ニュース
» 2015年01月23日 20時03分 UPDATE

ソニー、FM補完放送に対応した“シャワーラジオ”「ICF-S80」

お風呂やキッチンでラジオを聞きたい人にうれしい“シャワーラジオ”の新製品が登場。最大約500ミリワットの出力が可能で、「シャワーの音に負けない大音量を出すことができる」という。

[ITmedia]

 ソニーは1月23日、FM補完放送に対応したAM/FMラジオ「ICF-S80」を発表した。2月21日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では6500円前後になる見込みだ。

ts_sonyradio01.jpg “シャワーラジオ”「ICF-S80」

 「ICF-S80」は、お風呂やキッチンでラジオを聞きたい人にうれしい“シャワーラジオ”だ。本体はIPX4相当の防沫仕様で、モノラルながら最大約500ミリワットの出力が可能。「シャワーの音に負けない大音量を出すことができる」(ソニー)。また本体上部にストラップベルトを備えており、浴室のドアノブなどに気軽にかけられるのも便利だ。

ts_sonyradio02.jpgts_sonyradio03.jpg

 上面にある5つの「ダイレクトプリセットボタン」には、AM/FM局を各10局まで登録可能。「FM補完放送が始まって聞きたい局が増えても大丈夫」(同社)。また、時計表示やカウントダウンタイマー機能も備えた。タイマーは設定した時間が経過するとブザーが鳴るというもの。キッチンタイマーとして、あるいは浴室で髪染めを行ったりする際に便利だという。

ts_sonyradio04.jpg 上面に5つの「ダイレクトプリセットボタン」を装備

 電源は単二形乾電池3本で、100時間のラジオ聴取が可能なスタミナ設計だ。本体サイズは145(幅)×128.4(高さ)×62.1(奥行き)ミリ。重量は約575グラム。FMアンテナ壁固定用吸着版とお試し用乾電池が付属する。

関連キーワード

ソニー | ラジオ | 乾電池 | シンプル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.