ニュース
» 2014年12月11日 17時17分 UPDATE

オンキヨー、30年目を迎えた大型3ウェイスピーカー「D-77」の最新モデル発売

ロングセラー「D-77」の最新モデルをオンキヨーが12月11日に発表。最新技術を詰め込み、大型スピーカーならではの開放感あふれる音を提供する。

[ITmedia]

 オンキヨーは12月11日、大型3ウェイスピーカー「D-77NE」を発表した。価格は1本17万5000円(税別)で、12月下旬発売予定。「D-77NE-R」と「D-77NE-L」が用意される。

 シリーズ11世代目の大型3ウェイスピーカー「D-77NE」
 ウーファーユニット分解図

 1985年に初代モデルが発売されてから30年目となる「D-77」シリーズは、これで11世代目。D-77NEでは振動板にコルゲーションを付け、「ノンプレスコーン」を採用した30センチのウーファーを搭載し、豊かで力強い低音域再生を可能にした。

 また、高域再生のためにアルミマグネシウム合金ドームとバイオクロスコーンを組み合わせた、4センチの複合型コンビネーションタイプのツイーターユニットを、中域再生のために独自開発したシルク繊維と熱硬化性樹脂による「シルクOMF(Onkyo Micro Fiber)」振動板をスコーカーに採用し、低域は30Hzから高域50kHzまでと幅広い帯域音の再現性を高めた。

 キャビネットにはMDF材を使い自然な響きを追求、ギター工法で用いられる力木(ちからぎ)を適所に配置し、音の響き方もコントロールした。

 ユニットごとに基板を独立させることで、コイル同士の磁束結合を回避、ツイーター用には独WIMA製フィルムコンデンサーを搭載した。スピーカーターミナルにはバナナプラグ対応の真ちゅう削り出し金メッキターミナルを採用し、高音質設計を徹底したという。

 定格インピーダンスは6オーム、最大入力は150ワット、定格感度レベルは90dB/W/m、クロスオーバー周波数は420Hz、3.2kHz。サイズは380(幅)×380(奥行き)×660(高さ)ミリ(ターミナル突起部含む)で重量は25.5キロ。取扱説明書、保証書、コルクスペンサー(8個)がD-77NE-Rに付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.