ニュース
» 2014年10月01日 18時57分 UPDATE

勿論ドライバーユニットは自社開発:ELAC、「70 LINE」シリーズのエントリーモデル立ち上げ――FS 77/BS 73/BS 72/CC 71/SUB 2030

ELACはスピーカーのエントリーシリーズ「50 LINE」の後継として、「70 LINE」シリーズを立ち上げる。価格は5万円〜15万円(税別)で、いずれも10月20日発売予定。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ユキムは10月1日、ELACの新エントリーモデルとして「70 LINE」シリーズを計5モデル発表した。価格は、フロア型の「FS 77」がペアで15万円、「B S 73」がペアで8万円、「BS 72」がペアで6万5000円、センターの「CC 71」が5万円、サブウーファー「SUB 2030」が9万5000円(いずれも税別)。色はすべてサテン・ブラックのみの展開だ。

フロアスタンディングタイプ「FS 77」

hm_yu01.jpg フロアスタンディング型「FS 77」サイズを生かした安定感ある低音と滑らかな中高域を実現するという

 2ウェイ・バスレフ型、25ミリ径シルクドームツイーター×1と150ミリ径コーンウーファー×2を採用する。周波数特性42〜2万8000Hz、入力は最大120ワット、定格80ワット、インピーダンスは4オーム。

 サイズは170(幅)×275(奥行き)×975(高さ)ミリで、重量は約15.3キロ。

ブック・シェルフタイプ「BS 73」

hm_yu02.jpg 「BS73」

 FS 77と同じドライバーユニットで構成される2ウェイ・バスレフ型で、25ミリ径シルクドームツイーターと150ミリ径コーンウーファーを1基ずつ備える。再生周波数特性45〜2万8000Hz、入力は最大70ワット、定格50ワット、インピーダンスは4オーム。

 サイズは170(幅)×250(奥行き)×285(高さ)ミリで、重量は約5.6キロ。

ブック・シェルフタイプ「B S72」

hm_yu03.jpg 「BS72」

 コンパクトタイプの2ウェイ・バスレフ型。ツイーターは、FS 77やBS 73と同じ25ミリ径シルクドームツイーター×1、と116ミリ径コーンウーファー×1だ。再生周波数特性56〜2万8000Hz、入力は最大70ワット、定格50ワット、インピーダンスは4オーム。

 サイズは140(幅)×160(奥行き)×230(高さ)ミリで、重量は約3.2キロ。

センタースピーカー「CC 71」

hm_yu04.jpg 「CC71」

 2ウェイ・バスレフ型のセンタースピーカー。ユニットサイズや構成はFS 77と同じで、25ミリ径のシルクドームツイーターと150ミリ径コーンウーファ×2基を搭載。クロスオーバー周波数もFS 77と同じ230万Hzで、再生周波数特性は50〜2万8000Hz。入力は最大110ワット、定格70ワット、インピーダンスは4オーム。

 サイズは445(幅)×262(奥行き)×160(高さ)ミリで、重量は約8キロ。

アンプ内蔵型サブウーファー「SUB 2030」

hm_yu05.jpg 「SUB 2030」

 アナログアンプの音質の良さとデジタルアンプの効率の良さを併せ持つというBASHテクノロジーを採用。250ミリ径のコーンウーファー×1。再生周波数特性は、20〜180Hz、アンプ部は入力最大350ワット、定格300ワット、インピーダンスは10キロオーム。

 サイズは300(幅)×315(奥行き)×356(高さ)ミリで、重量は約14キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう