月6日に日本の国際通信の歴史に関する企業ミュージアム「KDDI MUSEUM」のバーチャルコンテンツを公開。館内全体を高画質3D静止画で撮影し、スマホやタブレットなどで3DビューとVR映像による展示内容を楽しめる。(2020/8/7)

製造ITニュース:
危険箇所での作業監督や機械故障対応に、遠隔業務支援サービスを提供
キヤノンITソリューションズは、独自の映像、通信技術を活用した遠隔業務支援サービス「VisualBrain」の提供を開始した。高画質の映像や画像を同時共有しながら、双方向でコミュニケーションが取れる。(2020/7/29)

ニコン、自社のデジカメをWebカメラ化する手順を解説 社外ソフトを活用
ニコンが自社カメラをWebカメラ化する手順を動画で紹介。社外ソフトウェアを使うことで、高画質な映像をビデオ通話などに活用できるという。(2020/6/22)

EOSをWebカメラにするソフト、Macに対応 「Macで高画質会議」選択肢増える
Macユーザーにとって、一眼、ミラーレスをWebカメラとして使う選択肢はこれまでSIGMA fp一択だった。それが変わる。(2020/5/28)

4Kハイスピードカメラで猫を撮影したら……? 猫の美しい動作を高画質スロー動画でたっぷり楽しめます
高いジャンプに驚き!(2020/5/28)

JALが「au 5G」導入 航空機の遠隔点検、タッチレス搭乗など実用化へ
JALが「au 5G」を業務に導入すると発表。高画質な映像を使った航空機の遠隔点検や、5Gスマートフォンを活用したタッチレス搭乗サービスなどの実現を目指す。国内の航空会社が5Gを正式導入するのは初。(2020/3/30)

お手軽ゲーミングPCの道:
PC版「ストV」を最高画質でストレスなく楽しめるモデルを5万円台で自作する方法――パーツ選定編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/3/26)

お手軽ゲーミングPCの道:
PC版「ストV」を最高画質でストレスなく楽しめるモデルを5万円台で自作する方法――導入編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/3/23)

医療機器ニュース:
画質、機能、経済性を兼ね備える、開業医向けの超音波診断装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、高画像、高画質、経済性を兼ね備えた汎用超音波画像診断装置「Versana Balance」を発売した。同時4音受信技術を活用し、従来の同クラスのエコー装置に比べて高フレームレートを可能にした。(2020/3/17)

エプソン、9色インクを搭載したフォトグラファー向けの高画質フォトプリンタ
エプソン販売は、ハイアマチュア/フォトグラファー向けの高画質フォトプリンタ2製品を発売する。(2020/2/20)

パナソニックが眼鏡型VRグラスを開発 4K超&HDR対応の高画質を快適な装着感で
今後の5G商用サービスの本格化に向けて開発が進められています。(2020/1/13)

医療機器ニュース:
ワイヤレスプローブ、超音波画像診断装置を発売
富士フイルムメディカルは、ワイヤレスプローブ、超音波画像診断装置「iViz air」を発売した。スマートフォン型の本体と、ワイヤレスのプローブで構成され、携帯性と高画質を両立している。(2019/12/27)

Twitter、高画質JPEG画像をほぼ劣化させず表示するように 長辺4096ピクセル・5MBまで
ブラウザ版Twitterが、高画質なJPEG画像をほぼ画質の劣化なくアップロードできる仕様に。(2019/12/12)

ソニーと米Verizon、5Gを活用したスポーツ映像ライブ配信の実証実験
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、ソニーモバイルコミュニケーションズ、米国通信事業者のVerizonは、5Gを用いたスポーツのライブ映像撮影・制作に関する実証実験に成功。高画質な映像伝送をリアルタイムに行った。(2019/12/6)

“5G×水中ドローン”で沖合の養殖カキをリアルタイム監視 スマホで高画質映像を確認――NTTドコモと東京大学が実証
NTTドコモと東京大学は、5G技術と水中ドローンを用いた漁場遠隔監視システムの実証結果を発表。5Gの大容量・超低遅延通信により、水中ドローンを操作しながら、海中の養殖カキの様子をHD映像で撮影し、遅延なく伝送できた。生産業務の効率化や生産性の向上効果が期待できるという。(2019/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。