レビュー
» 2014年09月22日 14時19分 UPDATE

ふとん掃除でガチ比較!  レイコップ vs. ダイソン (1/4)

ふとんをきれいな状態に保つための“普段使い”を前提として、「ふとんクリーナー」の代表格であるレイコップとダイソンの掃除機を比較。その威力と使い勝手を検証していこう。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 近年、話題の「ふとんクリーナー」。ふとんに潜むダニの死骸やふんなど、アレルゲンとなるハウスダストを取り除くというもので、きれい好きの人やアレルギー症状に悩む人を中心に受け入れられている。ふとんを外に干せない高層マンション、あるいはふとんを運ぶことが難しい高齢者世帯のニーズも高いという。

ts_futon01.jpg 左からダイソン「DC61」、レイコップRS(RS-300)、レイコップLITE(RE-100)

 そこで今回は、ふとんをきれいな状態に保つための“普段使い”を前提として、「ふとんクリーナー」の代表格であるレイコップとダイソンの掃除機を比較。その威力と使い勝手を検証していこう。

製品名 レイコップRS(RS-300) レイコップLITE(RE-100) ダイソン「DC61」
電源 AC100ボルト(コンセント) バッテリー(ミニモーターヘッド使用で17分)
吸込仕事率 65.1W 29.4W 28AW(※)
UVランプ 8ワット 6ワット なし
パワフルWたたき 4000回/分 3300回/分 なし
外形寸法 359.7(幅)×431.5(奥行き)×155.2(高さ)ミリ 300(幅)×352(奥行き)×150.5(高さ)ミリ 208(幅)×395(奥行き)×144(高さ)ミリ
重量 2.3キログラム 1.95キログラム 1.55キログラム

※AW=エアワットという独自の呼び方。意味は吸込仕事率と同じ

「ふとんクリーナー」の先駆者、レイコップ

 医師が考案した「ふとんクリーナー」として有名なレイコップ。ふとんクリーナーという1つのジャンルを作り上げたといっても過言ではない製品だ。

ts_futon02.jpg 「レイコップRS」。写真の「スタイリッシュブラウン」のほか、「パールホワイト」「ピンクゴールド」と3つのカラーバリエーションがある

 レイコップには、掃除機本来のバキューム機能に加え、底部に取り付けられた紫外線ライトを照射して除菌する「光クリーン」、その前方にある振動パットで毎分4000回もふとんを叩く「パワフルたたき」という機能がある。

ts_futon03.jpg ダストボックスは上から中が見えるクリアタイプ

 本体は2.3キロと重めながら、使い勝手については良く考えられている。例えばダストボックスは上から中が見えるクリアタイプで、運転時にはゴミのたまり具合を確認できるようライトが点灯する。またフィルターを付け忘れた場合は動き出さない「フィルター付け忘れロック」、底部の2カ所に設けられたセンターがふとんを感知しないと紫外線を照射しないなど、安全機構も充実。またゴミ捨て時には、ダストボックスをフィルターごとバケツの水に入れて洗うことができるため、ホコリが飛び散らないのもメリットだ。

ts_futon04.jpg レイコップLITEは、ホワイト、パステルブルー、ベビーピンク、そして公式オンラインストア限定販売の「ハニーイエロー」の4色

 一方のレイコップLITE(RE-100)は、今年6月に投入された最新モデル。ラインアップ上はエントリー機にあたり、スペック上の吸込仕事率はレイコップRSの半分以下で、パワーモードは搭載していない。また、UV-Cライトの出力や「パワフル叩き」の性能も若干抑えられている(スペック表参照)。

強力モーターのダイソン「DC61」

 ダイソンの「DC61」は、ふとん専用クリーナーではない。本体はスティック型クリーナーの「DC62」と共通で、新たに開発したデジタルモーター「DDM V6」と2層に配列されたコーンを持つ「2ティアー・ラディアル・サイクロン」が特徴だ。

ts_futon05.jpg ダイソンの「DC61」

 コンセントに接続する必要のないコードレスタイプで、内蔵バッテリーで約26分間の掃除が可能。ただし、ふとん掃除には「ミニモーターヘッド」というモーター内蔵のヘッドが推奨されていて、これを使ったときの駆動時間は約17分だ(強モードのみの使用では6分)。

 なお、DC61にはミニモーターヘッドのほかに「コンビネーション隙間ノズル」とモーターなしの「ふとんツール」が付属している。なぜ、ふとん掃除に「ふとんツール」を推奨していないのかといえば、アレルゲン対策ではミニモーターヘッドのほうが効果的なのだという。ふとんツールを見ると両サイドに空気が通スリットを設けるなど、ふとんに吸い付かないように配慮されているが、そのため吸引力を最大限に伝えられないのだろう。

ts_futon06.jpg ミニモーターヘッドの裏側。モーター後からでブラシが回転する

 ダストボックスはクリアタイプで、横にあるレバーを引くと底面が開く仕組み。ゴミ箱の上で開けば、手を汚すことなくワンタッチでゴミを捨てられる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.