まとめ
» 2015年01月26日 12時38分 UPDATE

2015 CES:有機ELにHDR、中国メーカーの躍進、そしてテレビ向けOSの行方――「2015 CES」を象徴する4つのトピック (1/4)

4K対応が一段落し、8KやHDRといったさらなる高画質競争へと移りつつあるテレビメーカー各社。今年のCESを俯瞰(ふかん)してみると、いくつかのトレンドが見えてきた。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 毎年、CES開催の前には取材メンバーが編集部へと集まり、事前に得られた情報からその年のトレンドや予測しつつ、取材対象を絞っていく作業が行われる。だが正直、今年に関しては“フタを開けてみるまで分からない”という状態だった。いくつかのトピックはあっても、今後数年のトレンドを牽引するような技術や製品が思い浮かばなかったからだ。

サムスンは有機ELテレビからフェードアウト

ts_cesmatome01.jpgts_cesmatome02.jpg 「S UHDTV」をプッシュする韓国サムスンブース。“S”にはSamsungのSなど複数の意味を持たせているが、要するにいくつかの新技術を盛り込んだ4K液晶テレビだ

 では実際、現地を巡ってみてどうだっただろうか。まず4K対応はすでに一段落し、次は高画質競争へと移りつつあるテレビメーカー各社の動きが見えた。米国で特に顕著だが、テレビで最大のボリュームゾーンである30〜40インチの製品はすでに恒常的に500ドルを下回る価格になっており競争も激しい。そこで高画質化を中心にライバルとの差別化を図っていたというのが、ここ数年の日系メーカーの戦略だった。そしてそれがより短いサイクルで韓国や中国といったメーカーにキャッチアップされるようになり、そうしたアピールもなかなか難しくなってきていたというのも同時に抱いていた印象だ。今年はそれが顕著で、ほぼすべてのメーカーが高画質さを全面に押し出した展示を行っており、技術的な差異こそはあれ、“高画質”だけがセールスポイントというのはもはや成り立たなくなりつつあるのかもしれない。

ts_cesmatome03.jpgts_cesmatome04.jpg 4K解像度とHDR、カラーガンマで従来型テレビと比べて高画質だと「S UHDTV」のメリットをアピールする

ts_cesmatome05.jpg UHD Allianceの紹介コーナー。サムスンを含む多くのテレビメーカーや映画会社が参加し、UHD(4K)の高画質処理に関する標準化団体となっている

ts_cesmatome06.jpgts_cesmatome07.jpg メインは「S UHDTV」だが、昨年のメインだったCurved TV(湾曲テレビ)や、折り曲げ可能なBendable TVも引き続き紹介されていた

ts_cesmatome08.jpg 8K解像度のパネルを使い、コンテンツの8K表示と裸眼3D表示の2つのモードを切り替えるデモストレーション

 こうした高画質競争だが、ある意味で対照的だったのがサムスンとLGエレの韓国メーカー2社だ。サムスンが「S UHDTV」をうたって4K(UHD)の液晶テレビを全面的にアピールしているのに対し、ライバルのLGはOLED(有機EL)テレビで、「LGにしかできない」というメリットを強調していた。OLEDは自発光素子であり、輝度や色味の表現において液晶方式に比べて有利だといわれる。2010年には両社ともにOLEDテレビの発表で同市場への参入をアピールしていたが、結果としてサムスンは徐々にフェードアウトする形で今年の展示からは完全に撤退。複数のパネルサイズのバリエーションも合わせてテレビ関連の展示の半分以上を占めるのはLGだけとなった。

 両社は同じOLEDでもテレビの表示で異なる方式を採用しているが、結果として製造面で難易度の低いLG方式が残ることになったようだ。LGのOLEDテレビは価格も決して特別高くはなく、筆者が確認した範囲で、フルHDモデルがドイツやフランスでは2999ユーロ、米国では3499ドルでの店頭販売が行われていたりする。

ts_cesmatome10.jpgts_cesmatome11.jpg 一方のLGブースはOLED(有機EL)が展示の主役に

ts_cesmatome12.jpgts_cesmatome14.jpg OLEDの特徴はコントラストや色再現性の高さ。実際のデモ映像もそれを反映して夜景やビビッドな原色の強い画だ。「これができるのはLGのOLED TV」だけとアピール(左)。LGではプレミアム4K液晶テレビに「Ultra HDTV 4K」の名称を冠している。HDR技術のほか、量子ドット技術を使った色やコントラスト表現を液晶パネル上で実現できていることを紹介

 LGは従来の55V型に加え、昨年には66V型と77V型とOLEDテレビのラインアップも拡充しており、基本的には同社テレビ製品のハイエンドモデルと位置付けている。一方で液晶テレビのラインアップも引き続き用意しており、こちらも「ColorPrime」のブランド名でサムスン同様に高画質をアピール。HDR、量子ドット(QD)技術を組み合わせた色表現技術、アップスケーリングなどのデモストレーションは「Ultra HDTV 4K」と書かれたブースで行われていた。ColorPrimeは参考展示として98V型の8Kテレビ上でもデモストレーションが行われ、来場者の目を引いた。

ts_cesmatome15.jpgts_cesmatome17.jpg LGブースの98V型8Kテレビのデモストレーション(左)。21:9のシネスコサイズ105インチCurved TVの紹介。音響デザインはHarman Kardonが担当している(右)

ts_cesmatome19.jpgts_cesmatome18.jpg シャープは「Beyond 4K」という名称で「8Kではないけれども4Kより高精細」なテレビ展示を行っていた(左)。パナソニックは有機ELテレビを参考展示(右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.