ニュース
» 2015年02月19日 14時46分 UPDATE

パナソニック、STBをアップデート――CATV番組も外出先から視聴可能に

パナソニックがHDD内蔵CATVデジタルセットトップボックス「TZ-HDT620/621」シリーズのソフトウェアバージョンアップを実施。これにより、外出先からもスマホやタブレットで放送中または録画番組をリモートで視聴できるようになる。

[ITmedia]

 パナソニックは2月19日、HDD内蔵CATVデジタルセットトップボックス(CATV STB)「TZ-HDT620/621」シリーズのソフトウェアバージョンアップを実施すると発表した。

 HDD内蔵CATVデジタルセットトップボックス(CATV STB)「TZ-HDT620/621」シリーズ

 同シリーズは、2014年12月からCATV事業者に提供された製品。トリプルチューナーを搭載するほか、DLNA視聴(Digital Living Network Alliance。ホームネットワークを利用した家庭内での視聴)、スマートフォンやタブレットへの録画番組の持ち出しに対応する。

 今回のソフトウェアアップデートで、外出先からも3G/LTE回線、公衆無線LANなどを利用して、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットで、録画番組や放送中の番組の「リモート視聴」ができるようになる。地デジ、BSの放送/録画番組転送、CATVチャンネルの録画番組転送はアップデートをした後、CATVチャンネルの放送転送機能は5月から利用可能。

 1台のSTBに登録できる台数は最大6台で、同時に接続できるのは1台までとなっている。

 なお、ソフトウェアアップデート時期は2月末からで、対応ソフトはケーブル事業者に提供され、3月以降生産される製品については同機能をはじめから搭載、また衛星ダウンロードも予定しているという。

 スマートフォン/タブレットの専用アプリは無料で、AppStoreまたはGoogle Playからダウンロード。対応端末や対応OSについては、ソフトウェアバージョンアップ実施後に公開されるサポートページを参照してほしいとのこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.